ホーム >  タイ > 【タイ】バンコクのフリーランスウェブディレクターの実態と食生活

【タイ】バンコクのフリーランスウェブディレクターの実態と食生活

LINEで送る
Pocket

現在バンコクではフリーランスが増加しています。
フリーランスとは、会社や団体などに所属せず、仕事に応じて自由に契約する人のことです。

今回はバンコクでフリーランスウェブディレクターをしている日本人を調査しました。

バンコクのフリーランスウェブディレクターの実態

バンコク

今回調査したのは、フリーランスウェブディレクターの大滝昇平(27歳)さんです。
東京の会社に属し、リモートで仕事をしながらディレクターをしています。

ウェブディレクターとは?

主にウェブサービスやウェブサイトの構築などの案件をディレクションする役割を指します。
大滝さんは元々プログラマー、デザイナーとしてこれらの案件を一人でこなしており、技術的なスキルや経験があるため、リモート作でもウェブディレクターとしてリーダーシップを発揮しています。

新卒で産業ロボットの会社に

バンコク

大滝さんは「新興国で高度経済成長を支えられるサービスを作りたい」との想いから新卒で産業ロボットの会社に入社しました。
しかし、内定をもらった直後に交通事故に遭い、死や将来と向き合う中で「大学卒業したら就職するのが当たり前」という概念を疑い始めました。
「海外駐在のポジションは30代で、それまでは修行」という慣習の会社で20代を終わらせたくないという想いから、1年で退職しました。

プログラミングが自分の想いを叶えられるものだと確信を得る

その後、フィリピン留学中にボランティアをする中で「プログラミングが自分の想いを最も叶えられるものだ」と確信を得たため、エンジニアになる決意をしました。

そのボランティアでは、15歳の裕福な家庭の女の子が同年代の貧しい女の子に対してボランティアをしていました。
「歳はほぼ同じなのに生まれた環境が違うと差がついてしまう現実を解決したい」「プログラミングであれば、貧しくて学校に行けなくともスキルさえあれば可能性を広げられる」と考え、まずは自分がエンジニアになることを決意しました。

プログラミング、デザインを一人でこなしつつディレクターに

バンコク

その後日本のウェブ制作会社である株式会社イーガオに転職し、3年前からエンジニア・デザイナー、2年前からウェブディレクターになりました。
1年前からバンコクでフリーランスを始めつつ、リモートで社員をしています。

現在はクリエイター支援、山岳民族支援など複数の新規事業を立ち上げ中

現在はディレクターとして案件を回しつつも、様々な新規事業を立ち上げています。

クリエイター支援

バンコク

音楽家が音楽だけで食べていけるように、フリーランスが下請けとして搾取されるのではなく、クリエイターとして独立できるよう支援しています。

具体的には、
・アカペラバンド「ユナイテッドサンタ」のプロデューサー
・フリーランス案件獲得支援のハタラク、フリーランスの交流支援のLancepod(開発中)
・WEBクリエイター集団CLAYの立ち上げ
・フリーランスエンジニア志望者の質問にyoutube配信で答えるエンジニア生放送講師
・フリーランスが案件獲得をしやすいwordpressテーマを制作
・フリーランスエンジニア育成講座iSaraの講師
iSaraではメインエンジニア講師としてプログラミングや案件の取り方などを教え、フリーランスエンジニアを育てています。

新興国の支援

バンコク
大学時代からの想いである新興国の支援をしています。
職がない新興国の人々の自立支援や、従来のNPOが行う新興国への食物や服など物理的支援ではなく体験の支援を進めています。

具体的には、
・タイの山岳民族と一緒にトートバック制作
・体験をプレゼントするNPO(進行中)

1日の流れ

バンコク

11:00 起床&読書
12:00 昼食
12:30 ディレクション
19:00 夕食
19:30 仕事、twitterやゲーム
24:00 就寝

大滝さんはiSaraというバンコク郊外の20代のフリーランスが集まるシェアハウスに住んでいます。

平日と休日の区別はなく、「今日休む」と突然決めた日が休日になるそうです。
休日は読書やtwitter、市内に遊びに行き食事をしたり高級ホテルに泊まります。

支出の割合

バンコク

タイでの生活費5万円/月
・食事2万円
・家賃2万円
・雑費1万円

スキルやアセット、旅行に13万円/月
・Noteや本
・仕事用に借りてるサーバー・ドメイン代
・wordpressテーマ購入費用
・デザインソフト費用
・旅行費

その他日本に仕送り(ご結婚されているので、日本在住の奥さんに仕送りをしています)

気になる食生活

タイ料理中心の食生活

バンコク

基本はタイ料理で、日本料理は週1で食べています。

(例)
朝&昼:カップラーメン、パイナップル:80円
カフェラテ:100円
夜:野菜スープ、ライス、焼き鳥(市場):200円

自炊は全くせず、全て外食ですが、2食のうちどちらかは野菜中心になるようにしています。
タイ料理ばかりなので飽きがきて少食になっていますが、「毎日日本食が食べたい!」と思うほど苦ではないようです。

タイでの食事に特に不満はないそうですが、バンコク郊外(ドンムアン空港付近)に住んでいるため、近くにラーメン屋が欲しいとのことです。

今後もウェブ系のフリーランスが増加しそうです。

バンコク

大滝さんの生活モデルを参考に、日本人フリーランス向けの事業を考えてみてはいかがでしょうか?

大滝さんのTwitter(@showheyohtaki )、ブログを見るとバンコクのフリーランスの様子がよく分かります。
是非ご覧ください。

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介