ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】旧正月を商機に?

【シンガポール】旧正月を商機に?

LINEで送る
Pocket

一年で一番盛大に祝われる旧正月は、とにかく食べる!
シンガポールは多民族国家で、一年を通じさまざまな民族の行事が行われる国ですが、人口の約70%を占める中華系にとって一番大切な旧正月が、最も盛大に祝われる行事です。
旧正月は日本で言ういわゆる「松の内」が長く、15日間におよび、その間は国中が新年ムードで、食べるのが大好きな中華系の人々は、家族親戚はもちろん、職場の人、教会やお寺の信者仲間や、学校時代の友達などと集まり食事会をして祝い、人によっては、旧正月の期間に5回、6回もの食事会に参加することもあるといいます。
旧正月の期間中は、食事会が持たれることの多い中華料理店が大人数のグループで席が埋まっているのを目にします。

こIMG_1322 - Copy - Copy - Copy

伝統的な中華料理の他、「皆で囲む」というコンセプトが良いのか、この時期は火鍋や、意外と焼き肉の店などもいっぱいで席が取りにくくなります。

むIMG_1532 - Copy

ただし、鍋や焼き肉なら何でも良いかというとそうでもないようで、逆に人気店にお客を持って行かれ、普段よりもガラ空き、などというお店も見られます。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。