ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】【展示会レポート】試食でアピール!テイストフリー・エキスポ2018

【マレーシア】【展示会レポート】試食でアピール!テイストフリー・エキスポ2018

LINEで送る
Pocket

マレーシア各地で開催されている一般消費者向けの食品飲料展示会テイストフリー(Tastefully)
今回は2018年7月27(金)-29日(日)にクアラルンプールのミッドバレー・エキシビジョン・センター(Mid Valley Exhibition Center)で開催された同エキスポを取材した。

マレーシアの食エキスポ

入場無料で試食やお買い得商品が目玉の展示会

マレーシアで食に関して消費者に訴求するプロモーション。
日本同様に、土日のスーパーやショッピングモールなどではデモンストレーション販売(来店者に試食などをすすめて商品を購入してもらうための販売方法)を見かけることも多い。

自社製品を最低限に効率よく消費者にアピールすることが、このテイストフリーの目的である。

マレーシアの食エキスポ

「飲食全般における販売促進のためのプラットフォームを提供するというのが私たちの一番の目的ですね。販売側と消費者をダイレクトにつなぐことで、直接的なアピールを可能にすると毎回好評を得ています。」と主催のLanceford Exhibition(M) Sdn Bhdのマーケッティング・ディレクターのエスター・フォン(Esther Fong)氏は語った。

確かに販売する側と買う側の双方の距離が近く、展示会というよりは大規模直接販売といった印象が強い。
一度にRM100(約2,713円)以上購入したレシートを持参で、くじ引きに参加できる、あるいは用意された商品(主にリュックサック、ウォーターボトル、クーラーバックなど)をRM1(約27円)で購入できるといったイベントも用意されていた。

2010年に始まって以来、展示会開催はすでに30回を超えており、国内だけにとどまらず、東南アジアをはじめ、日本、台湾、韓国などからの参加も増えている。

食のクオリティにも関心が高い中間層

インスタント食品やスナック菓子などのメーカーの出展も多いのだが、目立っていたのは中間層以上にむけた商品。

マレーシアの食エキスポ

他の展示会やエキスポでも同様だが、キーワードはグルテンフリー、オーガニック等で、健康志向に関心が高まりつつあるような印象をうける。

ローカルフードや美食に興味を示す反面、栄養や食のバランスがよく、多少高価でも安心で安全なものを食べたいと考える人々が増えてきているようだ。

逆輸入となるか 日本食材を使った商品

マレーシアでは、日本の食品は人気が高い。
多少値段が高くても、信頼されているような印象を受ける。

マレーシアの食エキスポ

それをふまえて最近増えてきたのが商品を輸入するだけではなく、日本由来の素材を使ってマレーシア人好みのスナックなどを製造する企業

例えば日本のそら豆を使用していることを全面に押し出したヘルシースナック「相思豆」(YOLB TRADING)は、のり、オリジナル、わさび、BBQと4つのフレーバーで展開。

マレーシアの食エキスポ

IMG_2864

和風の味付けながら、マレーシア人が好むカリっとした食感の豆スナックといった商品になっている。
試食をしたあと、購入する来場者が多く見受けられた。

テイストフリーでは、消費者が実際にどのような味を求めているかをリサーチする絶好の機会にもなっている。

日本茶のホンモノの味を広める

茶どころとして知られる岐阜県白川町。
有限会社白川町農業開発は地域特産品の美濃白川茶をマレーシアの人に知ってもらおうと今回初出展した。

マレーシアの食エキスポ

「マレーシアでも、ぜひホンモノの日本茶の美味しさを知ってもらいたい」と語るのは同社の特産品販路拡大専門監・渡辺憲正(わたなべかずまさ)氏

マレーシアでも抹茶、緑茶、ほうじ茶と日本茶は定番となり、スイーツやパンなどにも使われている。
しかし、その中には日本以外で製造された日本茶も多く見受けられる。

茶の試飲コーナーには、ローカルが多く集まってきて、日本茶本来の味を堪能していた。

屋台のストリートフードも出展

屋台街(ホーカーズ)で食べることができるストリートフードがあるのも、どこかマレーシアらしい。
台湾かき氷、焼き鳥、肉まんなどが、ローカル価格で販売しており、人だかりができていた。

マレーシアの食エキスポ

マレーシアの食エキスポ

マレーシアの食エキスポ

会場があるミッドバレー・メガモール( Mid Valley Megamall)は、高級モールで飲食店の価格設定も高め。
入場無料ではあるが、外に出ることなく食事ができる利便性のせいか、時間帯によっては長い行列ができるほどだった。

マレーシアの食エキスポ

とにかく人が多く、すれ違うのもやっとのブースもあった今回の展示会。

マレーシアに出店する前にポップアップレストランやアンテナショップといった感覚で、このような展示会に参加し、現地の手応えを確認するのも一つの方法ではないかと感じた。

テイストフリー(Tastefully)
公式URL:https://www.tastefullyexpo.com/
※今後の開催スケジュール等は公式サイト参照

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介