ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】気になる値段と質!高原リゾートホテルで人気のバイキングレストラン

【マレーシア】気になる値段と質!高原リゾートホテルで人気のバイキングレストラン

LINEで送る
Pocket

マレーシアでローカル料理となると一筋縄ではいかない。
マレー系、中華系、インド系を基本に、近隣の東南アジアや西欧、日本などの料理がミックスされたりとバラエティに富んでいる。

以前にご紹介した高原のレジャーランドエリアとして知られるゲンティンハイランド(Genting Highland)
現在、米資本のテーマパーク開業を控え、大規模なリノベーションが行われている。

今回は人気のビュッフェ(バイキング)レストランを訪れてみた。

ゲンティンハイランドとは

ゲンティンハイランド

ゲンティン・ハイランドには国内で唯一の政府公認のカジノがあり”マレーシアのラスヴェガス”と称されることもある。
マレーシアの国教であるイスラム教はギャンブルを禁止しているが、観光に訪れるモスリムも多い。
というのもショッピング、6,000人収容のホールなどエンターテイメントも充実しているため、誰でも楽しめるリゾートとなっているからだ。

ゲンティン・ハイランドはカジノがあるという特殊性から、単なる観光地ではなくお金を使うリピーターが多く集まるため、年間を通じて安定した集客があることで知られている。

アクセスは車かバスのみだが、クアラルンプール市内のターミナル駅などから直通バスが何本もでているため、アクセスの良さも人気となっている。

ゲンティンにあるホテル内のバイキングレストラン

メガモールを併設した巨大リゾート施設であるゲンティン・ハイランド・リゾートは、ファストフードからファインダイニングのイタリアンまで幅広い飲食店が揃っている。

マレーシアバイキング

マレーシアバイキング

その中でも人気のレストランとして名前が挙がるのが5つ星ホテルのゲンティン・グランド・ホテル(Genting Grand)内にあるコーヒー・テラス(Coffee Terrace)だ。
すすめてもらったローカルに理由を尋ねたところ、以下のような答えだった。

1.食べ放題であること。
2.ウェスタンからアジア、アラブ、和食に至るまでさまざまな種類の料理が食べられること=宗教や食文化が違うもの同士でも一堂に会して食事ができる。
3.席数が多いこと(調べてみると最大収容人数は600人)
4.デザートがおいしいこと。
5.シニア割引があること(親戚などと会食する時にお得感がある)

マレーシアバイキング

マレーシアバイキング

マレーシア人がちょっとしたイベントや家族行事などで食事をする時の要望に対応していることがわかる。

コーヒーテラスのコスパをチェック

こちらがコーヒー・テラスの料金である。
もっとも高いのは週末のディナー(金、土、祝日、スクールホリデイ)で、大人RM92(約2,527円)となっている。

マレーシアバイキング

リゾート地の5つ星ホテル内のバイキングの値段としては日本の感覚からするとかなり安く感じるかもしれない。
しかし以前にもお伝えしたが、ローカルの住宅街では1食あたりRM5(約137円)程度のときもある。

実際に訪れてみて思ったこと気づいたこと

ホテルのゲストは部屋にチャージすることができるのかもしれないが、基本はエントランスのキャッシャーで料金前払いのシステム
中に入るとスタッフが空いているテーブルに案内する。

席数が多いせいか、スタッフも多め。
訪れたのは金曜日のディナータイムのセッション。
初めてなのでわからないが、飲酒をしている人があまりいないようだったのが印象的だ。
レストラン内にはバーも併設されていたのだが。

マレーシアバイキング

マレーシアバイキング

マレーシアバイキング

インターナショナル・バフェというだけあって、料理は横並びに「マレーシア(ローカル)」「中華」「ウェスタン(西洋)」「日本(和食)」の各コーナーに分かれている。

マレーシアバイキング

中華コーナーのみオープンキッチンで好みの野菜などをその場で炒めてもらうのが人気。
このスタイルはマレーシアのホテルバイキングなどでも多いスタイルだ。

マレーシアバイキング

ウェスタンに関しては、マレーシアに多いアジアの洋食といった味で、ビーフやチキンもアジア系スパイスの風味がある。
もちろんポークフリー。

マレーシアバイキング

人気のマレーシアのローカル料理は種類が多く、ホーカー(屋台)街などでもおなじみの食べ慣れた料理やご当地メニュー(ペナンのラクサ、イポーの麺など)も目立った。

観光地のバイキングレストランの日本食

マレーシアバイキング

マレーシアバイキング

このバイキングの価格帯の客層だと日本食は人気なのか、刺身や寿司などを盛り付けた大皿ががあっという間になくなる。
さらに「蕎麦」などもあり、本格的かと思いきや漬物ばかり出ていたりとひと昔前の”海外で食べる日本食”といった印象。

マレーシアバイキング

それでも食べ放題で寿司や日本食が食べられるとあって、コーナー自体の人気は上々だった。

マレーシアバイキング

今回のようなバイキングレストランでは日本食のレベルを知るよい機会となった。
また、マレーシア人やマレーシアを訪れるツーリストに人気のあるメニューは、味付けなどにヒントがあるように思われる。

店名:コーヒー・テラス(Coffee Terrace)
住所:Lobby Level, Genting Grand, Resorts World GentingGenting Highlands 69000
Tel:+60 3-6101 1118
URL:https://www.rwgenting.com/dining/cuisines/buffet/coffee-terrace/?langtype=1033
営業時間:12:00-14:30(ランチ)、17:00-21:30(ディナー)
休み:無休

 
LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介