ホーム >  タイ > 【タイ】無国籍なカオサン通りのオープンカフェで過ごすそれぞれの東南アジア時間

【タイ】無国籍なカオサン通りのオープンカフェで過ごすそれぞれの東南アジア時間

LINEで送る
Pocket

東アジアから東南アジアへ移動してくると、カフェなどで過ごす人々の風景も少し変わってきます。
日本では地域の条例や土地、気候などの理由により、カフェは店舗内で過ごすタイプがほとんどのように感じます。
オープンスペースが設けられていても利用客はそれほど多くなかったりしますが、東南アジアでは欧米スタイルのオープンカフェをいたるところで見かけます。
車通りが多く排気ガスをかぶるような通りでも、オープンカフェで寛ぐという極端な風景も当たり前ですね。
東南アジアは列強の進出によって欧米文化が浸透していますが、
このようなオープンカフェがならび、独特なスタイルを持つ有名な場所といえば、カオサン通りをあげることができるでしょう。

カオサン通りとは

ks1

バックパッカーの聖地といわれるカオサン通りは、タイ語で白米の意味をもちます。
かつては米問屋が多かったことに由来しているとか。
まだネットもない時代から、各国を旅するバックパッカーはカオサンを拠点として、安いチケットを手に入れ、情報交換し、安く泊まれる宿に滞在して次の旅へ向かっていきました。
そうやってカオサンは栄えてきたのです。
その無国籍な賑わいが観光地としての人気をよび、今ではクラブで遊んだり、ショッピングを楽しんだり、カフェで街の雰囲気を楽しんだりする人々も多く訪れて賑わっています。
東南アジアの中でカオサンのような場所として有名なのは、ベトナム・ホーチミンのファングーラオ通りで、「ベトナムのカオサン」などと呼ばれることがあります。

カオサン通りの行き方

ks2

バンコクの中心地からタクシーでも行けますが、バックパッカーらしくチープに移動するなら、「チャオプラヤーエクスプレスボート」がおすすめです。
BTSサパーンタクシン駅を降るとすぐに見えてくるチャオプラヤー川へ行き、オレンジボート乗り場のチケットカウンターで15バーツ(約50円)の切符を買いましょう。
北に向かうオレンジボートに乗り、No.13のPhra Arthitで下船し、路地を東方面へぬって行くと賑やかなカオサンへ到着です。

様々なカフェやバーが建ち並ぶカオサン通り

ks3

カオサン通りに入ると、道の両側には多くのカフェやショップ、ゲストハウスが並んでいます。
タイ料理や洋食が混在したメニューのお店がほとんどで、なんでも選べる観光地らしい品揃えといえるでしょう。
他の街に比べると明らかに欧米人の比率が高いため、彼らに好まれるオープンスペースのカフェやバーが多いのも頷けます。

ks4

椅子とテーブルが通りに向かって配置されたお店もあり、人の流れをのんびり眺めるスタイル。
東南アジアのゆったりとした時間の流れを味わうにはピッタリですね。

階段式がおしゃれなバー The ONE AT Khaosan

ks5

やや混沌としたイメージのあるカオサン通りですが、最近は他のエリアにあるようなコンテンポラリーなカフェもあるようです。
階段式になったおしゃれなカフェ「The ONE AT Khaosan」は、みんな足を止めてスマホを取り出し、写真を撮らずにはいられないスタイリッシュなムードです。

URL:https://www.facebook.com/Theonekhaosan/

カオサンの裏通りは素敵なカフェに出会える

ks6

カオサン通りのメインストリートはショップやマッサージなどが混在していますが、裏通りや周辺の通りにはカフェがいくつかあり、比較的落ち着いているため、静かにゆっくり過ごしたい場合はこちらがおすすめです。

カオサン通りマップ

まとめ

カオサン通りのように、通りに向かって座るスタイルは他の地域でも多く見かけますが、やはりこの場所の魅力は国籍関係なく、多くの人のエネルギーに溢れているところでしょうか。
旅行で訪れた際には、是非オープンスペースのお店で通りを眺めて過ごしてみて下さいね。

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介