ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】プノンペン最高層のスカイバー「SORA」。5つ星ホテル内に満を持してオープン!

【カンボジア】プノンペン最高層のスカイバー「SORA」。5つ星ホテル内に満を持してオープン!

LINEで送る
Pocket

sora_02

2018月2月。プノンペン最高層(2018年4月現在)となる、39階建・地上188mのVattanac Capital Tower37階に、スカイバー「SORA」がオープンしました。

プノンペンの今を感じられる最高のロケーション

2014年に完成したVattanac Capital Towerは、高級ブランドブティク等が入居する商業施設棟を併設した複合タワー。

sora_03

写真中央奥に佇むVattanac Capital Tower

近年、コンドミニアム・商業施設等、高層ビルの建設ラッシュが続くプノンペンですが、今でも市内中心部を一望すると一段と目出つこちらのタワーは、プノンペンの経済発展を象徴するような存在と言えるでしょう。

sora_04

手前がVattanac Capital Tower

完成後4年近くはプノンペン随一の高級オフィスビルとして利用されていましたが、2018年2月に、世界各地で最高級ホテルを運営するROSEWOOD HOTELグループが上層部14フロアに「ROSEWOOD PHNOM PENH」(5つ星ホテル)をオープン。

sora_05

「SORA」は、当ホテルのダイニングフロアにオープンした形となります。

屋上あるところにスカイバー!? プノンペンのスカイバーブーム

さかのぼること3年前の2015年。
プノンペンでスカイバーと言えば、22階建てのPhnom Penh Tower最上階のバーが最高層であり、独り勝ちと言った状況でした。

しかし、その後、東南アジア近隣諸国におけるブームに少々遅れながらも、ここ2〜3年でプノンペンにもスカイバーブームが到来。至るところでスカイバーを目にするようになりました。
最近完成したコンドミニアムやブティックホテルでは、総階数が10階程度とさほど高くない物件であっても、最上階にスカイバーを併設している物件が多くなっています。

これらのコンドミニアムやホテルのスカイバーは、大概居住者以外にも開放されています。
居住者の多くは外国人であっても、スカイバー顧客の多くはカンボジア人といったバーも見られるようになってきており、カンボジア人のスカイバー熱の高まりを感じることができます。

住宅街の狭い路地内に建設された比較的低層のスカイバーから見える夜景は、高層のバーから眺めるものと比べると、やはり少々劣ります。

それでも、夜風を浴びながら親しい人たちとグラスを傾けることが、ミドルクラス以上のカンボジア人にとって一種のステータスになりつつあるといえるでしょう。

店名にもメニューにも“和”を感じさせる「SORA」

スカイバーブームの中、市内を見渡せる最高の立地にオープンした「SORA」。
待望のオープン後は、宿泊客を含む外国人はもちろん、連日多くのカンボジア人顧客が訪れています。

sora_07

最高級5つ星ホテルの中とあって、雰囲気も抜群。
ネオン輝く夜景を眺めれば、プノンペンの経済発展を肌で感じることができるでしょう。

sora_06

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。