ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】2018年速報レポート!マレーシア最大級の第19回国際食料品飲料商談会

【マレーシア】2018年速報レポート!マレーシア最大級の第19回国際食料品飲料商談会

LINEで送る
Pocket

マレーシア最大級規模の第19回MIFB2018(国際食料飲料商談会)が6月27(水)ー29日(金)までクアラルンプール中心部にあるKLCCクアラルンプール・コンベンション・センターで開催された。

食料品や飲料などのメーカー展示と商談会を中心としたMIFB。
今回も食品製造機器、厨房関連機材、包装材、台所用品まで幅広い取扱品目が特徴で、昨年度は550社が参加した。

MIFB見本市展示会
開催場所のKLCCコンベンションセンター

最先端のフードビジネスがわかる展示

MIFBの来場者は原則的にほぼ全てが潜在顧客であるといえる。
というのも対象は一般客ではなくトレーダー(関連業種従事者&商用者)であるからだ。

MIFB見本市展示会
ASEAN圏の出展も多い

ゲートを入ってすぐ、入り口付近にはフードビジネス周辺機器などの展示が集まっていた。
最先端テクノロジーによる効率化、コストダウン、スペースダウンなどメリットを全面に押し出し、ビジターへのアピールに余念がない。

MIFB見本市展示会
急増中のカフェ用のカップなどを展示

飲食店の形態としてクアラルンプールでは、20-30代が中心となる欧米をイメージしたカフェが台頭してきている。
おしゃれな空間の店内デザインや、提供する食材もオーガニック、フェアトレードなどのこだわりが特徴だ。
そのようなトレンドが反映されているのか、テイクアウト用のペーパーカップなどのデザインにも現れていた。

マレーシアは外食文化が盛んなため、持ち帰り用の梱包材、パッケージのメーカーなどの出展も多く、そのバリエーションの豊かさも目を引いた。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。