ホーム >  タイ > 【タイ】【知らないと損するタイ進出情報】タイの財閥研究 MBKグループ

【タイ】【知らないと損するタイ進出情報】タイの財閥研究 MBKグループ

LINEで送る
Pocket

MBK-Center-1

バンコク中心部パトゥムワン交差点の一角に建つ「MBK(マーブンクロン)センター」。
東急百貨店のほか無数の携帯電話関連ショップが入居するそのビルの一部開業が始まったのは、今から30年以上も前の1985年のこと。
チャックリー王朝開祖200年を祝う記念事業としてMBKグループが総力を挙げて挑んだのだが、折からの株式不況などが原因となって計画は遅れに遅れた。
それでも客室数700のホテルを備えた複合商業施設の建設は、当時としては高い関心をもって受け止められた。

20120306_3_1331007678_868860

MBKグループの始祖は中国広東省出身の馬同政。
19世紀後半に職を求め、タイに渡ってきた華僑だ。当時のタイの最大の産業はコメの生産及び輸出。
中でも特別な設備を要する精米業がその中枢を占めていた。
ところが、この頃の精米業界は設備の供給を独占するヨーロッパ勢の独断場。
この中で彼が着目したのが、精米機の修理という仕事だった。
技術さえあれば、巨額の設備は不要の修理業。
こうして見習いの修理工から身を起こした同政は開業資金を蓄えると独立。
これが、グループの源流となっている。

ayumi

同政の跡を継ぎ、事業を拡大したのが長男のマー(馬立群)だった。
彼は香港のインターナショナルスクールで学び、思考も合理的で国際的だった。
学業を終えて父の事業に携わると、当時としては東南アジア有数の規模となる巨大精米所をバンコクに建設。
一気に業界首位の地位を駆け上がっていく。
このころ、タイの精米業界は華僑によって事実上取り仕切られていた。

zx620y348_395724

マーをめぐって特筆されるのが、華僑勢による寡占状態にあったとはいえ、個々の事業家によって乱立していた精米事業を、業界としてひとまとめにしたことだ。
同様に精米業で財をなしたワンリー家やブンスック家などにも打診。
1925年に業界団体であるタイ精米所協会を設立、自ら会長の職に就いた。

 

市場を席巻した精米所協会は、コメの生産や輸出などの関連産業にも大きな発言力を増していく。
コメの取引価格決定の主導権を握ったほか、輸出に対しても強い影響力を与えるようになった。
こうしてマーは会長職を続けながら、32年にはタイの華人社会を事実上取り仕切る中国商業協会の会長にも就任した。

4f74b77c438cc029777f40f0579319c7

その後、マーは海運会社や保険会社、銀行業にも進出、事業の多角化を進める。
そして、ついにピブーンソンクラーム首相率いる39年の戦時内閣で、タイ国営コメ会社の社長に抜擢。
絶対的な地位と権力を持つに至った。
41年にはタイに帰化し、ブーンクン姓を下賜された。

 

戦後もマーの事業は拡大の一途を遂げた。
8人いた子供たちの中には、父の事業を継ぐ者や新たに事業を興す者も。
精米事業は長男のスパチャイが引き継ぎ、マノーラホテルなどのホテル事業は次男のワンチャイが継いだ。

ede66601d8ffdd7d9c80aac0ac2480a5

三男のチョクチャイはナコーンラーチャシーマー県(コーラート)に牧場を開設し、タイではほとんど見られなかった酪農業を大成させた。
「チョクチャイ牛乳」は一大ブランドとなった。
次女のニラモンは米マサチューセッツ工科大学で学位を得た後にタイに帰国。
東芝との資本提携に臨み、日本の電気産業のタイ進出に貢献した。
バンコク北郊バンガディ工業団地の建設にも尽力した。

soshiki

ただ、一人悲しい末路をたどったのが四男のシリチャイだった。
彼は父が親族間の争いで命を落とした64年はまだ学生だったが、帰国してコメの輸出事業を継いだ。
73年には品目をメイズ、キャッサバなどにも拡大し、そのためのマー・ブンクロン社を設立した。
マーは父の名から、ブンクロンは母の名から採った。
これが、今も残るMBK(マー・ブンクロン)グループの前身である。

about_banner

シリチャイはコメの輸出事業やサイロ事業の傍らで、冒頭に紹介した商業施設開発プロジェクトに傾斜していく。
しかし、これが後に裏目に出る。
当時の金額で総額30億バーツ以上に膨れ上がった事業は、株式市況の不況や穀物の輸出不振から資金繰りに目途が立たなくなったのだ。
銀行団の一時的な協調融資もあったが、最終的にシリチャイの独断専行を嫌った債権者団が解任を決議。
彼は会社を追われることとなった。

pic_about_mbk

以後のMBKグループは、外部からの血液も入れながら同族経営からの脱皮を図っていく。
創業の基礎となった「マー・ブンクロン」ブランドの袋入りコメ販売事業を継続しながらも、事業の多角化を積極的に推進。
都心部のMBKセンターに加えて、バンコク東郊シーナカリンでは商業施設「パラダイスパーク」を開設。
都心のパトゥムワン・プリンセス・ホテルなどのホテル事業のほか、2011年にはタイでは珍しいラマ9世通りのコミュニティー・モール「ザ・ナイン(ナインセンター)」で成功を収めるなど、商業不動産・ホテル事業に軸足を伸ばし業績を拡大していった。

twosave-com-the-nine-banner

中でもコミュニティー・モールに対する評価は高く、同グループでは近く、バンコク北郊のパトゥムターニー県にも同様の施設を建設していく方針だ。
このほか、家電や家具などの輸入事業、食品関連事業、外食、住宅開発、電子商取引、保険仲介などの新規事業にも進出を続けている。
MBKグループは、一族経営からバトンを受け取った現経営陣が集団指導体制で中興期を築こうとしている。
(写真はグループ内の資料から)

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介