ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】街中がフード一色!シンガポール・フード・フェスティバル速報

【シンガポール】街中がフード一色!シンガポール・フード・フェスティバル速報

LINEで送る
Pocket

毎年恒例の「シンガポール・フード・フェスティバル」とは?!

シンガポールで毎年7月から8月にかけて行われる「シンガポール・フード・フェスティバル(SFF)」

イベント期間中は広場に特設ステージができたり、シンガポールの人気レストランやホテルがSFFコラボメニューを提供したり、ワークショップが開催されたりと、シンガポールの至る所で様々な食イベントが実施されます。

1994年から始まったこのイベントは、シンガポールのローカル料理はもちろん、世界各国のグルメを堪能できるとあって、地元の人からも観光客からも大人気です。

この人気イベントを現地で体験してきたので、レポートしたいと思います!

看板イベント「STREAT(ストリート)」

SFFのオープニングイベントとなったのは「STREAT」

マリーナベイサンズとフラートンホテルが見渡せるEmpress Placeにシンガポールの人気飲食店が集結しました。

今年の目玉は「アジアNo.1のバー」の称号を手にしたバー「Manhattan」

バーテンダーの方が目の前でカクテルを作ってくれます。

ドリンクを提供するだけでなく、Manhattanのバーテンダーがカクテルの作り方をレクチャーするワークショップなども開催されました。

会場内には特設ステージが設置され、生演奏を聴きながら美味しい料理を堪能することができました。

ちなみにSFFは全てキャッシュレスとなっており、受付でカードに好きな金額をチャージして、お店ではカードで決済する、というスタイルを取っていました。

「SENTOSA GRILL FEST」

セントーサ島にあるSiloso Beachにグリル料理を提供するお店が集結しました。

音楽隊がストリートを歩くなど、楽しい空間が作り出されていました。

夜はフェアリーライトが灯されムーディーな雰囲気に。

色んなお店が出店していて何を食べようか悩みましたが、今回はインドネシア名物のサテを購入し、カクテルと共にほろ酔い気分で楽しみました。

「ザ・50セント・フェスト」

SFFで最も人気なイベントが「チャイナタウン・フード・ストリート」で行われる「ザ・50セント・フェスト」

少量のフードを50セント(約40円)という格安価格で購入することができます。

「少量の料理を少しずつ食べたい」という女子にはうってつけのイベントです。

このように紙コップに入った少量の料理を50セントで購入することができます。

フードフェスティバル一番人気のイベントという事でストリートは激混み!

行かれる方は、もみくちゃ状態になること覚悟の上で行ってみてくださいね。

Curry Day

シンガポールを代表するカリーパフ(シンガポールの国民的おやつで、揚げた半円状のパイの中に、カレー味のチキンが入っているホットスナック)を販売する人気店「Old Chang Kee」が主催するカレーイベント。

カリーパフを作るイベントが実施されたり、

世界各国から集められた様々なスパイスが販売されていたり、

カレーパフグッズが販売されていたり(カリーパフクッション可愛い♡)

と、イベント会場は盛り上がっていました。

こちらがOld Chang Keeのカリーパフ。

サクッと揚がった厚めの皮に、つぶしたジャガイモ、チキンなど具沢山のカレーがぎっしり詰まっていて、満腹感のある一品です。

ワークショップや体験イベントなども充実

「料理を食べるだけでなく、その背景を学んだり、体験したい」という方にピッタリなイベントも沢山用意されていました。

例えばプラナカン文化から生まれたカラフルなローカルスイーツを作るイベントだったり、

ビールを飲みながらヨガをするビールヨガや、

「食」をテーマにした映画を鑑賞しながら、美味しい料理を食べるイベントなど、沢山の体験イベントが開催されました。

シンガポールの豊かな食文化が体験できるSingapore Food Festival。

グルメ好きにはたまらないこのイベント、是非一度シンガポールで体感してみてください!

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介