ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】台湾人オーナーによるジャパニーズカレー専門店がオープン!

【カンボジア】台湾人オーナーによるジャパニーズカレー専門店がオープン!

LINEで送る
Pocket

kaka_02

ベースとなる原材料はすべて日本から

コクと甘みがあり、トロリとした日本のカレー。

日本人であれば、スパイシーでサラッとしたインドカレーでもなく、ココナッツ風味のタイカレーやカンボジアカレーでもなく、「どうしてもジャパニーズカレーを食べたい!」と思う日があるのではないでしょうか。

カンボジア・プノンペンでも、最近では日系レストランのメニューとしてよく見るようになったジャパニーズカレーですが、専門店はほとんどありません。

そんな中、ジャパニーズカレーをメインに提供する新店がオープンしたと聞きつけ、早速取材に行ってきました。

2018年8月15日にオープンしたばかりの「KAKA CURRY」。

kaka_main

日本のカレーを提供しているということで、日本人経営かと思いきや、オーナーは台湾人のJaydon氏。

台湾で不動産業に従事していましたが、いつか海外で飲食店を開業したいという夢を持っていたそう。

昨年旅行でカンボジアを訪れ、この地に一目惚れ。
4ヶ月前にプノンペンへ移住し、「KAKA CURRY」のオープンに至りました。

あえて日本のカレーを提供することにした理由は、以下の2点だということです。

①Jaydon氏自身が無類の日本好きで、日本食を広めたいため
②日本でカレー屋を営んでいた日本人の友人の計らいにより、カレールー等の原材料を日本から輸入できることになったため

現地人・外国人で賑わうエリアにオープン

kaka_01

「KAKA CURRY」がオープンしたのは「トゥールトンポン」というエリア。

駐在員家族などが多く住む高級住宅街「ボンケンコン」に比べると新興住宅地であり、単身者・カップル向けの安くて綺麗なサービスアパートメントが立ち並ぶ一帯です。

中心には市場があり、ローカル感も残しつつ、欧米人・日本人をはじめとする外国人がたくさん住んでおり、年々活気づくエリアとなっています。
「ボンケンコン」と並んで外資系飲食店の出店が多いエリアですが、「ボンケンコン」よりも、ややカジュアルでリーズナブルな価格設定の店舗が多いのも特徴です。

「KAKA CURRY」は、オーナーJaydon氏のビジネスパートナーであり、不動産・デジタルマーケティング事業を行う台湾系企業のオフィスビル1階部にオープン。

kaka_03

店内は、スタイリッシュな建物にマッチしたおしゃれな雰囲気。

kaka_05

kaka_06

ファーストフード店のようなカジュアルさを感じさせつつ、居心地のよいカフェのようでもあり、“インスタ映え”する写真が撮れそうです。

「屋台以上、日系飲食店未満」の価格設定

kaka_04

店内に入ると、「KAKA CURRY」のロゴマークが掲げられたカウンターで店員さんが迎えてくれます。

注文は、タブレット端末に提示されるメニューを見ながら、事前にカウンターで行う方式。

メニューは以下の通り、合計6点のみというシンプルな構成となっています。

■カレー:トッピングなしの「KAKAカレー」($2.0)、「フライドチキンカレー($3.5)」、「カツカレー」($3.5)の3種類

kaka_09KAKA カレー($2.0)

 

kaka_07フライドチキンカレー($3.5)

 

kaka_08カツカレー($3.5)

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。