ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】渦中の「クールジャパン商業施設」を見学 それでも飲食店は絶好調だった!

【マレーシア】渦中の「クールジャパン商業施設」を見学 それでも飲食店は絶好調だった!

LINEで送る
Pocket

asean180614isetan2

マレーシアの首都クアラルンプールに所在する商業施設『Lot 10』が、にわかに注目を浴びている。

この施設に入居する『ISETAN The Japan Store』にまつわることだ。

The Japan Storeは、三越伊勢丹ホールディングスとクールジャパン機構が共同出資するショッピングモールであり、日本製品の良さをPRする場としても大きな期待がよせられていた。
しかしその実態は、現地市民の可処分所得に見合わない価格設定が災いして、殆ど集客を得られないという報道がネットで広がっている。

果たしてそれは事実だろうか?

レストランフロアの賑わい

結論から言えば、上記の報道は決して嘘ではない。

筆者は6月14日(木曜日)の13時頃にThe Japan Storeを訪れ、その様子を観察した。
2018年のラマダン明けの前日であり、また筆者はこの日1日しかクアラルンプール滞在の時間が取れなかったことは予め断っておきたい。

しかしそれを考慮しても、The Japan Storeのグランドフロアから3Fまでの売り場は寂しい印象だった。
一方で、The Japan Storeの外にある衣料品店『H&M』はそこそこの賑わいである。
この両者は同じLot 10に入居しているが、集客に格差がある状況は否めないようだ。

現にThe Japan Storeは赤字続きで、ついにクールジャパン機構は所有する全株式(49%)を三越伊勢丹HDに売却するに至った。

しかし、物事には何でも陽と陰がある。
The Japan Storeの4F(アメリカ式の階数表記では5F)は日系飲食店を集めたレストランフロアだが、そこに限って言えば集客は堅調のようにも見えた。

平日昼過ぎの時間帯であったが、どの店舗もテーブル席の大半は埋まっていたように思える。
満席ではないものの、全席の半分以上に客がついていたというのが筆者の印象だ。

家族連れが続々と

だが、レストランフロアが最も賑わうのは18~20時台のはずではないか。

そこで筆者は時間を改め、もう一度The Japan Storeの4Fに足を運んだ。
時刻は20時。その際に撮影したのが、以下の写真である。

asean180614isetan3

カウンター席に若干の空きはあるものの、どの店もテーブル席はほぼ埋まっている状態だ。
その中でも『和心とんかつ あんず』は、空席待ちの予約を受け付けていたほど。

asean180614isetan6

来客の大半が家族連れで、それ以外は仕事帰りのビジネスパーソンと思わしき人々である。
ミドルクラスから上に位置する経済層の人がここに来ている、といった印象だ。

気になるメニューの値段は、和心とんかつ あんずの厚切りロースかつ膳が44.20リンギット(約1220円)。
同じくヒレかつお子様膳が23.50リンギット(約650円)。
ミドルクラスに位置する市民の感覚では決して安くはないが、月1回の家族の楽しみとしてはちょうどいい価格ではないかと思う。

経営者の異なるフロア

asean180614isetan1

そもそもこの4Fフロアは、The Japan Storeの経営区域ではない部分も日系飲食店が立ち並ぶ所である。

The Japan Storeの外は『J’s Gate Dining』という、日系飲食店の集合施設になっている。
ここも夜は大盛況と表現して差し支えない様子だった。
下の写真は、The Japan Storeのゲート前に出店している『OSAKAきっちん』である。
カウンター席の目の前で店員がお好み焼きを焼く構造だ。

asean180614isetan4

The Japan Storeの4FとJ’s Gate Dining。
経営者が異なるのはあくまでも企業の事情で、客の目から見れば「ひとつのフロア」である。
J’s Gate Dining側が賑わっていてThe Japan Store側は閑古鳥、ということが日によってあるのだろうか。
正直、それは考え難い現象だ。

だが、だからこそThe Japan Storeの他の階が問題となってしまう、ということはあるだろう。
4Fとその下の階層では、集客に明確な格差がある。
それが全体としてアンバランスな状態を生み出してしまうというのは、さすがに否定できないのではないか。

打開の鍵は飲食店が

asean180614isetan5

クールジャパン戦略に関する是非や、The Japan Storeの存在意義についての言及はこの記事では控えたい。
また、ここでの筆者の執筆は該当記事に対する「反論」ではなく、あくまでも「補足」と捉えていただきたい。
この記事の書き方に関しても、極力断定する表現は避けたつもりだ。

だが、今後のThe Japan Storeが挽回に精力を注ぐとしたら、自ずと飲食店舗が布陣の要になるはずだ。

確かに、日系レストランよりもメニュー価格が安いフードコートはたくさん存在する。
しかし、飲食分野に関しては「毎日食べるもの」と「特別な日に食べるもの」の需要がそれぞれあり、棲み分けが可能だ。

以上の理由で、マレーシアに日系飲食店が進出できる余地はまだあるのではと筆者は考えている。

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介