ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】料理とモクテルも人気!気鋭のバー&レストランSorrokのマネージャーにインタビュー

【マレーシア】料理とモクテルも人気!気鋭のバー&レストランSorrokのマネージャーにインタビュー

LINEで送る
Pocket

マレーシアはイスラム教が国教のため、飲酒に関して制限があるという印象がある。
確かにスーパーなどでは酒類は店内の一角にあるスペースに目立たぬように置かれている。

しかし多民族国家であるため、中華系・インド系マレーシア人は宗教や生活習慣が異なることから、コミュニティによっては飲酒にオープンなエリアもある。

sorrok バー レストラン

マレーシアの急速な発展に伴い、富裕層や外国人が多いエリアには「酒場」「居酒屋」というよりも、最新トレンドを意識したスマートでクールな「レストラン&バー」が台頭してきている。

名門ホテルのフード部門を渡り歩いたホスピタリティのスペシャリストであるドム氏(Mr.Dom)。
彼がマネージメントを務めるバー&レストランSorrok(ソーロック)を訪ね、クアラルンプールにおけるフードビジネス事情などの話を伺った。

名門ホテルで修行を積んだマネージャー

sorrok バー レストラン

–初めまして。まず最初に簡単な経歴をお伺いしてもよろしいでしょうか?

はい。
2005年からホスピタリティビジネスに従事しました。
クアラルンプール市内の5つ星ホテルのレストラン部門で8年勤務し、その後シンガポールのイタリアンレストランへ。
1年後にマレーシアに戻りクアラルンプールの5つ星ホテルで勤務。
その後(今の)直属のボスから声をかけていただき、2017年11月からSorrokの現在のポジション(マネージャー)に就きました。

–Sorrokとホテルでの勤務における一番の違いはなんですか?

店の全てを自分でコントロール(マネージメント)する、という点ですね。
ホテルで働いていた時とはかなり違いますが、新しいことを学び経験できるのは非常にやりがいがあります。

sorrok バー レストラン

sorrok バー レストラン

–Sorrokは周囲の喧騒と比べると非常にシックで落ち着ける雰囲気ですね。
イメージとしてはホテルのラウンジをそのまま切り取ったような印象です。(いわゆる日本でいう”しっとりとしたバー”)

※周囲には大音響で音楽を流すスタイルのレストランやバーが多い

ありがとうございます。
そうですね、マレーシアの多くのバー&レストランはどちらかというと、そういった感じのところが多いかもしれませんね。
これは(私の)ボスの考えでもあるのですが、(この辺りは)ファミリー層が多いため、バーであるのはもちろん、ゆったりとリーズナブルで上質な食事ができる環境をお客さまに提供することをコンセプトにしています。

sorrok バー レストラン

–なるほど。”バーだけではない”ということですね。となるとお客様の比率やメニュー構成などが気になるのですが。

メインは食事というお客様が約6割となっています。
メニュー構成もマレー・チャイニーズ(マレーシアの華僑による伝統料理)と、西欧風を元に独自にアレンジしたものが中心になっています。
また来客比率ですが、ローカルが65%、西欧、日本、韓国、アラブなどからが35%です。

sorrok バー レストラン

–具体的なアレンジ手法やメニューに対する工夫は?

例えばナシレマ(Nasi Lemak)は、マレーシアの屋台ではおなじみのB級グルメです。
その国民的ローカル料理をレストランメニューとしてアレンジしたのがソーロック特製ナシレマ・ロブスター(Sorrok Nasi Lemak Lobster)です。
食材や味はもちろんですが、ナシレマにロブスターというサプライズ要素と話題性も考えてメニューにしました。
また、すぐに飽きられてしまうので、メニューの入れ替えは4~5ヶ月ごとにやっています。

sorrok バー レストラン

–話は変わりますが、Sorrokではモクテル(Mocktail)やスムージー(Smothies)も推しドリンクなのだとか。それはモスリムのお客様に対する配慮とかもあるのでしょうか?

もちろんです。
メニューは全てポークフリー(豚肉不使用)となっています。
またアルコール類不使用のモクテルは、その色合いからSNS映えすると好評ですね。
お酒を飲んで盛り上がるのと同様に、アルコールなしでも仲間や家族とゆっくりとクールダウン(チルアウト)する時間を好むのもマレーシアらしいところではないでしょうか。

–マレーシア、特にクアラルンプールでは毎日のように新しいバーがオープンしています。
勢いがあるだけではなく、やはりその中で存続していくために考えていることなどはありますか?

オープンしたからにはクアラルンプールで1番と言われる店にするつもりで日々精進しています。
そこで何をするかといえば、重要なのは「オリジナリティ」「認知度を高める」ことだと思います。
後追いではなく、ここでしか食べられない、飲めないというブランディングが非常に重要なのではないでしょうか。
そしてそれをみんなに知ってもらう、ということですね。

sorrok バー レストラン

–ありがとうございました。最後に一言いただけますか。

“Come and dine, and have your most memorable dining experience with us”
(記憶に残る最高の食事と思い出をソーロックで)


sorrok バー レストラン

Sorrokはこじんまりしているように見えるのだが、10人ほどのスタッフ、アウトドア&インドア合わせて98席で営業をしている。
今回インタビューに応えてくださったドム氏は英語、マレー語、中国語(マンダリン)が堪能。
接客の際に自然に3ヶ国語を使い分けてみると、他言語が使えることのメリットの大きさが感じられた。

店名:ソーロック(SORROK)
住所:A-G-06, Plaza Arkadia, No.3, Jalan Intisari Perdana, Desa Parkcity, 52200 Kuala Lumpur
Tel:01117861140
Facebook:https://ja-jp.facebook.com/sorrok/
営業時間:15:00-01:00(日ー木)、15:00-02:00(金、土)
休み:無休

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介