ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】海外飲食ビジネスで広がる次のトレンド「サステナビリティ」

【シンガポール】海外飲食ビジネスで広がる次のトレンド「サステナビリティ」

LINEで送る
Pocket

広がる「サステナビリティ」への考慮

近年よく聞かれるようになった言葉のひとつに「サステナビリティ(持続可能性)」があります。
サステナビリティとは、簡単にいうと、地球上の人間の活動が将来にわたり持続することを可能にするための概念です。
例えば、サステナビリティを考慮するならば、農業でいうと環境へのダメージを考え農薬の過剰散布を避ける、漁業でいうと種の保存を考え漁獲高を設定する、他にも、地産地消、季節のものを食べる、などを心がけるべき、ということになります。

文化が成熟し、この地球をいかに維持していくかということに考えが及ぶようになった先進国の人たちを中心に
『日々の暮らしの中で「サステナブル」なものを優先的に採用し、地球にあたえるダメージを最小限にしよう』
という思いが高まっており、メディアでもしばしば取り上げられるテーマとなっています。

欧米ではレストラン業界にもサステナビリティのトレンドは届いており、オーガニック系のカフェなどにとどまらず、高級レストランなどでも、材料にサステナブルなものを選ぶようにしていることをアピールするところが増えてきました。

 

IMG_4697 - Copy

IKEAは2015年、キャンティーンと食品セクションで扱うシーフードは
ASC と MSCという認証団体が認めたサステナブルなものにすると宣言しています。

 

これらの環境に配慮して育てられた食材は、環境に優しいだけでなく、減農薬や減抗生物質などで育てられていることから健康面でも安心ができるため、二重のメリットがあるという理解が広まってきているわけです。

シンガポールでは、大きなムーブメントとまではなっていないものの、欧米のトレンドにならい、サステナブルな食材を使っていることをアピールする店がどんどん出てきています。
その様子は新聞 「The Straits Times」の ”More using sustainable ingredients despite higher cost” “Sustainable cuisine on the rise in Singapore restaurants”などの記事をはじめ、メディアでも取り上げられています。

 

シンガポールのサステナブル食材利用をアピールするお店

シンガポールでサステナブルな食材を使っていることをアピールしているお店は結構な数に上りますが、その中からいくつか例をあげてみましょう。

ハイアットグループはホテル業界の中でいち早くサステナビリティに配慮する方針を打ち出しました。
シンガポールのグランドハイアット内の多国籍レストランMezza9は、MSCとASCの承認を受けた魚介類を出していることを前面に出し、競争過多の昨今において企業イメージの向上に一役買っています。

P1090730 - Copy

Mezza9は9つのコンセプトの食が一つのレストランで食べられるお店。
和食の刺身などシーフードのすべてがサステナブル認証を受けたもの。


ミシュラン星を獲得したフレンチレストランJAAN
「アジアのベストレストラン50」にも選ばれており、その解説には「ボーナスポイント」として、JAANが魚介類の仕入れやお皿のデコレーションに使う材料にまでサステナビリティに配慮していることが記されています。

 

IMG_5284 copy - Copy - Copy
フレンチレストラン JAAN

 

国内で手広くサービス業を手掛ける「Spa Esprit Group」と、アジアのベストレストラン50に選出された「Tippling Club」のシェフのライアン・クリフト氏、そして、“都市国家のシンガポールにアーバン・ファームを”というコンセプトで、自身の土地をはじめ、求めに応じ国内のあちこちに野菜畑を展開、農業指導もする「Edible Garden City」がコラボレーションしたOpen Farm Community。

敷地の裏の畑で取れた野菜やハーブを使った料理を出す、というコンセプトのレストランです。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
レストラン Open Farm Community

 

 

飲食業のサステナビリティ・ムーブメントは日本国内ではさほど取り上げられませんが、国によっては人々の心を打つことが可能です。
志のあるレストランを開きたい希望がある方は、海外へ目を向けるのも一案かも知れませんね。

 

 

 

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介