ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】カンボジアにモバイル決済の波、今“PI PAY”が熱い!!

【カンボジア】カンボジアにモバイル決済の波、今“PI PAY”が熱い!!

LINEで送る
Pocket

IMG_6784

銀行口座やクレジットカードを持てない人が多いカンボジア。
モバイル決済や電子マネーなどのフィンテックとは無縁の国と思いきや、ここ数年の間に幾つもの電子マネーが生まれ、多くのカンボジア人に親しまれています。
今回は、その中のひとつ、“PI PAY”についてお伝えします。

ビビットなピンクが目印、“PI PAY”

IMG_6778 (1)

ベーカリー入り口のドアや薬局のレジなど、街のいたるところで見かけるようになったビビットなピンク色のロゴ。
“PI PAY”の加盟店舗やユーザーの多さを物語っています。

“PI PAY”は2017年5月にカンボジアでリリースしたサービスで、マレーシア大手銀行「CIBM」とドイツ決済サービス事業者「ワイヤカード」が協力している香港系の会社です。
2017年9月12日のプノンペンポストによると、加盟店は250店、ユーザーは7万人、決済総額は5百万ドルを超えるとのこと。
リリースされてからわずか1年足らずですが、驚くべきスピードでカンボジアに浸透している様子です。

アプリの登録は少々複雑・・?

IMG_6766

まずはアプリをダウンロード。
早速アプリを開くと、「英語・クメール語・中国語」から言語選択。
名前や電話番号、パスポート番号など基本情報を埋め、本人確認書類と顔写真をアップロードします。
カンボジアの携帯電話番号によるSMS認証もあり。
埋める項目の多さや、書類アップロードの多少の面倒さは否めませんが、その分セキュリティ面はしっかりしていると期待したいものです。

IMG_6763

PI PAYアプリのトップページ

チャージはキャッシュマシーン“PayGO”で

“PI PAY”の利用に、銀行口座やクレジットカードは一切必要なく、“PayGO”というキャッシュマシーンで入金できます。
この“PayGO”は現在、プノンペン・シェムリアップ・バッタンバンの3都市でサービスを開始している模様。
PI PAYアプリの地図上から、この“PayGO”の場所を探せますが、プノンペンではガソリンスタンドやスーパーの中などいたる所に本当にたくさんあるので、チャージにはまず困らない印象です。

IMG_6781現在地から“PayGO”を探せる。

最大の魅力は、支払いのストレスフリーとディスカウント

カンボジアではUSDとカンボジアリエルという二つの通貨が使用されているので、支払い事情がなかなか複雑です。
金額はドル表示だけれど、手持ちのリエルで支払いたい場合、店員さんもお客側も一瞬計算がこんがらがる場面が度々あります。
それに加えて1ドル以下はすべてリエル紙幣となるため、基本的にドルとリエルを混ぜて支払うことにもなります。
一方“PI PAY”は、レジで携帯電話番号と暗証番号を端末に入力するだけで、支払いが完了。
まさにストレスフリーです。
複雑で面倒な支払いを解消してくれる、スマートなモバイル決済が、“PI PAY”という訳です。

IMG_6779 (1)この端末に電話番号とパスワードを入力する。

 

もうひとつ、“PI PAY”の最大の魅力と言えるのが、各店舗で行っているディスカウント。
ほとんどが5%~20%の割引率ですが、50%という超破格のディスカウントも珍しくありません。
スマートフォンを持ち歩く若者世代に大人気なのもうなずけます。

IMG_6776

IMG_6773

IMG_6774

 

カンボジアで暮らすにあたり、“PI PAY”は欠かせないツールとなるかもしれません。

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介