ホーム >  タイ > 【タイ】【知らないと損するタイ進出情報】動き出すタイ新幹線計画

【タイ】【知らないと損するタイ進出情報】動き出すタイ新幹線計画

LINEで送る
Pocket

IMG_0839

タイ政府が日本の協力を得て建設を計画している首都バンコクと北部の都市チェンマイとを結ぶ高速鉄道「タイ新幹線」が着工に向け佳境に入った。2年前から行われていた事業性調査(フィジビリティ・スタディ=F/S)が年内にも完了する見通しとなったためだ。これにより、まずは第1期工事としてバンコク~北部ピサヌローク間約380キロの着工が2019年にも始まる予定。チェンマイには老後を同地で暮らす日本人も多く、日本から高齢者向けサービスなどの進出にも弾みがつきそうだ。

バンコクの始発駅は現在のフアランポーン駅の北バンスー駅となる見通し。
バンコクの始発駅は現在のフアランポーン駅の北バンスー駅となる見通し。

バンコク~チェンマイ間の新幹線計画は、現軍政下の2015年5月に協力覚書が交わされ、これまで事業性調査が行われていた。全長は673キロで、日本の東海道・山陽新幹線の東京~岡山間に相当する。この区間を専用の全線高速鉄道軌で、3時間27分で結ぶ計画でいる。

このうち、第1期工事としてバンコク~北部ピサヌローク間を優先着工する考え。すでに環境アセスメントは終えており、閣議での承認後、19年中には着工ができる見通しだ。第1期に要する事業費は約3000億バーツ(約1兆円)を見込んでおり、財源の一部はPPP(パブリック・プライベート・パートナーシップ、官民連携)で賄う計画でいる。開業は25年を予定する。

ピサヌロークはラオスとも国境を接しており、一部区間の先行開業となっても一定程度の需要はあると見込む。すでに旅行会社の中には、開業後を見据えた国際連絡バスの検討を始めているところもあり、経済活性化の起爆剤となるとも見られている。

一昨年に導入の決まったタイ国鉄新型車両。タイでも新車両への関心は深い。
一昨年に導入の決まったタイ国鉄新型車両。タイでも新車両への関心は深い。
LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。