ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】ハイテク化が進むチャンギ空港第4ターミナル

【シンガポール】ハイテク化が進むチャンギ空港第4ターミナル

  • 友だち追加

第4ターミナルのトリビア

そんなチャンギ空港第4ターミナルに関してのトリビアはこちら。

  • 広さはサッカー場27個分

広さは225,000平方メートルで、サッカー場が27面も取れる大きさ。
広さ自体は、第3ターミナルの半分だがキャパシティーは2/3。

  • 搭乗口まで見えるユニークなデザイン

広々として透明なガラスなどを使用したデザインによって、見送りにきた人は、搭乗客がゲートを通過するまで姿を見ることができるようになっている。

IMG_8310_R

  • 340種の植物が植えられている

ターミナルのあちこちにある緑は第4ターミナルの特徴の一つ。
中国、インド、東南アジアなどさまざまな国の植物が植えられている。
ラゲッジピックアップエリアの壁には16,000もの植物が使われているそう。

IMG_8272_R

  • 年間利用者数は北欧3カ国分

第4ターミナルの利用者数は年間1,600万人。
これはノルウェー、デンマーク、フィンランドの人口を足し合わせたものと同じくらいである。

来星の際やトランジットで立ち寄る際には、チャンギ空港のハイテクシステムを是非体験してみては?

 

  • 友だち追加
海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。