ホーム >  タイ > 【タイ】【タイ仕掛人インタビュー】海辺の町初の日本食店「富士山」がオープン

【タイ】【タイ仕掛人インタビュー】海辺の町初の日本食店「富士山」がオープン

LINEで送る
Pocket

2017-12-30 13.52.18

バンコクから車で4時間。
タイ王室の保養地フアヒンをさらに越え、マレー半島が細くくびれ始めるあたりにあるのがプラチュワップキーリーカン県。
全域で人口わずか50万人ほどの小県は、風光明媚な海辺のある静かな田舎町。
一方で、太平洋戦争時に日本の旧陸軍が上陸した歴史の町としても知られる。
ここに、昨年暮れ、静かにオープンした日本食レストランがある。
店主の出身地・山梨県の名勝を店名に掲げた「富士山」がそれだ。
以前レポートさせていただいたが、店を切り盛りする橋本修一さん(53)は昨年8月、店舗物件の非更改から閉店を余儀なくされた旧「竹亭」の元オーナー。
(前回記事はこちら:「支えられて17年。日本食の「竹亭」が歴史に幕!」http://e-asean.net/7468
半年の充電期間を経て、妻の郷里で再起を果たした。

店から10分も行けば、ご覧のような砂浜が広がる。
店から10分も行けば、ご覧のような砂浜が広がる。

Q(記者):開店おめでとうございます。今のご心境を。また、店名の由来を。

A(橋本):ありがとうございます。
一時はどん底の気持ちでおりましたが、応援をいただきましたお客様やその関係の皆様、私を信じてくれた従業員、家族の支えがあってようやくここまで来ました。
ただただ、感謝しかありません。

店の名前「富士山」は、私の故郷・山梨から採りました。
幼いころから富士山を見て育ちました。
一方で、外国の方に一番知られた山も富士山。
故郷を忘れないと同時に、日本と海外の架け橋になりたい、そんな思いから名付けました。

店内は清潔感いっぱいで広々としている。
店内は清潔感いっぱいで広々としている。

Q:日本食店ゼロ、日本人もわずかしかいないプラチュワップキーリーカン県でのご出店の経緯は。

A:タイ人妻の出身地がここプラチュワップキーリーカン。
以前から、いつかは老親の面倒を看たいと話しており、時期がちょうど重なったと言ってよいでしょう。
「日本食、絶対にいけるよ」と妻が背中を押してくれたので、私も決断することができました。

「竹亭」で人気メニューだった「ヤムサーモン」も引き継がれた。
「竹亭」で人気メニューだった「ヤムサーモン」も引き継がれた。

Q:それにしても、言ってみれば、無から有の開拓。思い切ったという印象を禁じ得ません。

A:確かに、何も(需要が)ないところからのスタート。
そう思われても、無理もありません。
ただ、それは見方の一つなのかもしれません。

バンコクの竹亭の時は、店の前を流れている川(需要=客の流れ)からどうやって水を引いてくるかが勝負でした。
ですが、今は違います。
どうやって伏流水、地下水から水を引き上げるか。
水脈をどうやって探し当てるかが勝負の分かれ目となると思っています。

取材日には愛娘も店を手伝っていた。笑顔がいい。
取材日には愛娘も店を手伝っていた。笑顔がいい。

Q:なるほど、地下水ですか。で、それは具体的には?

A:まだあまり明らかにはできませんが、田舎の町にはそれなりの特徴があります。
例えば、町には渋滞は一切ありません。
一方で、郡役所や軍を含め公的機関が多く点在します。
これらの需要をつかめば、広範囲なエリアでもジャストインタイムでのデリバリーが可能です。

また、人口はバンコクの100分の1以下に過ぎませんが、小さい町である分、皆が顔なじみです。
妻の親戚もたくさんいます。
こういった需要をしっかりと汲み取ることができれば、大都市にも決してひけは取らないと思っています。

このような風光明媚な景色も楽しむことができる。
このような風光明媚な景色も楽しむことができる。

Q:他に地方としての利点はありますか?

A:まず、言えることは、物価が安い。
物件を借りる時の家賃や、内装費、買い出し用の車両関連費など、バンコクに比べ格段に安価です。
人件費もバンコクほど高止まりはしていません。
この点は確かに有利です。

ただ、日本食店であるため、食材費はモノによりけりです。
日本米、のり、寿司ネタなど一律に安価というわけではありません。
むしろ値が張るものもあります。
そこをうまく、どうメリハリをつけていくかです。

先日は、ロール寿司に使うアスパラガスがあまりの高価で困っていたところ、週に4日だけ開く市場があることを地元の方に教えてもらい、ちょうど良いものに巡り会うことができました。
そういった情報にいかに接することができるかが大切です。

「富士山」で初お披露目の新メニュー「黒お好み焼き」。タイ人客に大人気。
「富士山」で初お披露目の新メニュー「黒お好み焼き」。タイ人客に大人気。

Q:従業員の確保で苦労はありませんか。

A:そもそも人口の少ない地方都市。
さらに、日本食レストランがないのですから、日本食の経験者もほとんどいない。
ただ、この町からバンコクなどに出て、調理の修行を積んだタイ人調理人も少なからず存在します。

そういった調理人もいつかは故郷に帰り、両親の面倒を看たいと考えています。
そうした人材に巡り会い、確保することができれば貴重な戦力になります。
私もそうやって採用をしました。

Q:開店したばかりの今、どのようなことに気を遣っていますか。

A:日本食店の経験が少ないスタッフもいますから、竹亭のころのような数多いメニューはまだ提供ができていません。
人気のあったメニューを厳選し、確実にオペレーションができることを確認してから順次増やしていく予定です。

また、買い物についてはバンコクのような渋滞がありませんから、バイクで十分。
機動力を持たせたいと思っています。
バイクには、いずれサイドカーのような荷台を増設させるつもりです。
改造したものを、地元では「サレン」と呼んで愛用しています。
これで、一度にたくさんの仕入れができます。

今日も一日、お疲れさまでした。明日も頑張ろう。
今日も一日、お疲れさまでした。明日も頑張ろう。

【取材後記】
2月には54歳になる橋本さんに初めて会ったのは、6年程前、バンコクでの交流会の席だった。
竹亭は知っていたものの、その素朴な人柄に惹かれた。
再び会うことになったのは、同店を閉店すると決意した昨年8月。
もっと、頻繁に顔を出せばと悔やんだ。
それから約半年。
橋本さんはプラチュワップキーリーカンの地で見事に蘇り、飛躍した。
心からのエールを贈りたい。
同じ50歳代。
同じ幼い娘を持った父同士。
今回の取材では、橋本さんの愛娘にも挨拶できた。
私のために熱燗をつけてくれた。
酒はほろ苦く、甘かった。
喜びで眼鏡が濡れた。

【Fujisan Japanese Restaurant】
119/6 Sala Cheep Road
Amphoe Muang Prachuap Khim Khan, Prachuap Khiri Khan, Thailand
TEL:081 850 1940
OPEN:10:00〜14:00、17:00〜21:00(Monday-closed)
E-mail:zaurus2002@hotmail.com
facebook:https://www.facebook.com/Thailandfujisan/

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介