ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】店頭告知の張り紙から知るマレーシア飲食店における求人事情

【マレーシア】店頭告知の張り紙から知るマレーシア飲食店における求人事情

LINEで送る
Pocket

飲食店やショップなどの店頭に貼ってある求人の張り紙は、日本でもよく見る光景だ。

ここマレーシアでも求人アプリ、Web求人サイトなどの利用が普及したとはいえ、新規店舗のオープニングスタッフ、既存店舗の求人に足をとめる姿を見かける。

マレーシア人の平均給与のデータ

2017年10月マレーシア政府統計局(DEPARTMENT OF STATISTICS)の発表によると、現在マレーシアの平均的な世帯月収(自営、投資などを除く給与のみによる月収)はRM4,362(約12万円)
ただしこれは世帯あたり約2名の働き手がいるという前提である。
職業の種別なしの単純計算では標準的な月収はRM2,181(約60,379円)となる。

そこでクアラルンプール市内で見かけた飲食店における求人内容を調べてみた。
これらは主にショッピングモールなどで告知されていたものである。

マレーシアの給料の基本給&各種手当の例

マレーシア求人

♦チェーン系ドーナツショップの店頭スタッフ
1ヶ月の基本給RM1500(約41,384円)から
その他に従業員積立基金(KWSP)。【既存店舗】

マレーシア求人

♦米系カフェチェーンにおけるバリスタの募集。
1ヶ月の基本給RM1300(約35,989円)からだが、残業代別、他に健康保険、トレーニング、食事支給など福利厚生面について詳細が記されている。
応募に際し必要な条件として基本英会話、教育修了資格試験合格(高校卒業資格)なども併せて記載されている。【新規店オープニングスタッフ】

マレーシア求人

♦世界20ヶ国以上で展開するチキン専店のチェーンにおけるフロアスタッフやキッチンスタッフなどの募集
キッチンスタッフは月給RM1500++(約41,526円)で++(各種手当がオンされる)。
また時給はRM6-10(約166-276円)。【新規店オープニングスタッフ】

マレーシア求人

♦世界的ファストフードチェーンにおけるカウンタースタッフ、バリスタ、デリバリー担当スタッフなどの募集
月給RM1400(約38758円)++(各種手当がオンされる)以上となっている。【既存店舗】

マレーシア求人

♦ローカル系タイ料理店の募集
アポなし(ウォークイン)でも面接可能。
ただし応募できるのはマレーシア人のみとされている。
ポークフリー(モスリムにとって豚肉はNG)の表記もされている。
基本給ではなく表示されている給与は支給総額の上限としてRM3000(約83,053円)、パートタイムの時給もRM10(約276円)となっている。
福利厚生についても詳細が明記されている。

離職率の高さや仕事に対する考え方の違い

「初日にきて、次の日から出勤しない」「シフトを組んでもいきなり連絡もなしに辞めてしまう」「日本ではありえない接客態度」これは以前に日系飲食店の方に伺った現地スタッフ採用の悩みだ。
実はマレーシアでは珍しいことではないらしい。

ただし採用したスタッフが「以前にも日系レストランで勤務経験がある」場合は、日本式の接客マナーややり方をある程度理解している、ということが多いようだ。
ただし、最近ではローカルレストランでも接客に力を入れているところがあるため、飲食業界全般にホスピタリティに関する意識が高まっているようにも感じられる。

また、接客マニュアルやトレーニング制度がしっかりと整備されていると比較的、日本式の接客に理解を示してくれる場合もある。
また流暢ではないにせよ、ある程度の日本語を理解するローカルも多いので、積極的な求人を展開していくことにより、よりよい人材の採用につながるのではないだろうか。

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介