ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】プノンペンのコスパ最強ホステル“One Stop Hostel”に泊まってみた

【カンボジア】プノンペンのコスパ最強ホステル“One Stop Hostel”に泊まってみた

LINEで送る
Pocket

IMG_3094カンボジアには多くのバックパッカーたちが訪れます。
長い期間旅するバックパッカーにとって、サービスの行き届いた快適で高価な宿よりも、最低限の設備で低価格の宿のほうが、ニーズに合っており好まれているようです。

なんでも、プノンペンのリバーサイドで、日本人経営のホステルがあるらしく、口コミ評価も高く、お値段もお手ごろとの噂。
これまでホステルに泊まる機会のなかった筆者ですが、何事も経験!ということで、噂のホステルに泊まってみました。

IMG_3090

事前に女子部屋を予約

ホステルというと、二段ベッドがずらりと並ぶドミトリー部屋のイメージがあり、プライバシー、セキュリティ面、衛生面など、色々なことが気になってしまいます。

予約サイトで詳細を確認してみると、部屋は男女共用・男性用・女性用の部屋の中から選べるようです。
タオル・アメニティ・ドライヤーが用意されており、ロッカー・ランドリーサービス・無料WI-FIも利用できます。

今回は女性用8人部屋の、二段ベッドのひとつを予約。
お値段は一泊$6でした。
お安い!!

到着&チェックイン

IMG_3097

“One Stop Hostel”はリバーサイドの北部、ワットプノンの近くにありました。
徒歩圏内で食事も買い物も済ませられる、かなり動きやすい便利な場所に位置します。

IMG_3092

IMG_3093

中に入りカウンターでチェックインを済ませます。
宿泊代金を支払い、ロッカー用の南京錠と鍵を受け取ります。
鍵のデポジットとして$2を支払い、タオルは$5のデポジットを支払えば利用可能です。
手続きと支払いを済ませ、部屋に案内してもらいます。

1階と2階の間の中2階の部分には、共用スペースとしてテレビやPC、ソファが置かれていて、宿泊客が自由にくつろぐことができます。

IMG_3088

2階は男性専用フロア、3階は女性専用フロア、4階は男女共用フロアのようです。
各フロアにはシャワールーム(もちろんホットシャワー)とトイレがあります。

部屋に入ってみる

IMG_3095

女性用8人部屋は、壁一面リバーサイドに面した窓があり明るい室内でした。
設置されているロッカーはバックパックも十分収納できるサイズ感。

IMG_3087

その奥に二段ベッドが4台並びます。

IMG_3096

泊まってみた感想

★清潔さ
文句なしのレベルで掃除されています。
入り口で靴を脱ぐスタイルなので、ホテル内は素足で過ごすことになりますが、床がザラザラしているなどの不快感はまったくありませんでした。
トイレ・シャワーの水周りも、臭い・ヌメリなど全くなく、毎日清掃されていることが分かります。

★セキュリティ
女性と男性でフロアが別れているので、安心感があります。
しかし、なぜか部屋の鍵は掛けないシステムのようでした。(ドミトリーではこれが一般的なのか不明)
フロントで手渡された鍵で部屋のドアを施錠しようとしてもできず、スタッフに伝えましたが「カギは掛けなくていいです」とのこと。
誰でも自由に出入りできるとなると、就寝時の安全面が気になりました。

★プライバシー
ドミトリーに泊まっていながらプライバシーを期待するのは愚論かもしれませんが、快適に過ごすためには、周囲とのある程度の距離感が大事だと感じます。
ベッドにカーテンは付いていませんでしたが、ベッドの壁面にタオルなどを掛けられるハンガーのようなバーがあり、そこにバスタオルやストールなどを掛けることができました。
自作の間仕切りができれば、周りの動きも気にならず、快適に過ごせました。

★安眠度
神経質な方にはおススメできません。
同じ部屋の宿泊者の帰宅時間は様々です。
そして朝も夜も、ロッカーを開けたり閉めたり、シャワーに行って帰ってきたり、友人同士で宿泊している人たちの話し声がしたり、当然ですが人の気配がすごいです。
人の気配があってもぐっすり眠れる方にとっては、問題なく快適な宿だと思います。

今回は、バックパッカーの皆さんに胸を張っておススメしたい、コスパ最強の快適ホステルのレポートでした。

“One Stop Hostel
住所:No.85 sisowath quay, Wat Phnom, Phnom Penh
電話番号: 023 992 822
予約はこちら:Booking.com

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介