ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】居酒屋というより、ごはん処!?ファミリー層で賑わうカンボジアの「和民」

【カンボジア】居酒屋というより、ごはん処!?ファミリー層で賑わうカンボジアの「和民」

LINEで送る
Pocket

watai_main

アジア圏を中心に海外で100店舗近く展開中のワタミグループ。
ここカンボジアにおいても、2014年に居食屋「和民」の1号店がオープンしています。

他居酒屋チェーンのビッグネームは依然進出していないカンボジアで先陣を切って出店し、安定した人気を誇る秘密はどこにあるのか?

レポートしたいと思います。

カンボジア人のハートを掴み、イオンモール開業時から盛況を維持

watami_01

2014年、カンボジアの一大ビッグニュースとなったのが、同国初の巨大モールとなるイオンモールのオープン。

「和民」1号店は、イオンモール開業と同時にモールテナントとして出店されています。
(以前こちらの記事でも紹介させていただきました。『カンボジア最大級のショッピングモール、イオンモールプノンペンに行ってみた』 http://e-asean.net/5480

現地の運営企業は、日本全国でデリバリー事業を展開する株式会社デリズ(本社:福岡県)とWatami International Co., LTD.(本社:香港)とが合弁で立ち上げた現地法人Delis Watami Cambodia Co. Ltd.。

86坪142席(2014年6月 ワタミ株式会社 プレスリリースより)の店舗は、イオンモールグランドフロアに設けられたオープンカフェゾーンに位置しています。

所得水準は年々上がっているものの、未だ日本食カテゴリー自体が浸透過程にあるカンボジア。
消費者のニーズを的確に捉えたメニュー提供、価格設定を行っていくのは決して容易ではなく、現在までにイオンモール内の多くの日系飲食店が撤退を余儀なくされました。

そんな中、「和民」はカンボジア人顧客をしっかりと取り込み、オープンから3年以上経った今も盛況です。

スタッフの方にお聞きすると、現在、顧客の8割はカンボジア人とのこと。

「和民」ブランドを裏切らない品質管理と徹底したローカライズ

watami_03

和モダンテイストの内装が施された店内は、日本の「和民」の雰囲気を忠実に再現。

日本同様のクオリティで提供された料理を楽しむことができますが、メニュー構成はかなりローカライズされています。
日本の「和民」に比べ、居酒屋よりごはん処といった印象が強い内容で、定食・セットメニューが充実。

あくまでメインターゲットはカンボジア人であると思われますが、日本人マネージャー管理のもと、現地スタッフもキビキビと接客しており、いわゆる「日本の居酒屋」が恋しくなった日本人が訪れても十分に満足できるでしょう。
居酒屋ならではのデザートメニューも揃っています。

スタッフの方によると、カンボジア人に人気のメニューは「スパイシートマト鍋」や「サイコロステーキ」、ピザメニューなど。ランチでは卵でとじたメニューも好評だそう。

watami_04

watami_05

watami_06

イオンモールグランドフロアで大盛況のフードコートのメニューと比較すると決して安くない価格設定ですが、ミドルクラスカンボジア人には手が届くレベルといえます。

成功の秘訣はぶれないターゲティング

watami_02

「和民」がオープン当初から順調に人気を集めている大きな要因として、明確に現地カンボジア人をターゲットとしている点が挙げられるかと思います。

在留邦人登録数が50,000人を超える隣国タイ・バンコクなどと比べると、2,300人規模のカンボジア・プノンペン(外務省『海外在留邦人数調査統計』平成28年10月1日現在 より)は、在住日本人をメインターゲットとするにはまだまだ小さなマーケット。
勝ち残るためには、現地カンボジア人を取り込む戦略が自ずと必要になってきます。

カンボジア人顧客の嗜好性を見ながら、メニューの改良を重ねている「和民」。
特に、カンボジア人は食事と一緒にお酒を飲まないという特性があることから、オープン当初と比べて食事系メニューが多くなり、おつまみ系のメニューは少なくなった印象があります。

また、日本の「和民」と言えば、宴会でよく使われるイメージもありますが、ここカンボジアの「和民」には子連れファミリーが多く見られます。
消費者の間でも、お酒を飲む場所というよりは、家族皆で食事をする場所として認識されているようです。
ここ数年のプノンペンにおける日系飲食店の栄枯盛衰を見るにつけ、カンボジア人も外国人も全部一律に取り込もうとするような、ターゲットが曖昧な店舗は生き残りが難しいという側面があるかと思います。

今後カンボジア人顧客をメインターゲットとした飲食店展開を考えていらっしゃる方には、「和民」の戦略は一見に値するでしょう。

————————————————————————

■Watami Japanese Dining Cambodia
【住所】No.46, Terrace Avenue, AEON MALL Phnom Penh, #132, Street Sothearos, Sang Kat Tonle Bassac, Khan Chamkarmon
【TEL】023 901 071
【営業時間】11:00-23:00
【定休日】なし
【Facebook】https://www.facebook.com/Watami.kh/?ref=br_rs

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介