ホーム >  ミャンマー > 【ミャンマー】燕の巣は人間の家よりも儲かる!? ミャンマーの燕の巣の驚きの養殖事情

【ミャンマー】燕の巣は人間の家よりも儲かる!? ミャンマーの燕の巣の驚きの養殖事情

LINEで送る
Pocket

高級中華食材である燕の巣ビジネスがミャンマーで盛り上がりを見せている。
2018年4月6日付けの地元紙「ミャンマー・タイムズ」は、2017年から2018年にかけて燕の巣がもたらした税収が9億6460万チャット(約7,900万円)に達したと報じている。
燕の巣の生産はミャンマー南部のタニンダーリ地方が中心だが、この額は同地方の年間税収の約半分にあたる。

ヤンゴンのショッピングセンターで売られている燕の巣。42万7500チャット(約3万5000円)/45g
ヤンゴンのショッピングセンターで売られている燕の巣。42万7,500チャット(約3万5,000円)/45g

精力増強・美容効果があるとされる高級食材

燕の巣は東南アジアに棲息するアマツバメが、自身の唾液腺の出す分泌液で固めて作る。
収穫してゴミやほこりを取り除いたものは高級食材としてスープやデザートに利用し、精力増強、美肌、免疫力向上などの効果があると信じられている。

フカヒレや干しアワビと並ぶ3大高級食材として世界で珍重され、取引額は高額だ。
日本のショッピングサイトを見ると、品質によって価格は異なるが100gで3万円を越える商品も少なくない。
ヤンゴンではFacebookの販売店ページを利用すれば最も安く買えるが、それでも小売価格は約160g(ミャンマーの伝統的な重量単位)で32万チャット(約2万6,000円)からとなっている。

こちらもヤンゴンのショッピングセンターにて。67万6000チャット(約5万5400円)/130g
こちらもヤンゴンのショッピングセンターにて。67万6,000チャット(約5万5,400円)/130g

精力増強・美容効果があるとされる高級食材

ミャンマーで燕の巣の多くを生産しているタニンダーリ地方の行政上の中心都市はダウェーだが、商業の中心は港町ベイッだ。
ベイッには燕の巣の生産・販売を行う会社が70社近くあるという。

ミャンマーを含め、東南アジア各地にある燕の巣の産地では、かつて燕が海岸沿いの断崖に作った巣を人がよじ登って収穫していた。
しかし、近年は鉄筋コンクリートのビルを断崖と誤認させて営巣させる「養殖」が増えてきている。

タニンダーリ地方の中心都市である港町ベイッ
タニンダーリ地方の中心都市である港町ベイッ

ベイッ周辺の島でも数年前までは自然にまかせて収穫していたところがほとんどだったが、現在は近くの島はもちろん、市内にも養殖場が増えてきている。
養殖場といっても窓を1ヶ所だけ開けた一見普通の家屋で、中に燕を引き寄せるヘルツ数の音を発する音響装置を設置しているだけだ。

普通の住宅が養殖場に

ベイッで見学させてもらったまだ新しい養殖場のビルは、燕には何の意味も持たないベランダが各階にあり、これもまた必要ない大きな窓を壁の四方に備えていた。

一見すると普通のマンションだが、中は燕の巣の養殖場になっている
一見すると普通のマンションだが、中は燕の巣の養殖場になっている

養殖場用に建物を建てても燕が巣を作るかどうかはやってみなければわからない。
燕が来なかった時、人間用の住宅に転用して賃貸できるように造ったのだという。
このビルの場合、無事に燕がやってきたため、ひとつを残して全ての窓をふさぎ養殖場として使っている。
新築マンションを貸すより、燕の巣を養殖した方が儲かるということなのだろう。

 観光資源になっている養殖家屋も

ベイッの人びとに、燕の巣が養殖可能であることを気付かせたある有名な家がある。
戦前からたくさんの燕が家の中に巣を作っていたといい、そこに目をつけた軍が家主から家を取り上げてひと儲けしようとしたこともあったが、軍が運営しだしたとたんに燕が来なくなったという逸話が残っている。

天井が少し高いだけの一般的な倉庫だが、なぜか中に燕が巣を作るように
天井が少し高いだけの一般的な倉庫だが、なぜか中に燕が巣を作るように

この家は今は観光名所となっており、たくさんの燕が天井の梁に巣を作っているのを見学できる。
なお家主によれば、この家は音響装置を使わなくとも燕が集まるベイッでは唯一の家ということであった。

収穫の許可証が高騰、天然モノが半減へ

経済的に豊かな層が増加しているミャンマーでは最近、燕の巣の取引価格が300万チャット(約25万円)/1.6kgの最高値を記録した。
民間企業が鳥の巣を収穫するための許可証の取引価格も高騰し、2017~18年の収穫期には198万チャット(約16万円)でオークションにかけられたという。

天井の梁に付着している白いものが燕の巣
天井の梁に付着している白いものが燕の巣

また、養殖場の増加は、従来方式で巣を収穫していた人たちの生活を直撃した。
音響装置の利用で燕が養殖場に集中するようになったため、かつての半分ほどの収穫量になってしまったのだ。
養殖の隆盛により、養殖場を建てることのできる富裕層により富が集まるという結果になりつつあるようだ。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介