ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】人気のシェアバイクを使ってみた

【シンガポール】人気のシェアバイクを使ってみた

LINEで送る
Pocket

シンガポールで急速に広まりつつある、シェアサイクル。
2017年の1月より運用が開始になってから約1年であちこちで見かけるようになった。
今回は、この自転車のシェアサービスを、実際に使ってみたのでレポートする。

現在シンガポールのセントラルエリアで乗れるシェアバイクで主要なものはこちらの3社。

Mobike

中国の自転車シェアリングサービスで、3月からシンガポールでもサービスを開始。
イギリスやイタリアでもサービスをスタートしており、日本では札幌で利用することができる。

最近ではLINEが資本業務提携をしたばかり。
今後は、LINEアプリから自転車の検索や開錠ができるようになるという。

車体はオレンジ。

about

Ofobike

こちらも同じく中国のサービスで現在20カ国でサービスを提供中。
黄色い車体が目印。
シンガポールでは通常はデポジット39 SGDのところを期間限定でデポジットなしで利用できる。

画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、テキスト、屋外

Obike

シンガポール発のシェアサイクルサービス。
2017年の2月にサービスを開始してから台湾、韓国、マレーシア、オーストラリアなどすでに12カ国に広がっており、アプリのダウンロード数は9月時点で100万を超えているとか。

Obikeは独自の暗号通貨OcoinsをTronのプラットフォームを使って発行することを発表したばかり。

車体は黄色とシルバー。

obike

アプリをダウンロードして、開錠

どのサービスも基本的に、それぞれのアプリをダンロードし、アプリを経由して開錠し利用するという仕組み。

事前にクレジットカードやペイパルなどの決済方法を登録して、乗車が終わったらその都度課金される仕組みになっている。
MobikeとObikeは、はじめにデポジットとして49SGDが必要。

アプリを開くとマップが表示され、現在地周辺でどこにバイクがあるかが分かるのでそれを目安に探すことができる。
あとは地図上のバイクのアイコンを目指して、自転車を見つける。

自転車についているQRコードをスキャンをし、開錠して乗車。
乗り終わったら施錠するだけ。

IMG_0271

Mobikeの場合、アイコンをタップすることで15分間の予約も可能。
予約をした自転車以外を見つけた場合はそっちに乗ることもできる。

まず、Obikeを試してみたが、地図との相違点があったり、鍵が壊れていることがあったため、Mobikeをメインで使うようになった。

地図と実際の相違があまりないことと、きちんとメンテナンスされていて乗れないことがほとんどないこと、さらに自分の使用エリアでは一番多いことがMobikeを選んだポイントとなった。

 

選ぶときのポイント

  • 自分のエリアに一番多いサービスを選ぶこと

もちろん複数のアプリを入れておけばあるものを選べばよいのだが、一つのサービスに絞るのなら自分の乗るエリアで多いサービスを選ぶのがおすすめ。
(エリアごとにやや勢力図が変わっている)

IMG_9339_R

地図上でバイクがあるところを示してくれるので、これを目安に探しに行くことができる。

  • ギアつきを選ぶこと

実は同じMobikeでも世代によって自転車のタイプが異なる。
3段のギア変速があるものとないものがあるので、乗る前にチェック。

あまりアップダウンのないシンガポールだが、やはりギアがあったほうが楽に乗れるので、複数台並んでいるのなら必ずチェックしよう。

IMG_9854_R

こちらはギア変速ありのタイプ。
一見同じだが、ぜひ乗るならギア変速ありのものを。

  • サドルの高さ

サドルの高さは基本的に調整できるのだが、たまに調整部分が壊れていて、サドルを上げてもすぐに低くなってしまうものも。
特にギア変速がないものはサドルが低い場合は長時間の乗車に適さないので一度座って確認してから開錠するのがおすすめ。

Mobikeは4年間メンテナンスフリーの高性能バイクであるということをうたっており、実際に空気が入っていない、ブレーキが利かないなどはあまりないが、サドルがゆるんでいるものは一部あったので注意したいところ。

また、日本の自転車とは違い、かごとハンドル部分が一体化していないため、はじめの頃はハンドルを切っているのにかごがついて来ないことに違和感があった。
ただし、これはすぐに慣れる。

シェアサイクルはちょっと乗りに便利

1ヶ月間で約30回Mobikeに乗ってみたが、開錠できなかったのは2回のみ、地図と実際が違っていたのは1回、乗りたいと思ったときに見つからなかったのは1回のみなので、総じてとても満足している。

Mobikeは30分0.5SGDととても安く、さらに乗り捨てが可能なため、「Last one mile」の移動手段としてはぴったりのサービス。

IMG_9740_R

一部乗り捨て禁止の看板があるところもあるが、基本的にどこでも置くことができる。

見つけたら乗り、好きなところで乗り捨てられるというのは気楽でとても使いやすい。
日本では放置自転車に対して厳しいため、このような運用はむずかしいかもしれないが、シンガポールではこの寛容さこそがシェアサイクルをより便利なものにしてくれている。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介