ホーム >  タイ > 【タイ】バンコク中所得層タイ人のリアルな食生活。1食170円の外食生活をしています。

【タイ】バンコク中所得層タイ人のリアルな食生活。1食170円の外食生活をしています。

LINEで送る
Pocket

今回は、バンコクの中所得層の人々のリアルな食生活を取材しました。
バンコクの中でも、ショッピングモールが集中する、ビジネス街(アソークなど)のタイ人を取材しています。

月収8~10万円程度のホワイトカラーのタイ人を中所得層として調査

バンコクタイは階級社会と言われており、所得差が激しくあります。
法定最低賃金(日額)は300バーツ(約1,020円)で、平均月収は9,330バーツほど(約32,000円)とのこと。
(タイ国家統計局による調査(2015年)を参考)

バンコクで働いている営業・事務・経理職の大卒初任給は5~7万円程度、3年以上実務経験がある場合は10万円程度、と言われています(人材派遣会社ネオキャリアグループのタイ法人REERACOENのタイの日系企業における大卒タイ人の初任給に関するデータ(2016年)を参考)。

今回はこの中所得層の人々の食生活にフォーカスします。

中所得層の食生活は1食170円

IMG_6714バンコクの中所得層の人々は1食平均50バーツ(170円程度)の食事をしています。
安い飲食店が充実しているので、外食が多いようです。

外食先はローカルの屋台や、ショッピングモールのフードコートが多く、タイ料理を食べています。
多国籍料理(日本や韓国など)もありますが、ほとんどが外国人向けの店舗などで200バーツ(700円程度)はしてしまうためです。

タイ人がこぞって通う人気フードコートを取材

バンコク今回はタイ人がこぞって通う人気フードコートがある、ターミナル21を取材しました。
ターミナル21はバンコクのショッピングモールが集中するビジネス街 アソーク駅にあります。
バンコク最大の日本人街であるプロンポン駅と欧米人街であるナナ駅の間にあり、安い食事を求めている日本人や韓国人などの外国人も見かけます。

フードコートは5階にあります。
ここ以外にもたくさんの外食店舗が立ち並んでいますが、安くてコスパが良いフードコートが1番混雑しています。

タイ人に一番人気なお店

バンコク

ターミナル21のフードコートには10以上の店舗があり、主にタイ料理、中華料理、マレーシア料理を食べることができます。

フードコートでは安さを売りにしているからか、日本食や欧米系の料理はありません。
味は値段相応で、量は日本人の平均体型の女性(160センチ50キロ)であれば空腹を満たせるレベルです。
日本人の男性だと少々足りないかも。
ただ、タイ人は日本人と比較すると、女性も男性も小柄で細身の方が多いため、この量で十分空腹を満たすことができます。

値段は安いもので30バーツほど(100円)で、高くても60バーツ(200円)ほどです。

私も何度も通っていますが、いつも8人以上並んでいて行列ができている人気店は、タイ料理、フルーツスムージー店、マンゴースイーツ専門店です。

バンコク

中華系やマレーシア系料理はあまり行列ができていませんでした。
どちらもタイ料理と同じ価格帯ですが、タイ人にとっては脂っこいため、タイ料理より人気がないそうです。

専用カードにチャージして支払い

バンコク

支払いは、あらかじめターミナル21のフードコートでのみ利用可能な専用カードにチャージをしておく必要があります。
チャージするには行列に並ばないといけないため面倒ですが、多くの人がこのフードコートを利用しています。

低価格なタイ料理に対してどのように優位性をつけるか

現在、中所得層のタイ人向けの日本食店はほとんどなく、日本人などの外国人や高所得層のタイ人向けとなっています。
一見新たな市場のように思えますが、1食170円のタイ料理が充実している中で、どのように優位性をつけるかが求められています。

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介