ホーム >  タイ > 【タイ】バンコクの27歳ノマド起業家の生態と食生活

【タイ】バンコクの27歳ノマド起業家の生態と食生活

LINEで送る
Pocket

現在、新興国で起業する日本人が増えています。
その中でも、最も栄えている国の1つであるタイで起業している日本人の生活を調査しました。

バンコクのノマド起業家

スクリーンショット 2561-08-12 20.31.25

今回調査したのは染谷佳佑さん(27歳)です。
染谷さんは大学時代から学生起業をして、新卒でリクルートに入社、営業でMVPを獲得したのちに2年で退職して再度起業しています。

バンコクでは起業家よりもノマドフリーランスが増加中

スクリーンショット 2561-08-12 12.01.09

染谷さんは現在バンコクで起業家・フリーランスコミュニティ(iSara)を立ち上げています。

タイでの起業はハードルが高いため、起業家は増えているとは言えませんが、フリーランスやノマドワーカーは増えています。
染谷さんはこのような自由に仕事ができるノマドフリーランスを育てつつ、自身もノマドとして様々な国を移動しながら生活しています。
現在はバンコク郊外に立地するフリーランスシェアハウスiSara HOUSEに拠点を置いて生活をしています。

学生時代から15以上のビジネスを立ち上げ

染谷さんは、これまで15以上のビジネスを行っています。
学生時代から営業代理店業、合同説明会などのイベント開催業、WEB制作業などのビジネスを行ってきました。

リクルートでMVPを獲得後に退職し海外ノマドにIMG_1139-768x576

大学卒業後は新卒でリクルートに就職し、営業でMVPを獲得後に24歳で退職しています。
24歳で退職は若いと思われるかもしれませんが、人材業界では未経験の業界に転職できるのが27歳までと言われているため、気軽に退職できたそうです。

その後、20代はリスクが少ないため早めに海外移住をしてみたいと思い、半年ほど海外を放浪しつつ、サイト運営をしたり、企業向けの採用コンサル、営業コンサル業などの事業を行っていました。
全てリモートでできる作業だったので、ノマド生活しながら行うことが可能でした。

現在はwebサイト運営、企業の採用コンサルティング業、コミュニティ運営(iSara)を行う

現在はリモートで、人材コンサル事業、アフィリエイト(サイト運営)を、バンコクで起業家・フリーランスコミュニティ(iSara)を構築しています。

バンコクの起業家・フリーランスコミュニティ(iSara)とは

スクリーンショット 2561-08-12 11.34.48

染谷さんが複数行なっている事業の中で、バンコクに拠点を置いている起業家・フリーランスコミュニティ(iSara)事業を紹介します。

iSaraは、2か月でノマドフリーランスエンジニアを育てる事業です。
筆者も2018年7月に3期生として参加しましたが、参加者の8割が講座終了後10日以内に受注することができました。
16人の定員に対して400人が応募してきたほど人気です(実際参加できたのは17人のみ)。

また、iSaraはシェアハウス事業を行なっています。
バンコク郊外にあるため物価が安く、家賃や食費、そのほか生活費などを合わせて月5万円程度で生活できます。
シェアハウスの住人はほとんどが20代のフリーランスエンジニアです。

染谷さんは、今後は世界中にiSaraのような固定費を下げて住めるノマドワーカー向けのシェアハウスやコワーキングスペースを展開していくそうです。

716

iSaraの立ち上げメンバーは以下4人ですが、全員が月7桁を稼いでいるというから驚きです。

isara代表:学生起業後にリクルートに入社、再度バンコクで起業をしている染谷佳佑さん(27歳)
twitter(@Keisukexlife)、ブログ
isara副代表:21歳で月収800万円を稼いだアフィリエイターの成田雄輝さん(26歳)
twitter(@yukithaihalf)、ブログ
メンバー:ウェブディレクターをしつつ複数の新規事業を立ち上げている大滝昇平さん(27歳)
twitter(@showheyohtaki )、ブログ
メンバー:海外在住日本人で最もPVの多いブロガー/アフィリエイターの一人である坂内学さん(28歳)
twitter(@manabubannai)、ブログ

1日の生活は?

スクリーンショット 2561-08-12 19.44.07

9:00  起床
9:30  朝食兼昼食
10:00 カフェで仕事、読書、発信
17:00 帰宅、夕食
18:00 仕事をしながらシェアハウスのメンバーとゲームや談笑
23:00 風呂、就寝準備
24:00 睡眠

毎日が休日のようなもので、休日と平日の区別は特にないそうです。
仕事以外はシェアハウスの友達と遊ぶ、旅行、読書やtwitterをしています。

収入は月7桁でも生活費は月5万円

S__27959300

バンコクでは物価が安いこと、周辺国への旅行や遊びの費用も安いことから、染谷さんの月々の支出は約5万円のみです。
染谷さんをはじめとするiSaraの住人は、余ったお金は本の購入などスキルアップの費用として使うそうです。

染谷さんの月々の支出
・家賃:2万円/月
・食費:2万円/月
・本やnote・雑費:1万円/月

バンコクの27歳ノマド起業家の食生活

1日約650円のタイ料理中心の食生活

IMG_7498

タイ料理が中心で、日本食は週1で食べています。
タイ料理は空芯菜炒め、タイラーメン、チャーハンを200円以内で、日本食は付近のショッピングモールで500-700円ほどで食べることができます。

1日の食生活
染谷さんの他にも同じシェアハウスのノマドワーカーは同じような食生活をしています。
(例)
朝&昼:コンフレーク:100円
おやつ:チョコ、コーヒー:100円
夜:サラダ、パスタ:450円
合計:650円

染谷さんは食べ物にこだわりはない方とのことですが、バンコクでは魚が多くないので、日本食の魚が食べたいとのことです。

今後バンコクで日本人ノマドフリーランスが増える!

スクリーンショット 2561-08-12 19.40.31

現在世界中でフリーランスが増加中です。
世界各国の都市の中でも、バンコクはノマド生活のしやすさで常にトップレベルの評判です。
物価の安さ、wifiの速さ、治安の良さからノマドフリーランスにとって住みやすい都市と言われています。

今後バンコクで増加するであろう日本人フリーランス向けに事業展開が期待できそうです。

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介