ホーム >  タイ > 【タイ】【知らないと損するタイ進出情報】間もなく中華系旧正月。中国人40万人がタイへ

【タイ】【知らないと損するタイ進出情報】間もなく中華系旧正月。中国人40万人がタイへ

LINEで送る
Pocket

chinese-new-year

中華社会で「春節」と呼ばれる旧正月が間もなく到来する。
今年は暦の関係で2月15日~21日まで。
中国大陸出身者の華人が多く暮らすタイでも、今なおたくさんの人々がこの日を祝い、中華街では華やかなパレードや行事などが行われる。
一方、この期間にタイに旅行に出かける中国人も多く、タイ旅行業界(ATTA)の試算で今年は前年比で10~20%増の40万人が来タイするものとみられている。

chiang-mai-chinese-lanterns

タイ好きの旅行者ならご存じだろうが、タイには「正月」が3つ存在する。
一つ目は、日本や欧米諸国と同じ元日(1月1日)に新年を祝う正月。
次いで、今回の中華系正月。
最後が、4月の中旬に到来する古くからのタイの正月「ソンクラン」である。

1つ目と3つ目は法令によって休日とされているが、中華系正月は暦の上では平日に当たる。
それでも、毎年、多くの中華系タイ人が仕事を休んで旧正月の到来を祝う。
この時は特に、彼らは自らのルーツである「中華」を意識するのである。

ChineseNewYear-9-X2

タイの政財界に強い影響力を与えているのも中華系タイ人である。
財閥トップのCPグループやセントラル・グループ、TCCグループなどの創始者は軒並み華僑の末裔だ。
政界ではタクシン元首相一族が中国客家の出身である。
海岸沿いやあるいは陸路を伝わって、100年以上も前にタイに渡った人々。
国籍上はタイ人となっても、この日を忘れることは決してない。

盛大なタイのチャイニーズ・ニューイヤーに合わせて、この時期の中国からの旅行者も絶えない。
海外で活躍する同胞を訪ね、旧交を温めるという文化が中華社会には古くから存在する。
ただ最近はその一方で、観光とショッピングが渡航の目的に。
プーケットなどタイ南部に広がるエメラルドグリーンの透き通った海や、欧米発の高級ブランド品がお目当てのようだ。

maxresdefault

期間中に彼らが落とすお金も、今年は200億バーツ(約700億円)の大台を超える見通しだ。
こちらも対前年比2桁の伸びと予想されている。
故プミポン国王(ラーマ9世)の喪も開けたことで、消費にも弾みが付くとみられている。
観光地やブランド品を扱う百貨店ではいつもより広告費や人員を増やして対応にあたることにしている。

8

昨年一年間でタイを訪れた外国人は約3500万人。
観光業はタイの主幹産業の一つで、国民総生産(GDP)に占める割合は12%にも達する。
このうち、3分の1にあたる約980万人が中国人だった。
今年は通年で1100万人を超える中国からの観光客が訪れる見通しという。
タイの観光業界で、もはや欠かすことのできなくなったルーツを同じとする大陸からの訪問客。
在タイ日本人にとっても彼らの動向は、ちょっとしたビジネスのきっかけになるかもしれない。(写真はATTA提供)

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介