ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】旧正月を商機に?

【シンガポール】旧正月を商機に?

LINEで送る
Pocket

一年で一番盛大に祝われる旧正月は、とにかく食べる!
シンガポールは多民族国家で、一年を通じさまざまな民族の行事が行われる国ですが、人口の約70%を占める中華系にとって一番大切な旧正月が、最も盛大に祝われる行事です。
旧正月は日本で言ういわゆる「松の内」が長く、15日間におよび、その間は国中が新年ムードで、食べるのが大好きな中華系の人々は、家族親戚はもちろん、職場の人、教会やお寺の信者仲間や、学校時代の友達などと集まり食事会をして祝い、人によっては、旧正月の期間に5回、6回もの食事会に参加することもあるといいます。
旧正月の期間中は、食事会が持たれることの多い中華料理店が大人数のグループで席が埋まっているのを目にします。

こIMG_1322 - Copy - Copy - Copy

伝統的な中華料理の他、「皆で囲む」というコンセプトが良いのか、この時期は火鍋や、意外と焼き肉の店などもいっぱいで席が取りにくくなります。

むIMG_1532 - Copy

ただし、鍋や焼き肉なら何でも良いかというとそうでもないようで、逆に人気店にお客を持って行かれ、普段よりもガラ空き、などというお店も見られます。

むIMG_1324

どうやら旧正月は、大人数向けのコンセプトのお店で、普段から人気の店はより人が集まり、そうでもないお店は厳しい、という状況がありそうです。
旧正月をかき入れ時にするか、閑散期にするかは、普段から、大人数での歓談に向いた店であるという認識を定着させていることがカギになりそうです。

旧正月に限らず、なにかと家族で集まる機会のある中華系の多いシンガポールですので、そのようなアピールは決して損にはならないのではないでしょうか。

 

 旧正月の祝いにもフードデリバリーが普及
旧正月の家族親戚の集まりは、料理上手なお母さんが腕を振るうお宅へご馳走を囲みに、というのもまた伝統的な定番のようです。
しかし、シンガポールの経済紙The Business Timesの記事「This Chinese New Year, delivery startups keep tradition alive」によると、近年、旧正月のホームパーティーのためのレストランへのデリバリーのオーダー数が上昇しているようです。
これは、若い世代になるほど料理をする人が減っていること、ここ数年フードデリバリーの普及が目覚ましいことなどに理由がありそうです。
旧正月に食べられるメニューは、日本のおせち料理のように縁起を担いだ伝統的なものが多いそう。
日系の飲食店も、季節のメニューとして縁起を取り入れたメニューをアレンジして売り出す、デリバリーメニューを売り出すなど、伝統とトレンドを上手く取り入れ、旧正月を大いなる商機にできるような面白い試みを考えてみるのも良いかも知れませんね。

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介