ホーム >  シンガポール > 【シンガポール】シンガポールでの会社設立と概要

【シンガポール】シンガポールでの会社設立と概要

LINEで送る
Pocket

シンガポールは、アジアで最も高い世帯所得を誇り、食費関連の支出が月平均1,241S$と支出のうち最大の割合となっています。また、シンガポールはアジアのハブとして、政治・ビジネスインフラ・生活環境が整備されており、公用語が英語であることから、最もビジネスがしやすい国ランキングでも毎年上位にランクインしています。
そんなシンガポールに進出するための基礎知識をご紹介したいと思います。

1.シンガポールの会社形態

シンガポールにおいては、次のいずれかの形態で事業活動ができますが、会社設立にかかる手続きや必要書類は設立形態によって異なります。

①現地法人
②支店
③駐在員事務所
④個人事業体またはパートナーシップ
⑤有限責任パートナーシップまたは有限パートナーシップ
⑥事業信託法(Business Trust)に基づく形態

ただし、日本企業がシンガポールに進出する場合は、①現地法人②支店及び③駐在員事務所が一般的となっています。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。