ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】おしゃれHDB住宅の絶景ルーフトップ

【シンガポール】おしゃれHDB住宅の絶景ルーフトップ

LINEで送る
Pocket

シンガポールは特徴的な建物が多いが、その中でも中心部でひときわ目をひくのがこちらMRT(地下鉄)のTanjong Pagar駅とOutram Park駅の中間にある「The Pinnacle@Duxton」。

3190CAB5-FF67-4EC7-A712-04FF232F77E9

一見民間の巨大コンドミニアムのように思えるが、実はこれもシンガポールの公営住宅で住宅開発局(Housing & Development Board)によるHDB住宅と呼ばれるもの。

2009年に竣工した「The Pinnacle@Duxton」は50階建てと超高層で世界でもっとも高い公共住宅。

7棟がつらなり総戸数は約1843戸。
基本的に3LDKで約90平米、バスタブはなくシャワーのみというつくり。
すでに築9年と決して新しくないが、高級HDBとされており、今でも賃貸市場で高く取引されている。
(2018年4月現在での賃貸価格は月3,500SGD)

Pinnacle

Propety Guru

世界でも評価されるユニークなデザイン

この建設プロジェクトのデザインには世界中から202件の応募があり、最終的にはシンガポールの建築デザイン会社ARC Studio Architecture + Urbanism と RSP Architects, Planners & Engineers (Pte) Ltdの2社が勝ち取ることになった。

このときのデザインは、「空中住宅、空飛ぶグリーン」がコンセプトで、コストを抑えながら洗練されたソリューションを提供するものだそう。

「The Pinnacle@Duxton」のデザインがあまりにも先鋭的であったため、民間の建築デザイン会社からはデザインの基準があがりすぎて困るとされたほど。

コンペ時のデザインと実際に建てられたものは若干異なるが、高く評価され「2010 Best Tall Building Asia and Australasia」、「President’s Design Award For Design of the Year 2010」、「2011 Urban Land Institute’s Global Awards of Excellence」などいくつもの賞を受賞。

目玉はルーフトップのスカイブリッジ

一番の特長は世界最長といわれるスカイブリッジと呼ばれる空中庭園(スカイガーデン)で、約500メートルにおよぶ。
26階部分と50階部分にあり、災害時に罹災した棟から別の棟へ避難する経由としてはもちろん、日常では住民の憩いの場としても使われている。

こういったスカイガーデンのある住宅は、住宅開発局による時代にあったデザイン性がありながら環境への配慮をした住宅を導入するという方針の一環で建てられたもので、2009年にできたこの「The Pinnacle@Duxton」だけでなく、2015年にできた「SkyVille@Dawson」や「SkyTerrace@Dawson」も同様のコンセプトの空中庭園が設けられている。

HDB

Skyville@Dawson

SCDA_SkyTerrace_Dawson_HDB_Soo_K_Chan_023

SkyTerrace@Dawson

どれも公営住宅とは思えないデザインで建築雑誌やインテリア雑誌、メディアなどへ多数登場している。

シンガポールが一望できるルーフトップ

今回は「ThePinnacle@Duxton」に住んでいるシンガポーリアンの友人に50階にある空中庭園、スカイブリッジを案内してもらった。

専用のエレベーターでスカイブリッジ(ルーフトップと呼んでいる)へ上がり、カードキーで入場。
実は、こちらは一般公開されており、住民以外も入ることができる。
朝の9時から22時まで開放されており、入場料は5SGD。
入場料の支払いはez‐Linkのみなので注意が必要。

IMG_5708

IMG_5739

友人によると、26階はどちらかいうとエクササイズする人向けで、50階は景色を楽しむところとのこと。
確かに下を見るとランニングをしている人もちらほら。

IMG_5724

 

ルーフトップはひとつの巨大なデッキとなっていてところどころにオブジェやベンチなどが置かれている。

IMG_5727

IMG_5734

IMG_4014

ちょうど夕暮れ時だったので夕日をバックに撮影する人も。

地上156メートルという高さのルーフトップは風が少し強いが見晴らしもよく、なによりも広くて開放感がある。
その景色はマリーナベイサンズに引けをとらないと筆者は思っており、遊びに来るたびにこのルーフトップに連れてきてもらっている。
住んでいる友人は「あなたと一緒の時くらいしか来ないのよね」と笑っていた。

のんびりと景色を楽しみながら仕事をしたり、物思いにふけるのもよさそうだが、日中は非常に暑いのだそう。

HDBを中心として形成されるコミュニティー

シンガポールでは、住宅開発庁(HDB)が設立された1960年以降約100万戸以上のHDB住宅を供給して、シンガポール国民の80パーセントがHDB住宅に住んでいる。
さらに、「持ち家政策」のもと住宅購入が推進されており、持ち家率は90パーセントを超える。

HDB住宅はあくまでも国民のためであり、外国人の場合はPR保持者のみが購入可能。
ただし、住宅取得の外国人の場合は不動産取得者加算印紙税が売買金額の18パーセントと非常に高いので、そのハードルは高い。シンガポール人の場合は3パーセントなので、なんと6倍!

シンガポール人に、一般的にいつ住宅を買うのかを聞いたところ、大学生のころから結婚を考えているカップルは竣工前のHDB住宅に申し込んでおき、完成と同時に支払いをはじめて入居することもあるとのこと。
しかし、最近ではHDB住宅の価格も上がってきているので、昔より買いにくくなってきているそう。

シンガポールではHDB住宅を中心として、学校や商業施設、公園、交通機関などが整備されてひとつのコミュニティーができあがる。

この「The Pinnacle@Duxton」もすぐ下に公園があり、遊具が設置されているところには老人や子供連れがよく遊んでいる。
バスケットボールとフットサルコートも1面ずつあり、特に週末は朝からにぎわっている。

面白いのは、HDB住宅の入居者の比率は国民全体の民族比率と同じくらいになるように設定しているということ。
そして、さらに住民同士の交流が図られるようCommunity Centreと呼ばれる公民館でさまざまなイベントを行っているそう。
土日には若いパパ向けの朝食会(Breakfast Club)なども。

こういったところにも他民族国家であるシンガポールの様子が見てとれる。

「ThePinnacle@Duxton」には「Essen@ThePinnacle」という少し洒落たフードコートがあり、バーもかねているので夜遅くまでにぎわっている。
こちらも住民の憩いの場。

A795A3E8-D8C3-4236-B16A-743752541F7B

住民でなくても普通のフードコートとして利用可能。
中にはいくつかのお店が入っているが、洋風なものが多い。
値段も普通のレストランよりは若干リーズナブルで、味はおいしいのでおすすめ。

IMG_5750

IMG_5747

 

こちらの自家製のレモンティー(2.5SGD)がおすすめだそう。
たっぷりレモンも入ってほどよく甘い。
ぜひルーフトップのスカイブリッジを楽しんだあとにはESSENに寄ってみて。

 

The Pinnacle@Duxton
1 Cantonment Rd, Pinnacle@Duxton 50/L, Singapore 080001
Tel: +65 6225 5432
Mail: feedback@tptc.org.sg
Website: http://www.pinnacleduxton.com.sg/

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介