ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】ナイトマーケット、ポップアップストア…需要を抑え波にのるシンガポール企業

【シンガポール】ナイトマーケット、ポップアップストア…需要を抑え波にのるシンガポール企業

LINEで送る
Pocket

楽しいタイのナイトマーケット!

近年、バンコクを訪れるなら行くべき場所のひとつに上がるようになったのが、新しいスタイルのナイトマーケット。

広い敷地に、屋台料理、おしゃれな洋服やアクセサリーなどの店がびっしり並び、宵っ張りのバンコクっ子がこぞって集まり、にぎわいます。

Artbox は、貨物用のコンテナをずらりと並べ、その中にお店が入っているという新しいスタイルで人気のバンコクのナイトマーケットです。
新しいのはコンテナの屋台だけではなく、ポップアップ式でバンコク市内の色々な場所で神出鬼没に開催されるのも特徴となっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そのArtboxが、シンガポールのイベントオーガナイザー Invade とのコラボにより、シンガポールにて5月25-27日、6月1-3日に、2度目の上陸を果たしました。

なんと昨年4月のシンガポールでの初開催時は、計6日間の来訪者が当初の予測の400,000人をはるかに超える660,000人にも上ったそうで、今回は前回の3倍の敷地面積を確保しての開催となりました。

さすが楽しいことが大好きな街バンコク発祥のイベントです。
イベント大好き、新しいもの大好きで元々このような催しには人が押し寄せるシンガポールにおいて、特におしゃれでポップな雰囲気にあふれるArtboxは人々の心を鷲づかみにしたようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コストの関係などでシンガポールではコンテナは一部に使われているのみで、屋台には主に仮設のテントを使用しています。

食べ物の屋台は、タイから来たイベントだけあって、タイのミルクティや、豚の串焼きムーピン、トムヤムスープ、ヤムウンセンなどタイ料理のものが目立ちましたが、ローカルの、ハラルのハンバーガーや、おしゃれなお店の出店も多数ありました。

最近のシンガポールの屋台ではトロリと溶かしたラクレットチーズをかけたものが人気。
最近のシンガポールの屋台ではトロリと溶かしたラクレットチーズをかけたものが人気。
きれいなパステルカラーを使ったケーキやお菓子は多くの国でのトレンド。
きれいなパステルカラーを使ったケーキやお菓子は多くの国でのトレンド。
綿菓子もきれいな色合い。
綿菓子もきれいな色合い。

飲食物だけでなく、オリジナル商品を売る、アクセサリー、帽子、デイパックなどの雑貨の店や、観葉植物の店などもバラエティ豊かに多数出ており、そぞろ歩きをより楽しくしています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

筆者が訪れたのが初日5月25日金曜日のオープン直後だったためか、その時は稼働していませんでしたが、子供が楽しめる遊具などもあり、若者だけでなく家族連れなども楽しめるようになっています。

シンガポールのこのようなイベントの時は座って食べる場所がとても少ないので苦労しますが、今回のArtboxは飲食スペースが余裕をもって用意してあったので、ゆっくり食べたり飲んだりできたのも好感が持てました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ニッチな市場を見極める若きアントレプレナー

このイベントをシンガポールに招聘したのは、若干33歳のKent Teo氏が創業し、CEOを務めるInvade。

年に一度、マリーナベイエリアに光のインスタレーションを多数配置し人々を楽しませるi light marina bayでのマーケットなど、大きなイベントでのマーケットをオーガナイズする会社です。

Invadeが開催したFlashbangというイベントは、マレーシアのジョホールバルでの開催の打診を受けたといい、このようなイベントが国境を越えて望まれていることが伺えます。

元々夜市が人気で盛んな国の多い東南アジアですので、時代に合わせた新しいかたちのものが現れ、うけるのは自然なことなのでしょう。

興味深いのは、Invadeはショッピングモールの空きスペースにポップアップストアを設置させる業務も行っていたり、イベントやポップアップスペースに出店したい屋台主のマッチングプラットフォームも経営していること。

他にも、InvadeはMoxという名で、「コメイキングスペース」という、裁縫ルーム、木工ルーム、写真スタジオ、3Dプリンタースタジオを備えた新しいコンセプトの貸し作業スペースも経営しています。

シンガポールでは、Gapやバナナリパブリックが2018年に入り相次いでフランチャイズを終了させて撤退となったことなどにも見られるように、近年、実店舗のリテール業が逆風にさらされています。
しかしそれに反比例するようにモールの数は増えており、空きスペースがモールの運営会社には問題となっています。

そのような空きスペースを埋めるためや、モールの魅力を増して顧客に足を運ばせるため、目新しいポップアップストアや、コメイキングスペースといった新しいコンセプトでの出店が望まれているようです。

シンガポールの現況のニッチなところに入り込んで業績を伸ばすInvadeには、日本の会社も参考にするところがありそうですね。


Artboxはマリーナベイ・サンズショッピングモール横のBAYFRONT EVENT SPACEにて開催。
時間は午後3時から11時まで。入場は無料。

公式URL:http://www.artbox.sg/

 
MOX
住所:Katong Point, 451 Joo Chiat Road
電話: 8482 7876
LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介