ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】カンボジアにモバイル決済の波、今“PI PAY”が熱い!!

【カンボジア】カンボジアにモバイル決済の波、今“PI PAY”が熱い!!

LINEで送る
Pocket

IMG_6784

銀行口座やクレジットカードを持てない人が多いカンボジア。
モバイル決済や電子マネーなどのフィンテックとは無縁の国と思いきや、ここ数年の間に幾つもの電子マネーが生まれ、多くのカンボジア人に親しまれています。
今回は、その中のひとつ、“PI PAY”についてお伝えします。

ビビットなピンクが目印、“PI PAY”

IMG_6778 (1)

ベーカリー入り口のドアや薬局のレジなど、街のいたるところで見かけるようになったビビットなピンク色のロゴ。
“PI PAY”の加盟店舗やユーザーの多さを物語っています。

“PI PAY”は2017年5月にカンボジアでリリースしたサービスで、マレーシア大手銀行「CIBM」とドイツ決済サービス事業者「ワイヤカード」が協力している香港系の会社です。
2017年9月12日のプノンペンポストによると、加盟店は250店、ユーザーは7万人、決済総額は5百万ドルを超えるとのこと。
リリースされてからわずか1年足らずですが、驚くべきスピードでカンボジアに浸透している様子です。

アプリの登録は少々複雑・・?

IMG_6766

まずはアプリをダウンロード。
早速アプリを開くと、「英語・クメール語・中国語」から言語選択。
名前や電話番号、パスポート番号など基本情報を埋め、本人確認書類と顔写真をアップロードします。
カンボジアの携帯電話番号によるSMS認証もあり。
埋める項目の多さや、書類アップロードの多少の面倒さは否めませんが、その分セキュリティ面はしっかりしていると期待したいものです。

IMG_6763

PI PAYアプリのトップページ

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。