ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】マレーシア独特のコーヒー!?コピを楽しむには?

【マレーシア】マレーシア独特のコーヒー!?コピを楽しむには?

LINEで送る
Pocket

マレーシア独特のコーヒー文化?

IMG_5542

イタリアのエスプレッソや、ベトナムのベトナムコーヒーに代表されるように、その国独特のコーヒー文化があります。

同じコーヒー豆から作られたのだろうか?と思うほどに、入れる方法によってコーヒーの味や楽しみ方が変わってくるから不思議です。

世界的にはあまり有名ではありませんが、マレーシアにも独特のコーヒー文化があります。

その名もコピ!
筆者はコピという響きが可愛くて、個人的にとても気に入っています。

コピって何?

360e76fe-f345-4d4b-9887-65891c9e5f73

マレーシアの喫茶店などで出されるコピですが、私たちがイメージしているコーヒーが出てくると思ったらちょっとびっくりするかもしれません。

注文して出てきたコピは、私たちが普段飲むコーヒー(アメリカンなど)に比べ、コーヒーの黒が濃いめに出ていて透明感もありません。

そして(これはそう感じるだけなのかもしれませんが)少しどろっとしているような気がします。

コピの下には、グラニュー糖か練乳がたまっています。
それをかき混ぜながら自分の好きな甘さに調節して飲みます。

筆者は初めてコピを注文したとき、正直ショックを受けました。「コーヒーを飲みたい!」と思って注文したのですが、出てきたもの、味、風味共に、筆者のイメージするコーヒーとは全くかけ離れたものだったからです。

これは筆者のコピに対する理解が欠けていたから起こったハプニング。

コピとはどんなものなのか理解することによって、美味しく飲むことができます。

独特の焙煎方法に迫る!

コピが独特の飲み物になっている理由の1つに、コーヒー豆の焙煎の仕方が関係しています。

マレーシアのコーヒー豆は2段階で焙煎されています。
1回目は普通に焙煎するのですが、2回目に焙煎するときに、マーガリン、砂糖などを混ぜるのです(もしくはパームオイル)。

これは、マレーシアで栽培されるコーヒー豆の種類が関係しているようです。

マレーシアで栽培されるコーヒー豆はリベリカ種。
世界の中でも珍しい種類です。
このリベリカ種、他のコーヒー豆の種に比べ、風味が劣るという特徴があるんです。

日本で行われているような焙煎方法だと、コーヒー豆に雑味が残り、美味しい風味にならないのだとか。
そこで、2段階焙煎を行い、コーヒー豆に独特の風味をつけるのです。

筆者は以前、実際にコーヒー豆を焙煎している工場に行ったことがあります。
このとき「マーガリンが入っていないものを」と注文したのですが、「そんなものはない」との返事が返ってきました。

マーガリンを入れて焙煎する!これはマレーシアでは当たり前のことだという印象を受けました。

コピはどこで買うことができるの?

このようにして仕上がった独特のコーヒー豆から入れたコピは、マレーシアの喫茶店や、フードコートなどで注文することができます。

また、コーヒー豆を買いたい場合は、スーパーマーケットなどでも普通に売られています。

IMG_5541

パックとして売り出されているコーヒー豆

コーヒー豆として売られていることもあれば、麦茶のようにパック売りになって売り出されていることもあります。

お試しで買ってみたり、お土産に持ち帰ることも可能です。

コピを楽しむにはローカル流で!

そんなコピ、やはりマレーシア流に飲むのが一番であると感じています。

つまり、練乳や砂糖を入れて飲むこと!
この方法で飲むと、コピの魅力を味わうことができます。

逆に、普段飲むコーヒーにこだわってコピを飲もうとすると、いつまでたっても好きになれないような気がするので、全く別の飲み物と考えたほうが良いでしょう。

 

同じコーヒー豆でも国や文化の違いによって焙煎の仕方、入れ方、飲み方が違うのですから、奥が深いです。

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介