ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】ヘルシーデザートブームの火付け役になる!?マレーシア発フランチャイズ「Sunny Coco」

【カンボジア】ヘルシーデザートブームの火付け役になる!?マレーシア発フランチャイズ「Sunny Coco」

LINEで送る
Pocket

sunnycoco_02

黄色い看板が目印。極めてシンプルな商品構成の豆乳デザート店

sunnycoco_03

昨年2017年以降、プノンペン市内で散見されるようになった、黄色を基調としたポップな店舗。
ショーケースには、カップに入った商品が整然と並んでいます。

sunnycoco_04

sunnycoco_05

こちらは「Sunny Coco」という、マレーシア発の豆乳デザート店。

マレーシア国内で120店舗以上展開するほか、シンガポール、オーストラリアでもフランチャイズ展開するブランドです。

ここカンボジアでは、2016年10月に1号店をオープン。
予想以上の好反応を受け、その後は半年で4店舗オープンするなど着々と店舗数を増強。
現在ではプノンペン市内に全9店舗を展開しています。

豆乳を使ったデザートといえば、中国・台湾等の中華圏発祥で、マレーシアやシンガポール等の地域でも古くから親しまれる、豆花(ドウホウ、トウファ)がありますね。

ほんのり甘く、ツルッとしたプリン状のものにシロップや黒蜜をかけて食べる豆花は、アジアンスイーツとして、日本人にも馴染みがある一品ではないかと思います。

「Sunny Coco」の”Organic Beancurd”というメニューは、まさに豆花と言っていいでしょう。

sunnycoco_06

カンボジアの「Sunny Coco」で販売されているメニューは、プレーンな豆乳($1.60)と、トッピング等は一切ないシンプルな豆花(大: $2.50 小: $1.65)のみ。

豆花は、プレーンとコーヒー色をしたミロ味の2種類で、冷蔵ショーケースで販売されていますが、カップごと電子レンジで温めて食べることもできます。

中華系カンボジア人が多く、中国の食文化の影響を多分に受けるカンボジア。
屋台等で豆花を食べることができますが、そこまでメジャーなデザートという位置づけではありません。

そんな中、シンプルな豆乳、豆花のみにアイテムを絞って店舗展開する狙いはどこにあるのでしょう?

目指すのは健康的なライフスタイルの提案

sunnycoco_01

商品ラインナップは、ごくシンプルな豆乳・豆花のみですが、「Sunny Coco」のこだわりは、何と言ってもオーガニックであること。

有機大豆を使用しているだけでなく、豆花製造過程では、凝固剤である石膏(硫酸カルシウム)や防腐剤、着色料等の添加物が一切使われていません。
味も、ほんのりとした自然の甘さを生かしたものになっています。

バイク・車移動が中心で、日常的に体を動かすことが少ないカンボジア人。
ジョギング・ウォーキングなどで意識的に運動を取り入れようとする人の姿も見られ、一定の健康維持意識を垣間見ることができます。

一方で、食生活から健康を気遣おうとする風潮はまだあまり見られないのが現状。
屋台フードには、これでもかという程多くの甘味料や化学調味料が使用されるのが当たり前で、身体への影響や安全性を疑問視する声は殆ど挙がりません。

カンボジアの「Sunny Coco」を指揮するシンガポール人のCEOは、 健康的とはいえないカンボジア人の食生活を見て、ヘルシーデザートブランドの参入の可能性を見出したといいます。
また、「Sunny Coco」の商品を通じ、カンボジアにおけるヘルシーフード市場を牽引していきたい旨を示唆しています。

カンボジア主要都市でのさらなるフランチャイズ展開を企図

sunnycoco_08

カンボジア人がスマートフォンで眺めるものと言えば、専らFacebook。
それ位、コミュニケーションにも情報収集にもFacebookが活用されているカンボジアでは、広告・プロモーションの主軸にFacebookページを据えている企業が非常に多くなっています。

「Sunny Coco」についても、タレントを起用したショートムービーを流すなど、Facebookページでのプロモーションが盛んに行われています。

なお、消費者向けコンテンツに混ざり、フランチャイジー募集広告も頻繁に出されていることから、店舗数拡大に意欲的であることが分かります。

実際にフランチャイズ本部に問い合わせてみると、フランチャイジーとして店舗を持つ場合、加盟金は$30,000。

sunnycoco_07

加盟金には、改修済店舗、イートインスペースのソファやテーブル、冷蔵庫、電子レンジ、POSレジ、制服、看板、販促物といったものから、初期販売用の商品約3,300ドル分がすべて含まれます。

フランチャイズ本部へのロイヤリティ支払い義務はなしとのこと。
まずは採算度外視で店舗数を拡大し、ブランド認知を広めていきたいという本部の意向がうかがえます。

近年、ノウハウゼロの状態から低資金で開業できるフランチャイズビジネスは、カンボジア人の間でも徐々に一般的になってきています。
実際、現在の9店舗のオーナーはすべてカンボジア人であるとのこと。

さらには、シェムリアップ、シアヌークビルといった地方都市における店舗展開権を保有することができる、エリアフランチャイジーの募集もなされています。

「Sunny Coco」がカンボジアにおけるヘルシーデザートブランドの先駆けとなり、街中で黄色い看板を目にする日が来るのか?

今後の動向に要注目です。

————————————————————————

■Sunny Coco Cambodia
【ホームページ】http://www.sunnycococambodia.com/index.php
【Facebookページ】https://www.facebook.com/sunnycoco.cambodia/

※以下は、取材したINDEPENDENCE MONUMENT店の情報
【住所】 #31, Street 268, Sangkat Chaktomuk, Khan Daun Penh, Phnom Penh City, Cambodia.
【定休日】なし
【営業時間】7:00-21:00

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介