ホーム >  ミャンマー > 【ミャンマー】牛肉忌避が多いミャンマーで、最新流行は路上ステーキ

【ミャンマー】牛肉忌避が多いミャンマーで、最新流行は路上ステーキ

LINEで送る
Pocket

以前の記事で、ミャンマーの飲食業界の流行としてマーラーシャンコウ(麻辣香鍋)を紹介した。
この流行は紹介時点からさらに爆発的に広がり、店舗数を増やすとともに個人営業の小さなカフェがメニューに加えて「マーラーシャンコウあります」と看板を出したり、さらにはマーラースープやマーラー鍋などといった名称でバリエーションも増やしている。

そんなミャンマーの最大都市ヤンゴンで、このところ話題を集めている飲食店が「ステーキ・オン・ザ・ストリート」だ。
炭火で焼いたステーキを手ごろな価格で食べられる店で、流行に敏感な若者たちの間でじわじわと口コミが広がっている。

炭火で焼く肉の香りは集客効果抜群だ。
炭火で焼く肉の香りは集客効果抜群だ。

牛ステーキがたったの500円以下

「ステーキ・オン・ザ・ストリート」の1号店ができたのは、今から約2年前。
ヤンゴンの高級住宅街バハン地区に、週末の夜だけ出る屋台としてスタートした。

レアの牛ステーキ。つけあわせは生のニンジンとマッシュポテト。
レアの牛ステーキ。つけあわせは生のニンジンとマッシュポテト。

売りはなんといっても、血も滴るレアなステーキがたった6,000チャット(約470円)で食べられること。
「安い」と評判のステーキ店でも1万チャット(約790円)以上はすることを考えると、屋台であるとはいえ破格に安い。
しかも、ヤンゴンでは輸入牛でさえけっこう歯応えのある硬い肉しかないのに、このお店の肉は国産牛を使っているにも関わらずとても柔らかでジューシーなのだ。

牛肉をあまり食べないミャンマー人

実はミャンマーでは、牛肉を食べない人が多い。
宗教的な理由ではなく、農業国だけに「農耕のために働く牛を食べるのはかわいそう」という理由だという。
しかし、同屋台周辺には海外文化慣れした地元セレブのほか外国人も多く住むため、牛ステーキの売れ行は順調。
10月から3月頃までの乾季の週末は、テイクアウトでも注文してから数時間待ちもざらという人気だった。

お揃いのTシャツやキャップでアメリカンなイメージを出している。
お揃いのTシャツやキャップでアメリカンなイメージを出している。

もちろん、牛肉を食べない人のためにポークステーキもメインメニューに並ぶ。
ポークは肩ロースと腿の内側肉の2種類から選べ、どちらもフワフワの仕上がりで4,500チャット(約360円)。
さらに、殺生を避けるべきとの宗教的理由で牛のみならず豚肉も食べない熱心な仏教徒でも食べられる魚と海老もメニューに揃えている。 

シャン族料理風に仕上げたバーベキューフィッシュ。
シャン族料理風に仕上げたバーベキューフィッシュ。

2号店は市街はずれの路面店

1号店の成功をもとに、満を持してつい最近オープンしたのが2号店。
1号店に比べ、外国人の少ない市街中心部を少し外れた西寄りのエリアに位置するが、中間層以上が利用する大型スーパーマーケットに隣接している。

屋台ではなく路面店で、駐車場のような平地に屋根を設置しているが壁はない。
テーブルセットは1号店と同じ木箱をイメージした比較的簡易なもので、道路標識を立てたりウォールペインティングを施すなどしてストリート感を演出している。

ストリート風にまとめた2号店。
ストリート風にまとめた2号店。

「高級料理を屋台で」がコンセプト

「ステーキ・オン・ザ・ストリート」を経営するのは、友人同士という4名のミャンマー人。
そのうちのひとり、ゾウセットさんにお話を伺った。

「私たちはみんなエンジニアで、レストラン経営は本職ではありません。
全員シンガポールやバンコクで働いていた経験があり、帰国してからも4人でよく飲み会を開いていました。
仲間のひとりは料理好きで、みんなのためにいつも料理してくれていたんですが、こんなに毎日のように飲み会をやるなら店でも始めようよ、という話になったのがきっかけです」。

2号店も壁はないは屋根はあるので、雨季でも問題ない。
2号店も壁はないが屋根はあるので、雨季でも問題ない。

シンガポールやタイの飲食事情に詳しい彼らは、まだミャンマーにはない業態の店をやりたいと、「高級店でしか食べられない料理を屋台で安く出す」をコンセプトにすることを決定。
さらに検討を重ね、路上ステーキに行き着いた。
民主化が進み在住外国人が増えていることや、若い人を中心に牛肉を食べる人が多くなってきた事情も考慮したという。

肉の柔らかさについては、「レシピについては秘密」としつつもザウセットさんはこう説明してくれた。

「肉は1頭からわずかな部分しかとれない特に柔らかい部位を使っています。
しかも、買ってきた肉のうち質のよくない3割ほどの部位は破棄。
厳選した肉だけを特製のタレに48時間以上漬け込み、さらに柔らかく仕上げているんです」。

新たな食カテゴリーの誕生となるか!?

同店は初期費用がさほどかかっていないため、適切な土地さえ見つかれば店舗数を増やすことも可能だろう。
また、マーラーシャンコーの例でもわかるように、ミャンマーではある業態の店が当たれば類似店がどんどんできる。
この路上ステーキ店も、あっという間にヤンゴン中に広がっていくかもしれない。

路面店も屋台店と同じ使い捨ての食器を使用。
路面店も屋台店と同じ使い捨ての食器を使用。

さらにいえば、「高級料理を屋台で」というコンセプトであれば、ステーキ以外にも高級飲茶やイタリアンなど、様々な料理が考えられる。
同店は今後のヤンゴンのストリートフード改革の第一歩となるのか。
今後の動向に注目したい。

——————————————————————————————————

Steak on the Street (Inya Branch)

住所:Shwe Taung Kyar Rd. (Near Market Place), Bahan Tsp., Yangon

営業時間:16:00~22:00

休業日:月~金曜

——————————————————————————————————

Steak on the Street (Waizayantar Branch)

住所:Waizayantar Rd. (Nest to Citymart), Thingangyun Tsp., Yangon

営業時間:11:45~21:00

休業日:なし

電話:09-7779-99296

URL:https://www.facebook.com/STEAK-on-the-Street-399475947144657/

——————————————————————————————————

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介