ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】マレーシアで本格的なサムギョプサルを食べたいならバンブー ハウス(bamboo house)がオススメ!

【マレーシア】マレーシアで本格的なサムギョプサルを食べたいならバンブー ハウス(bamboo house)がオススメ!

LINEで送る
Pocket

マレーシアのレストラン事情って?

マレーシアの宗教はイスラム教です。
国民の約60%はイスラム教徒なので、マレーシアにある多くのレストランはハラル店です。
(ハラルとは、イスラム教徒が食べても良いとされている食べ物のこと。)

当然ながら、そのようなハラル店では豚肉を食べることができませんし、お酒も出されません。

バンブーハウスはサムギョプサルが食べ放題!

IMG_4100

そんなマレーシアでも繁盛しているのが、このバンブーハウスというサムギョプサル専門店です。
なんと、サムギョプサルが食べ放題!!

IMG_4114

サムギョプサルとは韓国風バーベキューのことで、厚い豚肉を焼いて、サンチュなどの野菜に包んで食べます。

バンブーハウスは韓国人オーナーが切り盛りしているレストランで、現在クアラルンプールに2店舗あります。

1号店は、アンパンにあります。
アンパンは韓国人が多いエリアで、韓国の食料品はアンパンに行けばほとんど手に入れることができます。
そんなアンパンに本店があるのも頷ける話ですね。

そして2号店は、プタリンジャヤというエリアに出店しています。
ここはクアラルンプールの中でも比較的富裕層の人が住んでいるエリアの近くです。
また、アンパンに比べ、日本人をはじめとする多くの外国人も治安もいいので行きやすいエリアだと思います。

バンブーの店舗を実際にのぞいてみよう!

では、バンブーハウスの店内は実際にどのようになっているのでしょうか?
今回は、2号店プタリンジャヤSunway店をのぞいてみます。

IMG_4101

バンブーハウスの入り口では、豚肉の塊を炭焼きしていました。豚肉を嫌っているマレー人も通る道だというのに、結構大胆な店構えです。

店内はバンブーハウスという名前の通り、竹を多く使用したインテリア。
それぞれのテーブルにバーベキューコンロが置かれています。

IMG_4112

店内に入ると、まず人数を聞かれ、テーブルに案内されます。
テーブルに着くと、メニューは聞かれず、いきなり豚肉が盛りだくさんのったお皿が運ばれてきました!
先ほど、店の入り口で炭焼きにしていた豚肉です。
半生状態に焼けたところで、テーブルのバーベニューコンロにのせ、自分の好きな焼き加減に焼いて食べるというシステムです。

豚肉は自分が食べたいものを指定することができます。

IMG_4108

豚を焼いている間、サイドメニューもたくさん運ばれてきます。

サイドメニュだけでもお腹がいっぱいになりそうなくらい、ボリュームタップリ!

IMG_4104

しかもこのサイドメニュー、どれもおかわり自由です。
サイドメニューが置かれているコーナーがあり、自分たちが好きなだけお皿に入れることができるシステムなので、気にいったものだけをおかわりするのも、もちろんOK。

IMG_4115

焼きあがった豚肉は、サンチュに包んで食べたり、特製のソースにつけて食べたりと、お好みの方法で食べることができます。

IMG_4110

サイドメニューはとにかく野菜が豊富なので、「肉ばかりでは胃もたれする」という人も、食べるものがないということはありません。

新しいメニューが登場!

最近このバンブーハウスに、新しくアイスクリームと豚バラ肉が加わりました。
どれもセルフサービスで、自分たちで取りに行くようになっています。

IMG_4106

豚バラ肉は、他の厚い肉に比べ、速く焼けるので、「もうお腹ペコペコで速く食べたい!」という人にぴったりな心遣い。

IMG_3114

アイスクリームは日替わりで味が違いますが、コーン味というマレーシアらしい味もあります。
ちょっと変わった味ですが、なぜかマレーシア人には大人気。
マレーシアらしさを試したい方は、コーン味のアイスを食べてみることをお勧めします。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。