ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】安売りの殿堂ドン・キホーテがオープン

【シンガポール】安売りの殿堂ドン・キホーテがオープン

LINEで送る
Pocket

ドン・キホーテがシンガポールにオープン

安売りの殿堂、ドン・キホーテがシンガポールに初オープン。
店名はDON DON DONKI。
「東南アジア仕様のドン・キホーテグループ新業態」(ドン・キホーテグループプレスリリースより)としてアジア1号店となる。

DON DON DONKIは12月にオープンしたオーチャードセントラル店を皮切りに2018年の6月にはタンジョン・パガーエリアに2店舗目を予定しているとのこと。

IMG_9395_R

シンガポールから東南アジア各国へ

ドン・キホーテグループは、実はすでに10年以上前の2006年にTHE DAI’EI (USA),INC.を買収しアメリカに進出済み。
さらには、2013年にハワイ州とカリフォルニア州でスーパーマーケットを展開するMARUKAI CORPORATIONを連結子会社化、2017年9月には、同じくハワイ州でスーパーマーケットを展開する、QSI, Inc.をグループ化。
さらに安田隆夫会長はセントーサ島に移住している。

今後は、シンガポールのみならず、アジアでの展開を視野に入れており、今後はタイでの出店も予定している。

ジャパンブランドを前面に出した品揃え

今回のDON DON DONKIオーチャードセントラル店は、ほぼすべてのアイテムを日本製あるいは日本市場向けの商品で揃えており、「ジャパンブランド・スペシャリティストア」をコンセプトとしている。
さらに、店内の日本語表記を前面に出したPOP、日本酒のバーカウンターを設置するなどアミューズメント性溢れる空間を目指しているという。

IMG_9392_R

また、青果、鮮魚、生肉、惣菜や加工食品などは日本産であることに加えて、価格にもこだわり「シンガポール国内におけるプライスリーダーを目指した圧倒的な低価格で提供する」(同社プレスリリースより)そう。

店内のPOPにも「DON DON DONKIは日本製や日本でプロデュースされた高品質な商品をシンガポール国内でどこよりも安く販売することをお客様にお約束致します。」という文言が。
ここにドン・キホーテの意気込みが見てとれる。

オーチャードセントラル店はシンガポーリアンにも人気

そんなDON DON DONKIオーチャードセントラル店に行ってみた。

IMG_9426_R

今回オープンした1号店は、サマーセット駅直結のOrchard Centralの地下2フロア分。
なんと、24時間営業。
日中はもちろんのこと、夜10時でもかなりの人。

ただし、混雑のせいか店内の陳列がだいぶ乱れていたり、惣菜などはガラガラなところも。

地下1階は主に日用品(雑貨、化粧品、家電、インテリア関連)と北海道コーナーやお菓子など。
地下2階が食品となり、いわゆるスーパーのようなつくり。
1月にはDON DON DONKIとコラボするテナントエリアに「北海道マルシェ」がオープン予定。
ここでは、ラーメン、寿司、カレーなど北海道をテーマとした日本食が紹介されるという。

IMG_9406_R

IMG_9422_R

北海道マルシェのオープンは2018年1月。

日本の雰囲気そのままの店内

全体的に、日本の店舗同様の日本語POPなどのおかげで、日本のドンキホーテと同じ雰囲気を感じる。
ただし、通路が広くない上にオープン直後の影響か混み合っている印象。
さらに清算はワンフロアのみのため、レジがある地下1階では、並ぶ列が店内の動線と重なる部分があり、やや動きにくかった。

IMG_9397_R

価格帯としては、確かにシンガポール内で買う日本の製品よりも安く、日本の1.2倍程度。
一部目玉商品としておいてあるものは日本とほぼ変わらない値段のものもあった。
ただし、文房具や雑貨などは、ダイソーにて一律2ドルで販売されているので、それとどう差別化していくのかがポイントなのではと思われた。
特にダイソーも店頭POPで大きく「MADE IN JAPAN」と日本産であることを打ち出したり、パッケージに記載したりしているので、今後は日本産をどうシンガポーリアンに打ち出していくかが課題なのでは。

IMG_9410_R

IMG_9409_R

英語表記もあるが基本的に日本語のポップが日本の店舗を思わせる。

シンガポーリアンも注目

なお、シンガポーリアンにDON DON DONKIについて聞いてみたところ、オープンして1ヶ月弱だが、セントラル周辺のシンガポーリアンには日本のお店としてある程度認知されている模様。
また、実際に行ったシンガポール人に感想を聞くと「色々なものがあるので面白い」、「抹茶アイスがおいしい」、「いつも人が多い」、「ダイソーの人が多いバージョン」というようなコメントも。

IMG_9424_R

アイスコーナーは人気だったが、冷凍庫が壊れていたのか保冷剤が入れられていてほとんど冷えていない状況。

1つ2SGDの焼き芋はシンガポーリアンにも人気で、焼き上がりを待つ列ができていた。

IMG_9419_R

実際の客層はざっと見たところ日本人2割、シンガポーリアン8割というような印象で、クラークキーにある日本人御用達の日本食スーパー明治屋に比べるとシンガポーリアンの割合が多い。
フロアで比べると、地下1階の日用品フロアの方がシンガポーリアンは多く、特にドラッグストア系のコーナーが人気のよう。
地下2階の食料品売り場は、週末になると家族連れの日本人が目立っていた。
やはり、シンガポールに在住の日本人としては、日本の食料品を他店と比べて割安で買えることは大きなポイントといえるだろう。
2店舗目に予定されている日本人の多いタンジョン・パガーエリアでのオープンも待たれるところだ。

オンラインストアもオープンしているが、日本用品を扱うJapanese Essentialsページの商品は12商品中すべてが味噌でどれも売り切れ、それ以外のカテゴリーもほとんどが売り切れなど、まだウェブの整備が追いついていない模様。
(オンラインストアのBEST SELLING のTOP5商品は、TENGA2種、馬油コンディショナー、キャラメルコーンアーモンド味、カルピス)
当面はなにか買いたいのなら実店舗へ足を運んだほうがよさそう。

DON DON DONKIオーチャードセントラル店
住所:181 Orchard Road, Singapore 238896
HP: https://www.dondondonki.sg/
Facebook: https://www.facebook.com/donkisg/

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介