ホーム >  タイ > 【タイ】【知らないと損するタイ進出情報】動き出すタイ新幹線計画

【タイ】【知らないと損するタイ進出情報】動き出すタイ新幹線計画

LINEで送る
Pocket

IMG_0839

タイ政府が日本の協力を得て建設を計画している首都バンコクと北部の都市チェンマイとを結ぶ高速鉄道「タイ新幹線」が着工に向け佳境に入った。2年前から行われていた事業性調査(フィジビリティ・スタディ=F/S)が年内にも完了する見通しとなったためだ。これにより、まずは第1期工事としてバンコク~北部ピサヌローク間約380キロの着工が2019年にも始まる予定。チェンマイには老後を同地で暮らす日本人も多く、日本から高齢者向けサービスなどの進出にも弾みがつきそうだ。

バンコクの始発駅は現在のフアランポーン駅の北バンスー駅となる見通し。
バンコクの始発駅は現在のフアランポーン駅の北バンスー駅となる見通し。

バンコク~チェンマイ間の新幹線計画は、現軍政下の2015年5月に協力覚書が交わされ、これまで事業性調査が行われていた。全長は673キロで、日本の東海道・山陽新幹線の東京~岡山間に相当する。この区間を専用の全線高速鉄道軌で、3時間27分で結ぶ計画でいる。

このうち、第1期工事としてバンコク~北部ピサヌローク間を優先着工する考え。すでに環境アセスメントは終えており、閣議での承認後、19年中には着工ができる見通しだ。第1期に要する事業費は約3000億バーツ(約1兆円)を見込んでおり、財源の一部はPPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ、官民連携)で賄う計画でいる。開業は25年を予定する。

ピサヌロークはラオスとも国境を接しており、一部区間の先行開業となっても一定程度の需要はあると見込む。すでに旅行会社の中には、開業後を見据えた国際連絡バスの検討を始めているところもあり、経済活性化の起爆剤となるとも見られている。

一昨年に導入の決まったタイ国鉄新型車両。タイでも新車両への関心は深い。
一昨年に導入の決まったタイ国鉄新型車両。タイでも新車両への関心は深い。

終着までの全線開通の具体的な目途は立っていないが、タイ政府は高速鉄道基本計画の次期優先区間としてピサヌローク以北を計上する。現在、環境アセスメントを進めており、終了次第、工程を発表する考えだ。同以北の事業費は2500億バーツ程度を見込む。

チェンマイ県には日本の総領事館が置かれ、同県だけでも4000人近くの日本人が暮らす。その多くが老後を暖かい南の地で暮らそうという高齢者で、長期滞在者が多い。家計も比較的豊か。さらに新幹線が開通すれば、空と陸との移動手段が選べることになり価格の抑制にも期待が持てるほか、人の移動にも弾みがつく。タイの日系事業者の中には、全線開通後の高齢者サービスに商機を見込む者もいる。

タイ国内では新幹線の建設を見越した高架化工事などが各地で進められている。(コンケーン周辺)
タイ国内では新幹線の建設を見越した高架化工事などが各地で進められている。(コンケーン周辺)

タイの高速鉄道計画をめぐっては、チェンマイ線のほか、バンコクと東部ラヨーンとを結ぶ東部経済回廊(EEC)線と、中国政府の支援を受けて進めているバンコク~東北部ノーンカーイ線の2つがある。EEC線については産業の高度化政策とともに優先的に事業費が配分されることになっているが、ノーンカーイ線については財源の問題から現在、事実上の暗礁に乗り上げている状態だ。

それだけに、チェンマイ区間にかける政府の意気込みは強い。日本政府も全面的に協力する考えで今後の推移を見守る。東南アジア初の日本新幹線の誕生、さらには新たなビジネスの登場となるか。関心は絶えない。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介