ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】マレーシアの小さな町テメローで人気のご当地グルメはナマズとドリアンの組み合わせ!?

【マレーシア】マレーシアの小さな町テメローで人気のご当地グルメはナマズとドリアンの組み合わせ!?

LINEで送る
Pocket

テメローはマレーシアの首都、クアラルンプールから車で2時間半ほど東海岸の方向に走った場所。

西海岸にあるクアラルンプールから東海岸にあるクアンタンまでを繋ぐ高速道路(E8)を走るとテメローに着きます。

テメローの町自体はいたって穏やかな田舎町なのですが、なんとここに有名なご当地グルメがあることが発覚!

これを食べるためにわざわざクアラルンプールから来るローカルまでいるというのですから、筆者も早速行ってみることにしました!

IMG_5320

到着したのはテメロー川。
テメロー川は茶色く濁って見えますが、ご心配なく!
この川は汚いのではなく、川の底の泥や砂を巻き上げてこのような色になっているのだそうです。

実際はとても綺麗な川で泳ぐことも可能なのだとか。

リバークルーズしたり、スピードボードに乗ったり、川沿いでくつろいだりと、思い思いに過ごすローカルたち。

今は乾季で川の水は少ないのですが、雨季になると写真にあるTEMERLOHの文字を覆うほどの水量になるのだというから驚きです!

ナマズは高級魚?

川でくつろぐのもさておき、目的の場所に向かいます。

テメローの町には、こういったものがところどころに置かれているのですが、なんだかお分かりでしょうか?

IMG_5325

そう!ナマズです!
あちらこちらにナマズの像やナマズのキャラクターを見かけ、ナマズが有名であることを窺うことができます。

実はナマズはマレーシアでは高級魚とされ、お祝い事や友人を招待する時などに振舞うことがあるのです。

ただ、高級魚だから美味しいのかと言われると、そうでもありません。
特に、クアラルンプールで手に入るナマズは鮮度が落ちているので、川魚特有の臭さが一層強調されてしまいます。
そのせいか、「いくら高級魚でもあまり好きでない」というローカルの意見もちらほら。

そんな中で、テメローでは新鮮な美味しいナマズを安い値段で食べることができると有名で、特に、テメロー川で獲れるナマズは他の川で取れるナマズに比べて臭いもなく、美味しいと評判なんです。

いざ、ご当地グルメ実食!

テメロー川のすぐ近くには、ワロンと呼ばれるローカルスタイルの屋台が並んでいます。
この屋台で、テメローのご当地料理を食べることができるそう。

WhatsApp Image 2018-04-23 at 13.41.04

そのご当地グルメの名前は、「パティン テンポヨ(patian tempoyak)」。
とてもユニークな名前ですよね。
ちなみに、パティンとはマレー語でナマズのことです。

WhatsApp Image 2018-04-23 at 13.35.29

どの屋台も大体同じような雰囲気ですが、その中でも、私たちは今回「Adinda Masakan  Tradisional」でいただくことに。

お店の中に入り、さっそく目的の「パティン テンポヨ(patian tempoyak)」を頼みます。

WhatsApp Image 2018-04-23 at 13.12.46

すると、すぐにご飯が入ったお皿を渡されました。
カウンターの中から自分が食べたい野菜などを選び、セルフサービスでご飯の上にのせていきます。

特にルールはありませんが、2種類の野菜を選ぶのがローカル流。

WhatsApp Image 2018-04-23 at 13.12.47

そして、お待ちかねのナマズが運ばれて来ました!

尻尾だけ運ばれて来た魚を見ると、これがナマズだとは想像がつきません。
見た目は鯖のようです。

ナマズというだけでも珍しいのですが、このスープにまた特徴が。

なんと、ドリアンペーストを入れて作られているスープなんです!

人気のご当地グルメ、パティン テンポヨ(patian tempoyak)とは、ドリアンスープで煮込まれたナマズ料理だったんですね。

どんな味がするのだろうと不安と期待を込めて一口。

なんとこれが美味しいのです!
あのドリアン独特の香りはほとんどなく、ドリアンのコクがほんのり残るスープでした。

少し酸味があり、しかもチリが入っているのでピリッと辛く、それが良いアクセントになっています。
ナマズの身は元々とても柔らかいのですが、新鮮なため身が引き締まっています。
しかも、臭みも全くありません!

本当に美味しく、あっという間に食べてしまいました。

オーナーのAdindaさん

WhatsApp Image 2018-04-23 at 13.12.45
左側の女性がオーナーのAdinda氏

食事の後、オーナーのAdinda氏にお話をうかがいました。
フレンドリーで笑顔が素敵なオーナーで、写真を撮りたいと伝えると、奥に行ってしっかりと身支度まで整えてくださいました。

彼女のお店ではデリバリーも受けているようで、頼まれればクアラルンプールに配達することもあると言っていました。

彼女のモットーは、「できるだけ新鮮な状態のものを安く提供する」こと。
新鮮なご当地グルメを多くの人に食べてもらいたいという気持ちが伝わって来ました。

注:オーナーの母国語はマレー語で、英語はほとんど話せません。

ローカルの反応は?

続いて、店内で食事をしているローカルにもお話をうかがってみました。

その中の1人は、仕事の事情でクアラルンプールからテメローに移動して来たという方。

彼は「クアラルンプールではナマズは高いし、美味しくないから好きではなかった。でもここ(テメロー)に来て、ナマズを食べるようになった」と語ってくれました。

特に連休になると、クアラルンプールからわざわざナマズを食べにくるローカルもいるといいます。
「2時間半もかけて?」と思うのですが、その訳を聞いてみるとただ単純に「テメローのナマズは安くて美味しいから」という答えが返って来ました。

食べることが大好きなマレーシア人

日本でも「呼子のイカを食べに行こう!」「小樽の海鮮丼を食べよう」などと、その土地のご当地グルメを食べるグルメ旅があります。
マレーシアでもそれと似たような旅があるのかもしれません。

もともと食べることが大好きなマレーシア人。
美味しいものを食べるための努力は厭わないようです。

 

Adinda Masakan  toradisional

住所:C3 Geral Mpt Lurah Semantan 28000 Termeloh
電話:012-9607210
Facebookはこちら:https://www.facebook.com/IKAN-PATIN-Adinda-1192520844108005/

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介