ホーム >  タイ > 【タイ】バンコクで増加中の日本人エンジニアの生態と食生活

【タイ】バンコクで増加中の日本人エンジニアの生態と食生活

LINEで送る
Pocket

現在バンコクでは日本人エンジニアが増加中です。
日本人起業家エンジニアが集まるバンコクのシェアハウス、GAOGAOハウスで実態を調査しました。

1.バンコクの日本人エンジニアの生態

DbW7VzfU8AAhE5e

1.どのような仕事をしているのか

バンコクで増加中の日本人エンジニアは、HP制作やアプリケーションの開発の仕事をするソフトウェアエンジニアです。
主に日本国内のIT企業や、バンコクに進出している日系企業のIT開発を行うことで生計を立てています。
前者については、リモート業務です。
会社に出社しなくてもできる開発業務もありますが、これはWi-Fiが通じれば基本的にどこでも仕事ができるためです。

2.なぜバンコクで働いているのか

大きく以下3点の理由が挙げられます。

1.物価が安く食べ物が美味しいので住みやすい
2.Wi-Fiが速くコワーキングスペースが充実している
3.日本人のエンジニアシェアハウスがある
GAOGAOハウス(起業家エンジニア向けで都市に立地)
Isaraハウス(フリーランスエンジニア向けで郊外に立地)

3.バンコクの日本人エンジニアの生活

バンコクの日本人エンジニアの実態を調査するために、今回は起業家エンジニアが集まるGAOGAOハウスに1ヶ月住んでみました。

1.GAOGAOハウスとは

GAOGAO ハウスとはタイのバンコクで日本人の起業家エンジニアが集まるシェアハウスです。

起業家エンジニアとは、ソフトウェア開発ができるエンジニアでもあり起業家でもあるということです。
主に20-30代の男性が住んでいます。
タイに住む日本人が集まるコミュニティの1つにもなっており、エンジニア以外にも東南アジアの起業家や、タイの企業に勤めている方が遊びに来ることもあります。
プログラミングのパーソナル開発合宿も今年の夏から運営されるので、さらに滞在者が増えるようです。

設立・運営は以下2名が行なっています。
1.IBM、LINE出身で起業家エンジニア育成・支援事業を行うGAO GAO Asia Co., Ltd.代表の手島拓也さん
2.野村證券出身で海外進出・運営のアドバイザリーファームApta Advisory Partners 代表の水畑建一さん

2.エンジニアは1日中開発をしています

IMG_6567

バンコクに住む日本人エンジニアの生活の1日の流れ
07:00:起床&朝食。
07:30:シェアハウスで開発。
10:00:付近のコワーキングスペースや勤務先で開発。
12:00:昼食。
13:00:コワーキングスペースで開発を再開。
19:00:シェアハウスに帰宅。夕食。
20:00:開発、シェアハウスメンバーで談笑。
24:00:風呂、睡眠。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。