ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】シンガポールのトレンドフードから見るシンガポリアンの健康意識

【シンガポール】シンガポールのトレンドフードから見るシンガポリアンの健康意識

LINEで送る
Pocket

シンガポールで今HOTなフードは「カスタマイズ・ボウル」

2016年に表参道に上陸し、話題となったシンガポール発のサラダ専門店SALADSTOPをご存知でしょうか?

形状(ラップランド、丼、サラダ)トッピング、ドレッシングのそれぞれから好きなものを選択して、自分だけのオリジナルサラダが作れるサラダ専門店です。

このような「カスタマイズ・ボウル」を作れるお店は日本ではまだまだ少ないですが、シンガポールには数多く存在します。

例えば「THE DAILY CUT」

最近オープンしたタンジョンパガーの駅ビル「タンジョンパガー・センター」に入っているサラダ専門店です。

ベース(米/パスタ/キヌア/レタスetc)、プロテイン、サプリメント(野菜)、トッピング(ゴマ/ナッツetc)、ドレッシング、それぞれのカテゴリから好きなものを選択して自分好みのオリジナルサラダを作れる店で、連日若い女性は勿論、サラリーマンも並んでいる人気店です。

はじめに「プロテイン」と聞いた時、筋トレの後に飲む粉をイメージしたのですが、「たんぱく質が豊富な食材」のことで、チキンやサーモンなどのことを指します。

オーダーの仕方は簡単。

店の入り口に置いてある用紙に記載されている具材の中から好きなものをチェックして、店員さんに渡すだけ。

一番安いものは、ハーフプロテインと、2種類の具材を選ぶもので、$9(約720円)。
1種類につき$1払えば、具材を追加できます。

同じくタンジョンパガーにオープンした商業施設「Downtown Gallery」に入っているWafuken

料理に全く和風要素がないにも関わらず、なぜか「和風軒」という名前なのが面白い。

こちらも「THE DAILY CUT」同様、好きな具材を選択して「カスタマイズ・ボウル」を作ることができます。

こちらのお店はサーモン$10、ブロッコリー$2.5のように、具材ごとに値段が決まっています。

キヌア、鶏肉、グリル野菜、枝豆をチョイスしたこちらの「カスタマイズ・ボウル」のお値段は$10(約800円)。

サラダ以外にも、オリジナルの「poke丼(ポキ丼)」を作れるお店も人気です。
魚介類の切身に、塩や醤油を混ぜ込んで調味したハワイ料理です。

数あるポキ丼店の中でもメジャーなのが「Poke Lulu」

通常ポキ丼と言えば、米の上に魚介類が乗っているのですが、シンガポールのポキ丼では、ベースを米(白米 or 雑穀米 or 両方)だけでなく、レタスにすることもできます。

「最近食べ過ぎだな~」「野菜不足だな~」という時にはレタスをベースにすれば、ポキ丼ならぬポキレタスの出来上がりです。

ヘルシーフード大国と思いきや、実は糖尿病患者の多さが課題に

「ヘルシーな料理を提供するお店がこんなに沢山あって、シンガポールはなんて健康な国なんだ!」と思いきや、実は糖尿病罹患率が非常に高いことが近年シンガポールで問題になっています。

それもそのはず。
シンガポール人はとにかく甘いものが好き。

シンガポールで市販のお茶やソフトドリンクを購入すると、その甘さにびっくりすることでしょう。

シンガポールの定番朝ごはん

破壊的カロリーのフード「カヤトースト」(パンにバターとカヤジャムをたっぷり塗った甘~いパン)

コーヒーに、砂糖とコンデンスミルクを「これでもか!」というくらい入れた「Kopi-O」など、

とにかくハイカロリーなドリンクやスイーツが多い!

そんな中、昨年2017年8月の建国記念日の首相演説において、「健康的な生活のススメ」という演説がなされ、話題となりました。

特に首相からの指摘を受けたのが清涼飲料水。
2020年から、砂糖の含有量を12%未満に制限するという規制が導入されることが発表されました。

食事制限ではなく、運動と食事で健康的なボディーを

このような状況だからこそ、国民(特に若い人たち)の健康に対する意識は高まっており、自分の身体状態に合わせた料理をオーダーできる「カスタマイズ・ボウル」を提供する店が増えてきているのでしょう。

また、近年シンガポールではヘルシーフードだけでなく、エクササイズも人気になっています。

街を歩けばそこら中にジムがあり(日本で流行中の B-monster みたいなものも)、

朝や夕方にはヨガやワークアウトなど、様々なイベントが街のいたる所で開催されています。

また、「KFITというアプリがあり、月会費約8千円を支払って会員になれば、提携ジム(ダンススクールやヨガスタジオ等を含む)に月10回通うことができます(好きなだけ通えるプランもあり)。

ちなみに日本だと「太っているからジムに行く」「痩せていれば運動しなくていい」という考え方がメジャーですが、シンガポールでは「筋肉をつけるためにジムに行く」「リフレッシュするために運動する」というのが一般的な考えです。

街中でランニングしている人たちは、男女問わず皆魅力的な身体の持ち主です。

食事制限等の無理なダイエットではなく、運動と栄養バランスの取れた食事で、健康的な身体を手に入れる。

そんな理想的なライフスタイルが、ここシンガポールにはあります。

 

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介