ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】クアラルンプールのパン屋さん、最も注目を浴びるベーカリーの職人は日本人

【マレーシア】クアラルンプールのパン屋さん、最も注目を浴びるベーカリーの職人は日本人

LINEで送る
Pocket

意外にもパン好きなマレーシアの人々

クアラルンプールではまずパン好きの人は困ることがありません。
なぜなら、どのショッピングセンターにも必ず併設のベーカリーショップがありますし、都心をぶらぶら散歩するとそこかしこにベーカリーショップが目に留まります。

 

若者はベーカリーが大好き

パン屋①

マレーシア人の近代化に伴い、食生活も大きく変化しています。
特に若者は中華系、マレー系、インド系問わずパン食を好む人が増えているようです。
それはカフェ併設のベーカリーショップにいる若年層率の高さと、人種の多様さを見ればよく分かります。
マレーシアは大きく3つの人種に分かれており、それぞれ食の好みに合った朝食を取ることが出来ます。
当然、そこに集う人々の人種は決まっており、高齢者や家族連れが大半となっています。
ですがベーカリーショップには、毎朝マレー系から中華系まで人種を問わず多くの若者が来店しているのです。

 

旅行者にも有難いパンの充実度

パン屋③

都心のショッピングセンターのベーカリーでも旅行客らと同様に、ローカルのサラリーマンやOLがパンを買っていく姿が目立ちます。
特にクアラルンプールではベーカリーのレベルが高く、美味しいパンを求めてわざわざ遠くから買いに来る人もいるほど。
ベーカリー市場の熱は年々高まっていると言えるでしょう。
特に観光客の中には朝食はパン食の人も多いため、ホテル周辺は多くのベーカリーショップが軒を連ねています。

 

スターバックスやドトールなどチェーン店も多数

オールドタウン①

日本にいるとドトールやタリーズなどコーヒーショップのチェーン店でランチや朝食を取ることは普通です。
ここマレーシアでも大手チェーン店から独自のショップまで、多数の店舗が見られます。

 

オールドタウン②

マレーシア発のカフェと言えば「OLD TOWN WHITE COFEE」ですが、ここでも朝はパンとコーヒーのセット、昼食にもマレー料理に加えサンドイッチやパスタを提供しています。

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。