ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】プノンペン駅-プノンペン国際空港を結ぶエアポートシャトルに乗ってみた

【カンボジア】プノンペン駅-プノンペン国際空港を結ぶエアポートシャトルに乗ってみた

LINEで送る
Pocket

2018年4月、遂にプノンペン駅とプノンペン国際空港を結ぶエアポートシャトルが開通しました。
今までは、空港からの移動手段がタクシーとTUKTUKしかなかったので、大変便利になりそうです。
夕方の大渋滞はもちろん、大雨後の大冠水&大渋滞も珍しくないプノンペン。
空港に向かうとき、渋滞に巻き込まれて搭乗手続きに間に合わないかも!とヒヤヒヤすることが、今後はなくなるかもしれません。

プノンペン・ロイヤル駅に向かう

IMG_3098

プノンペン駅は、ロシアン通りとモニボン通りが交わる交差点あたりに位置します。
以前の記事プノンペンの新しいオフィスタワー“EXCHANGE SQUARE”へ行ってみたで登場したEXCHANGE SQUAREのすぐ近くにあり、オフィスタワー3棟を眺めることができます。

IMG_3099

駅の周りには、健康科学大学、経営管理国立大学、カナダ大使館が隣接しています。
 1932年に建設されたフレンチコロニアル様式の駅舎も見所のひとつです。

駅舎内を散策

IMG_3102

駅に着き、空港行きシャトルの時刻表を探しますが見当たらず。
地方都市への時刻表、チケットカウンターは発見。

IMG_3100

すぐに係員のお兄さんが近づいて来て、ホワイトボードを指差して次の時間を教えてくれました。
ホワイトボードによると、次は9時15分出発。

IMG_3103

お兄さんの説明によると、プノンペン駅から空港までが30分、そこから折り返して来て30分なので、要するに1時間に1本とのこと。
時刻表は存在しませんでした。

7月31日までテスト運行期間で運賃は無料でしたが、2018年12月31日まで無料期間が延長されたようです。
今年いっぱいは無料で乗車できます。

IMG_3104

予定より5分ほど遅れて、9時20分頃、ディーゼル機関車に客車が1両連結されてやって来ました。

IMG_3105

駅員さんに案内されてホームまで歩き、列車に乗り込みます。
降りてきたのは、外国人バックパッカー3人。
飛行機到着の時間帯によって、利用者の数にばらつきがあるのかもしれません。
対して、こちらから乗り込む人数も、同じく3人です。

家庭用のベンチに家庭用のエアコンが設置された車内は、ほぼ貸切状態。

IMG_3106

9時25分頃、列車が動き出しました。
ゆっくりゆっくり進んでいきます。

プノンペン列車の旅

機関車が後ろから客車を押す形で走っていきます。
客車の前方部分には、蛍光オレンジのベストに身を包んだおばちゃんが、進行方向に危険がないか目を光らせています。
線路に沿って民家や商店が密集しているエリアも多く、線路の上は普段、往来の場と化しています。
そのため、列車がすぐ近くまで来ていても、あまり気にせず線路を渡る人が多く、オレンジベストのおばちゃんが笛を吹き鳴らし、マイクで警告を発します。

unnamed (1)

プノンペン国際空港に近づくと、列車は一旦スイッチバックし、逆向きに進み空港へ乗り入れます。

IMG_3111

IMG_3107

空港に到着!!
空港にはエアコンの効いた待合室も設けられていました。
すぐ隣には新たにフードコートも新設されていて、待ち時間に食事やお茶も楽しめそうです。

unnamed

IMG_3109

まとめ

30分で到着と聞いていましたが、実際の所要時間は40分でした。
約10kmの区間で40分掛かるので、かなり時間に余裕がある場合にのみ利用は限られるかもしれません。
大渋滞の時には、40分掛かったとしても列車のほうが早い場合もあるので、臨機応変に利用するのがおススメです。

今回は片道40分かかったので、実際には1時間に1本の運行ではなく、1時間半に1本の運行なのでは?という疑問も残りました。

空港へ向かう際に利用するのはもちろん、気分転換にひと時の列車の旅も良いかもしれません。

Royal Railways
https://www.facebook.com/TRRCambodia/

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介