ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】マレーシア最大級の日本食フードコート!日本から和食専門店が進出

【マレーシア】マレーシア最大級の日本食フードコート!日本から和食専門店が進出

LINEで送る
Pocket

クアラルンプール随一の繁華街ブキッ・ビンタン(Bukit Bingtang)にあるショッピングセンターのロット・テン(LOT 10)。
今や三越伊勢丹ホールディングスと海外需要開拓支援機構による伊勢丹ジャパンストア(ISETAN The Japan Store)を軸に日本をさまざまな形で発信する、ハブと言える存在として認知度を高めている。

J'S GATE DININGロット10

2017年にファインダイニングのレストラン街 ザ・テーブル(The Table)が4階にオープン。
そして2018年1月に同じ階を拡張し、日本発の18店のレストランが集結したフードコート「ジェーズ・ゲート・ダイニング(J’S GATE DINING)」がオープンした。

J'S GATE DININGロット10

J'S GATE DININGロット10

今回はその速報レポートをお伝えする。

日本食の専門店がフードコートに軒を連ねる

今回出店しているのは、日本でもなじみ深い専門店。
つまり基本的には「日本のおなじみの味をマレーシアで」というオーセンティックさが売り。
また食のジャンルも、寿司、ラーメン、うどんと言った定番はもちろん、定食、すき焼き、しゃぶしゃぶ、串揚げなど多岐に渡る。

J'S GATE DININGロット10

J'S GATE DININGロット10

ロット10は中央が吹き抜けになっており、各階は回廊式になっている。
エレベーターで4階まで上がると、開放感あふれるフードコートが目の前に出現するのは圧巻。

テーブルや椅子などは、共有スペースにあるものと、専門店の中にあるものとある。
基本的に共有スペースでは、それぞれの店舗で購入してきた食事を食べることができる。
また日本と異なるのは、食器などの後片付け専門のスタッフがいるため、食後はそのままでいいということ。

飲み物を販売していない店舗もあり、その場合はドリンク専門のスタンドがある。
600ml入りのペットボトルの水がRM2(約54円)。
高級モールとしては良心的な価格であったのが印象的だった。

フードコートと侮るなかれ!高級店も進出

ジェーズ・ゲート・ダイニングはいわゆるフードコートではあるが、高級寿司店や京都老舗の茶舗なども出店している。
そのため食事の価格帯が幅広いのも特徴。
うどんなどはRM15(約410円)ほどからの値段設定だが、築地の味をそのまま食べられる寿司店などでは、日本と相違ない値段。
マレーシアの物価を考えると一般的なフードコートというよりは、かなり高級志向ではある。

J'S GATE DININGロット10

J'S GATE DININGロット10

J'S GATE DININGロット10

だがASEANの中でマレーシアは、シンガポール、ブルネイについで、1人あたりGDPは3位で9,503米ドル(約1,016,070円)。
ちなみに4位につけているタイは5,908米ドル(約631,689円)となっている(※1)。
さらに外食文化や富裕層の多い中華系マレーシア人を中心とした日本食ブームも追い風となっている下地もあるため、潜在顧客といった観点では魅力があるように思える。

今回は、オープン1ヶ月後の日曜の午後と平日のランチと実際に足を運んだ。
フードコートという出店形態のため、さまざまな日本食が予算に応じて食べることができる、というのは強みであるように思える。

J'S GATE DININGロット10

J'S GATE DININGロット10

客層については以下のような印象だった。

【日曜の午後2時過ぎ】
マレーシアのランチライムは午後1時-1時半ぐらいから1時間ほどのことが多い。
この日は日曜ということもあり、家族連れが多かった。
家族三世代、グループなど5人以上で外食をする姿が多い印象。
これはマレーシアではよく見かける光景。
モスリム、ヒンドゥ教徒など文化や宗教的な背景もあって、使われている食材を慎重にチェックしている様子も見受けられた。
店頭に、食についてのちょっとした説明を書いたボードなどがあるとよいかもしれないといった印象。

【火曜のランチタイム】
近隣にある企業などからと思われるビジネスマン、ビジネスウーマンが多め。
どちらかというと、すでに日本食に親しんでいる様子も。
フードコートのため、グループで先に席をおさえてそれぞれ食べたいものがある専門店へと向かう姿が見られた。
中には2店舗ほどはしごして購入しているケースも。
熱帯のマレーシアにあっても屋内はエアコンがしっかりと効いているため、熱々の鍋焼きうどん、ラーメンなども人気があるようだった。

フードコートの日本食を実食した感想

今回は2カ所の店舗で実食をしてみた。

J'S GATE DININGロット10

J'S GATE DININGロット10

J'S GATE DININGロット10

KAGURA(かぐら) かぐら屋 鶏そば

鶏そばで知られる「征麺家 かぐら屋 」がマレーシア1号店として出店。
今回食べたのは、辛みそラーメン(担々麺風の味)。
麺は細麺でスープは担々麺風。
色ほど辛くはなくコクがあり食べやすい。
店内飲食も可能。
なおJ’S GATE DINING内のラーメン店はKAGURA1店のみとなる。

J'S GATE DININGロット10

J'S GATE DININGロット10

J'S GATE DININGロット10

Kaisen Don Kinme(海鮮丼 金目)

海鮮専門の丼モノの店。
中とろ丼、海鮮ちらし丼など、寿司とは違うアプローチが目をひく。
中とろ丼は日本で食べているのかと思うほどのクオリティだけに、価格も相応。
ただし、訪店した時はプロモーションをやっていて割引があった。

J'S GATE DININGロット10

総合的に見て、まだソフトオープンといった印象であった。
客層は日本人というよりも、ローカルが多め。
今後「日本からの日本食が軒を連ねるフードコート」として消費者への訴求や展開が気になるところである。

※1 目で見るASEAN -ASEAN経済統計基礎資料-より引用
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000127169.pdf

参考URL
【双日リテール・マネジメント株式会社(Sojitz Retail Management Sdn. Bhd.)】
https://www.sojitz.com/jp/news/2018/01/20180105.php


ジェーズ・ゲート・ダイニング(J’S GATE DINING)

住所:P1, Level 4, Lot 10, Jalan Sultan Ismail, Bukit Bintang, 50250 Kuala Lumpur
Tel:03-2110-6850
URL:http://js-gate.com/
営業時間:11:00-23:00

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介