ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】メコンデルタ最大都市カントーの本格日本食レストラン「ENISHI(縁)」に行ってみた

【ベトナム】メコンデルタ最大都市カントーの本格日本食レストラン「ENISHI(縁)」に行ってみた

LINEで送る
Pocket

先日、メコンデルタ地方カントー市に出張する機会があり、以前から噂に聞いていた日本食レストラン「ENISHI(縁)」へ行ってみました。
「ENISHI(縁)」は、日本産の食材やアジア各地で日本人が手がけた食材を世界中に広めていきたいという「ジャパンスタイル マルシェ&レストラン」がコンセプト。
1号店は、ホーチミン市1区のNgo Van Nam通りにあるのですが、2016年11月にカントー市に2号店をオープンしたとのこと。
なんでもカントー市では、初めての本格日本食レストランなのだとか。

DSC_0064

カントー市は、ホーチミン市から車で西へ3時間ほどの距離にある人口約125万のメコンデルタ地方最大都市です。
有名なカイラン水上マーケットがあるため、外国人観光客にも人気。
潜在的な市場規模は大きいけれど、日系企業の進出は、まだまだという印象でしたが、近年は、「越日文化・経済交流祭り」が毎年開催されるようになったり、2017年11月に日系企業の投資誘致を促進するためのジャパンデスクが設置されたりして、にわかに注目を集めています。

そんなカントー市に先陣を切って進出した日本食レストランが「ENISHI(縁)」。
カントー市には、ベトナム人や韓国人経営の日本食レストランはあるものの、日系としては「ENISHI(縁)」が初とのこと。
因みにメコンデルタ地方全体でも、日系の日本食レストランはここが初めてだったそうです。

DSC_0060

カントー市には、在住日本人が少ないということで、ターゲットはローカル市場。
そのため、お値段もかなりリーズナブルで、ランチセットは7万ドン~9万ドン、刺身盛り合わせは15万ドン、すし盛り合わせは17万ドン。※1円=約200ドン

DSC_0061

筆者が訪れたのは、平日昼の早めの時間帯だったため、お客さんもまばら。
ベトナム人の店員さんも、「どちらかというと夜の方が賑わいます。」と話していました。
焼酎をはじめとしたお酒のメニューも充実しているので、夜飲みに来るというお客さんが多いのかもしれません。

レストラン入り口には、日本の茶器や雑貨などを販売するジャパンスタイルショップを併設。

DSC_0075 DSC_0076 DSC_0077
地元の名門、カントー大学では、円借款を活用した「カントー大学強化事業」も実施されており、今後、若い世代を中心に日本語の学習熱や日本文化への理解の高まりが予想されます。

メコンデルタ最大都市カントーにお越しの際は、同市初の本格日本食レストラン、そして日本文化の発信地でもある「ENISHI(縁)」に足を運んでみてはいかがでしょう。

【店舗情報】
名称:ENISHI(縁)
住所:21 Tran Dai Nghia, Cai Khe ward, Dist Ninh Kieu, Can Tho
電話:+84-292-6253-886
営業時間:11:00〜14:00、17:00〜22:00
Facebook: https://www.facebook.com/nhahangnhatEnishi/

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介