ホーム >  ベトナム > 【ベトナム】ダナン海沿いのお土産・生活雑貨店「KaHoLi store」日本人オーナーインタビュー

【ベトナム】ダナン海沿いのお土産・生活雑貨店「KaHoLi store」日本人オーナーインタビュー

LINEで送る
Pocket

新しいホテルが次々と建設されるミーケビーチ沿い。
今回は2018年5月に、ダナン海沿いで生活用品からお土産まで揃う「KaHoLi store」をオープンした日本人オーナー、佐井加奈子さんにお話を伺いました。

IMG_3047

記者:ベトナム進出までの簡単な経歴を教えてください。
佐井氏:日本では短大で陶芸を学んだ後、貿易会社の輸入担当(中国・ベトナム担当)として働きました。
5年目で退職し、実家の営む会社の総務・経理をした後、結婚。
その後、主人の海外赴任でホーチミンに3年、ダナンに1年住んでいました。
再度渡越し、2018年5月に「KaHoLi Store」をダナンにてオープンしました。

記者:ベトナムに来る前に準備したことは何ですか?
佐井氏:ベトナム語を勉強しました。
ホーチミンに住むようになってからも、人文社会大学に通い、ベトナム語の勉強を続けました。
*ホーチミンには外国人向けのベトナム語クラスを設けている大学があります。

記者:ベトナムに戻られたきっかけは何ですか?
佐井氏:帰国後に日本でぼんやり、またダナンに住みたいと考えていました。
そんな時に尊敬しているダナン在住の女性経営者(かなり年配の方ですがとても精力的に日本とベトナムで活動をされている方)と話す機会があり、「あなたはこれからどうするの?」と聞かれた時のこと。
「いつかダナンに戻りたいけど、日本は居心地いいし、守りに入ってしまった。」と伝えたところ、「守るものなんてないじゃない!」と言われ、ハッとしました。
それから色々な方々の協力があり、現在に至ります。

IMG_3053

記者:3年住んだホーチミンより1年住んだダナンでお店を始めたのはどうしてですか?
実は、ダナンに住んでいたころに「Remake Feedbag」というバッグの製造販売を始めていたんです。
商売なんてド素人だったんですが…笑
いろんな方々と出会い、仲良くしていただいていたので商売をはじめやすかったのと、やっぱりダナンが好きだからですね!!

記者:その「Remake Feedbag」の製造販売を始めたきっかけは何だったんですか?
佐井氏:ベトナムに引っ越して3年が経ったころ、ダナンからホーチミンを経由してミャンマー旅行に行こうとしたのですが、ビザの申請を失敗してしまい、突如ホーチミンで遊ぶプランに変えたんです。
その時にベトナム人の友人が飼料袋を使ったバッグの作り方を教えてくれて、初めてパソコンバッグを作りました。
自分で作ったバッグをFacebookにアップしたところ、周囲からの反応が良く、「はじめてみようか!」と勢いで、製造・販売を始めることにしました。
友人に相談したところ、色んな手助けをしてくれ、自らも営業をはじめ、10店舗での委託販売をするようになりました。

記者:なぜ「Remake Feed Bag store」ではなく「KaHoLi store」を始めたのですか?
佐井氏:Remake Feedbagを広めたいという気持ちは勿論あったのですが、それ以上に大好きなダナンに観光に来た人に「またダナンに行きたい」と思ってもらいたいという気持ちが強かったからです。
とすると、RemakeFeedbag以外にも
・快適な旅をしてほしい⇒コンビニ
・ダナンを最大限アピールしたい⇒お土産物屋
・楽しく滞在してほしい⇒持っている情報の共有
この3点を実現したかったからです。
観光の方は特に時間が限られてるので、ホテルの備品では足りない生活用品からお土産まで揃うお店があれば便利だと。
ですので、このお店はコンビニっぽいお土産物屋さんなんです。
そして大阪のおばちゃんならではのノリで自分の知っている情報などを旅行客の方々にお伝えしています。

IMG_3051

記者:立地はどう選びましたか?
佐井氏:ミーケビーチから近く、ホテルも周囲に多いのでこちらを選びました。
私自身も海が好きなんです。

記者:お店の営業時間を教えてください。
佐井氏:8:00~20:00です。
まだ模索中でお客様の来店状況によって営業時間も考えていくつもりです。

記者:どのようなお客様がいらっしゃいますか?
佐井氏:中国人4割、韓国人4割、あとの2割は日本人を含む外国人です。

記者:どのような商品が人気ですか?
「Remake Feedbag」
ベトナムの可愛い飼料袋をリメイクして作ったバッグ類が人気です。
柄もそれぞれ可愛く、種類も豊富です。
女性には特にポーチ型が人気ですね。

IMG_3036

あと、「塩」ですね。
チリ塩、パッションフルーツ塩などはもちろん、特にパクチー塩が人気です。
パクチーの含有量を日本の既売品よりも大幅に増やしているので風味、香りともに強くパクチー好きにはたまらない一品です。

IMG_3202

記者:ベトナムで苦労したこと、大変なことは何ですか?
佐井氏:ベトナムに限ったことではないんですが、私の顔がどこの国に行っても、現地人だと思われることです。笑
ベトナムでも、税関で「何で日本のパスポートを持ってるんだ!」と言われたりしました。
香港の観光地では、ひょいっと北京語の案内とったら、「広東語あるよ!」と私だけに案内の方が声を掛けたり、現地の人に色々聞かれたり・・それに苦労します。
また、言葉でのコミュニケーションにも苦労します。
バッグの工場では英語が話せない方もいるので、一緒にご飯食べたり、家に招いたりしてコミュニケーションをとっています。
でも苦労したことより、圧倒的に皆さんによくしていただいたことのほうが多いです。

記者:次のビジョンは何ですか?
佐井氏:私の目指したいところは、ハワイのABCストアなんです。
観光客の味方!的な。笑
その為には店舗拡大・出店が重要だと考えているので、海沿いで店舗を増やして行きたいです。

32231136_1730374153708383_4140300365415317504_n

記者:これからベトナム進出を検討されている方へのアドバイスはありますか?
佐井氏:あまり深く考えずに来たら良いと思います。
心配事や下調べをし過ぎないこと。
「時の流れに身を任せ」て、「石橋を叩き過ぎないこと」が大切だと思います。

記者:ありがとうございました。
「Remake Feedbag」はダナンだけでなく、ハノイ、ホイアンでも購入可能だそうです!
可愛い飼料袋のバッグは、様々な年齢層の方がご自宅用やお土産に購入されてるそう。
お土産だけでなく、ビーチ沿いでホテルのアメニティー等の不足に困ったら、是非、「KaHoLi store」へ行ってみてくださいね。

34909231_1757569204322211_2080200391147913216_n

■KaHoLi store

住所:103 Duong Dinh Nghe Street,An Hai Bac ,Son Tra Da Nang Viet Nam
電話番号:0236 3938 179
営業時間:08:00~20:00

https://www.facebook.com/kaholistore

■Remake Feedbag

https://www.facebook.com/remakefeedbagdanang

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介