ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】KLの一風堂も高級志向?強気な価格でも盛況なそのワケとは!?

【マレーシア】KLの一風堂も高級志向?強気な価格でも盛況なそのワケとは!?

LINEで送る
Pocket

一風堂の海外戦略とは

「一風堂のラーメン」と言えば、世界のあちらこちらで店舗を増やしており、もはや「IPPU DO」で通じてしまうほどその名は知れ渡っています。

例えばN.Yでは、カップルのデートにぴったりな場所として認知されているそうです。
お洒落なストリートに位置する一風堂N.Y(1号店から3号店)はウェイティング・バーがあり、ワインなど飲みながら前菜をつまんで順番を待つ人もいるほど。
お会計は2人で1,500ドルほど払う人もいるというまさに高級店ですね。

日本でラーメンを楽しんでいた私達にとって、海外の「RAMEN」は概念をくつがえされる食べ物です。

ロティチャイ2

ラーメンとRAMENの違い

ラーメンを下町の庶民的な食べ物と位置づけなかった一風堂の戦略は、和食ブームと共に、ここクアラルンプールでも波に乗っているように見受けられます。

NYほどではないものの、価格設定は強気だと聞く「一風堂・クアラルンプール(パビリオン店)へお邪魔してみました。

やはり店舗は一等地、「パビリオン」というクアラルンプール最大のショッピングセンターに位置しています。

一風堂④

日本の商品の位置づけ

ここでちょくちょく見かけるのが日本の会社のプロモーション。
先週の日曜日は、大々的にSK-Ⅱのイベントをやっていたためか家族連れも多く、盛り上がりを見せていました。

また、このショッピングセンターには日本の横丁をイメージした「東京STREET」も入っており、ちょうど桜を意識した華やかなデコレーションとともに地方の産品などが販売されていました。

このように、マレーシアでは日本の製品=ちょっとした高級品と捉えられているようです。

一風堂⑤

一風堂クアラルンプール(パビリオン店)

東京STREETから1階エスカレーターを下ると、その先に「一風堂」の看板と共にどんぶりをあしらったお洒落な外観が見えてきます。

一風堂⑧

中を覗くと、ランチを楽しむサラリーマンやOLの方々で非常に賑わっていました。
店の前で興味深げにメニューを眺めていた観光客のカップルもつられて入って行きます。
ちょうど中が一杯になったらしく、外のスペースを勧められました。

ここクアラルンプールでは、店舗の周りにスペースを置いてお客さんが待たない工夫をしていることが多いんです。
もちろんスペースがあってのことなのですが、クアラルンプールの商業施設は本当にゆったりとした造りになっていて、たまに羨ましくも思えます。
日本のように店舗の外にずらりと客が並んで待つ、という光景はあまり見たことがありません。

いっぷう2

外の広々としたスペースに通されて、じっくりとメニューを見てみてまず感じたことは、食事の種類の多さ!
前菜としてサラダやお寿司、たこ焼きやサイコロステーキまで何でも揃っています。

一風堂⑨

ラーメンの味の種類は「白丸」「赤丸」「からか」「特製黒」と一通りある模様。

そろそろ本題のオーダーに移ろうかと迷った末に、人気の「白丸」をオーダーしてみました。

周りのグループやカップルを観察してみると、ラーメンが来るまでちょっとしたつまみものを頼んでシェアしているようです。
さながらラーメンはメインといった具合で、サラダからお肉までかなりの品数を頼んでいるグループも目立ちました。

拝見したところ、どの和食もかなり日本のものに近い形で再現されていましたよ♪(見た目もかなり美味しそうでした!)

クアラルンプールの一風堂の味

待つこと10分少々でラーメンが運ばれて来ました♪
期待を裏切らないビジュアルでホッとしつつ、一口目にスープをすすります。
スープに関して言うと、ほぼ東京で味わったものと変わりありません。

いっぷ①

少しだけコクが足りないかと言えばそうですが、クアラルンプールでこの味が楽しめるなら上等でしょう。

次に麺を頂いてみました。
ん?少し硬いかな、とは思いましたがこのくらいがこちらの人の好みなのかもしれません。
ネギの香りもほどよく、チャーシューも柔らかくて本当に美味しい!
一玉なのであっと言う間に完食してしまいました。

いっぷ3

好みで言えばやはり麺だけが惜しく、日本と同じ素材なのかどうか分かりませんが、全く同じ麺という訳にはいきませんでした…

一風堂はなぜ流行るのか

総評すると、やはり価格設定は強気なように思いました。
ほとんどのラーメンは単品でも30リンギット=1,000円近く。
ドリンクやおつまみ、色々含めると一人軽く2,000円以上する計算になります。

同じパビリオンにある「山頭火」の価格設定が低めであることを考慮すると、この価格で成功するにはブランド以外の魅力も多いのでしょう。

一風堂は接客に大層力を入れていることで有名ですが、ここクアラルンプールでも現地のスタッフは仕事が早く、注文の際は必ず膝をついて目線は上にというのが鉄則のようでした。
この店舗のお洒落感と店員の接客は、多くの層に受け入れられる要因だと思います。

一風堂⑬

また、立地や店舗の広さから、グループでのランチまたは夜の食事に使い勝手が良いのも人気の秘密かも知れません。
こういう店であれば得意先の接待に使っても、面白がって貰える気がします。

和食ブームも手伝って、客の年齢層を選ばない一風堂のような「RAMEN」は海外で最も成功する和食のジャンルの一つかもしれません。

ますますの人気に伴って「一風堂」の店舗が増えていくことを願っています♪

 

【店舗情報】

名称:IPPUDO(Pavilion)

住所:Lot C4.07.00,Connection Level 4,Pavilion KL,

168,Jalan Bukit Bingtang,55100 Kuala Lumpur,MALAYSIA

電話番号:0321106233

web:http://www.ippudo.com.my/store-location/

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介