ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】意外と癖になる!という人も多い青いご飯…。ナシクラブをご紹介!

【マレーシア】意外と癖になる!という人も多い青いご飯…。ナシクラブをご紹介!

LINEで送る
Pocket

使っているお米の種類こそ違いますが、マレーシアは日本と同じお米文化です。
そのため、色々なごはん料理があります。

その中でも代表的なものはナシゴレン、ナシラマですが、今回は青いご飯としてローカルにも観光客にも人気のナシクラブをご紹介します。

ナシクラブとは?

dcb5603a-e477-4397-b5fa-7abddc1d8b75

ナシクラブは、マレー半島東海岸沿いにある、クアラトレンガヌという街の郷土料理です。
クアラトレンガヌにはリゾートアイランドがあるので、ローカルや観光客に大人気の街です。

そして、今でも多くのマレー文化が色濃く残った街でもあります。

IMG_5768

真っ青のご飯

そんな街の郷土料理の1つであるナシクラブですが、初めて見たときにびっくりする人が多いんです。
それもそのはず!
真っ青のご飯なんです!

青いご飯の正体は?

c602939c-7249-4813-a6f0-893149434195

この青い色は、マレーシアではどこでも見ることができる、チョウマメの花からとられています。
とても鮮やかな青色なので、筆者は日本でよく見かけるツユクサの大きなサイズというイメージを持っています。

チョウマメはマメ科の植物です。
よく見てみると、花の形、葉や茎の伸び方などはインゲン豆ともよく似ているような……。

チョウマメは体にいいと言われていますが、特に目が疲れたときに効果があるのだそう。

ローカルはチョウマメの花を摘んでお湯をそそぎ、お茶にして飲んだりしています。
お湯を注ぐと色が一気に青くなり、鮮やかなチョウマメティーが出来上がるんです!

そんなチョウマメを使って炊き上げたお米ですから、鮮やかな青色に染まるのも頷けます(染料を使って染めているわけではないので安心ですね)。

ナシクラブを注文してみよう!

1b55a6c9-9b9f-4a69-af1f-103f25656960

実際に具を乗せている様子

ナシクラブを注文すると、お店の人が紙にご飯を乗せ、その上に具材を乗せてくれます。

52910bdf-0baa-46a3-b585-ef42e40778d2

具材は、生のもやし、刻んだキャベツ、ハーブ、サンバソース、ソルティーエッグ(塩卵)、クロポ(魚のすり身で作った揚げせんべいみたいなもの)、魚フレークなどが乗せられています。
追加でフライドチキンや魚を乗せることも。

たまに、自分の好みで具材を選ぶことができますが、大抵のお店は追加の具材以外はお店の方にお任せします。

ナシクラブを食べた感想は?

9c132b77-e5f9-48da-9e9c-e2385b03416c

具材とご飯を混ぜながら食べましょう。
手で食べるのがマレーシア流ですが、慣れない人のためにスプーンとフォークがついています。

どの料理にも言えることですが、ナシクラブを「美味しい!」と思う人もいれば「なかなか馴染めない」と感じる人もいます。

好きな人に聞いてみると「ハーブやもやしのシャキシャキ感がさっぱりしていて美味しい」という意見でした。

マレー料理はこってりなものが多いのに対し、このナシクラブはシャキシャキ感が残る野菜をご飯と一緒に食べることができ、あっさりとした印象になります。

ナシクラブに馴染めないと感じる人は、生のもやしとご飯を混ぜ込んで食べることに違和感を覚えるようです。

実は、筆者も初めは「ナシクラブ」にすぐには馴染めなかったうちの1人です。
ナシクラブのどこが嫌いというわけではなく、他に美味しい料理があったので、わざわざナシクラブを食べなくても大丈夫だったという理由です。

しかし、食べるうちにハーブを含む野菜のさっぱり感とご飯、魚フレークとの相性が絶妙であることに気づきました。
矛盾しているようですが、あっさりしているのに、濃い味を感じることができます。

ナシクラブ を日本食で表すと?

筆者の個人的な意見ですが、ナシクラブ は日本でいう讃岐うどんのような位置付けだと感じています。
もともと讃岐うどんの発祥は四国で、現地に行けば本場の美味しいうどんを食べることができます。
しかし、讃岐うどんは今や有名になりすぎていて、日本全国にお店が展開されています。
日本を訪れる外国人は、讃岐うどんの発祥の地を知っているかどうかに関わりなく、美味しい日本食として讃岐うどんを楽しんでいる方がほとんどです。

ナシクラブ も、地元の人にとっては自慢の郷土料理ですが、マレーシア全体で受け入れられる人気の食べ物になってきています。
今や、マレーシアを宣伝するポスターにナシクラブの写真が使われることさえあります。
それくらいナシクラブ はマレーシアの象徴になりつつあるのだと思います。

ナシクラブを食べてみよう!

5fe5c1ac-f411-4003-b747-827fec2c9ada

ナシクラブはクアラトレンガヌやコタバルを中心としたマレー半島東海岸沿いに展開しています。

東海岸沿いの街に行くと、ワロンと呼ばれるテント式屋台のお店があり、あちこちでナシクラブ を売っているところを見かけます。
最近はクアラルンプールやジョホールバル、ペナン島といった比較的大きな街でもナシクラブ を出しているお店を見かけます。

写真映えもしますし、何より、青い色のご飯を食べているという特別感がなんとも言えません。
マレーシアを代表するご飯の1つだと思いますので、皆さんもぜひ食べてみて下さい!

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介