ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】本格アニマルカフェ「Zoo Cafe」オーナーにインタビュー

【カンボジア】本格アニマルカフェ「Zoo Cafe」オーナーにインタビュー

LINEで送る
Pocket

2018年に入ってから猫カフェが続々とオープンし、アニマルカフェブームが巻き起こりつつあるプノンペン。
6月には、猫に留まらず、10種類近くもの動物たちと触れ合える「Zoo Cafe」がオープンしています。

今回は、「Zoo Cafe」オーナーのNay Sokhondara氏(以下、Nay氏)にインタビューをさせて頂きました。

オーナーの動物好きが高じてできた、ペットの遊び場兼カフェ

zoo_main

「Zoo Cafe」のあるプノンペン・トゥールトンポンエリアで育ったNay氏は、大の動物愛好家。

父親が犬、鶏、鳥、魚といったペットを飼っていたことから、子供の頃から日常的に動物と戯れていました。

大学卒業後は家業である不動産業に従事していましたが、4年程前からマーモセット、マメジカ、ラッコなどの珍しいペットを自身で購入し、大切に育ててきたそう。

自身のペットがもっと自由に走り回れる大きなスペースが欲しいと考えていた矢先、ちょうど適した物件を見つけたことが「Zoo Cafe」オープンのきっかけだったといいます。

zoo_01

「ビジネスとしてのアニマルカフェ開業については、当初はさほど積極的に考えていなかったんです。」と、Nay氏。

動物の買い付け等でタイを訪れ、数々のアニマルカフェを視察した時のこと。
ドアを開けた途端に動物の臭いが鼻につき、ドリンクを飲み干して足早に帰るお客様が見られるようなカフェもあったとか。

動物とお客様双方が心地よくいられる空間作りが課題だと感じていたそうです。

清潔な店内では、動物と触れ合うのもよし、静かにお茶を楽しむのもよし

zoo_13

ゼブラ柄が目を引くドアを開けると、そこにはまさに動物園のような世界が。

zoo_02

友人のカンボジア人デザイナーが手がけたという内装には、様々な動物のモチーフが所々に配置されており、センスが光ります。

zoo_08

動物たちは主に2階におり、それぞれ壁に埋め込まれたガラス張りの小部屋で生活。

zoo_18

モルモットの小部屋

小部屋内は通気性に配慮され、動物ごとに適した室温に調整されています。

動物と触れ合いたい場合には、中央のプレイルームへ。

zoo_04

動物に過度なストレスを与えないよう、1回につき3人まで中に入ることができます。
カフェ利用客であれば、入室は無料。

ルーム内の動物は定期的に入れ替えられるので、その時々で違う動物と触れ合うことが可能です。

zoo_07

フェネックギツネ

zoo_05

左:リチャードソンジリス、右:マーモセット

zoo_16

アライグマ

動物と遊べる場所をプレイルーム内に限定していることにより、店内は清潔で、飲食スペースでは動物の臭いがまったくしません。
ソファやクッションのある席でゆっくりくつろぐのもよいでしょう。

zoo_14

カフェメニューは、近隣で人気のカフェチェーン店の価格設定と大差なく、一部抜粋すると以下のようになっています。

アイスカフェラテ $2.35
フラッペ $2.30〜
イタリアンソーダ(各種フルーツシロップの入ったソーダ) $2.10
アイスタイミルクティー(タイ式アイスミルクティー)$2.10

zoo_03

オープン当初は、カンボジア人の間で定番のアイスカフェラテがよく売れていましたが、最近ではフラッペ、イタリアンソーダ、タイティーなどを試すお客様も増えてきたそうです。

オープン後の反応は良好も、オーナーは顧客満足向上に余念なし

zoo_12

オープン後3ヶ月以上経過した現在の入客数は1日200名以上。

顧客層はカンボジア人:外国人=7:3程度の割合で、カンボジア人が大半だそう。
早朝は学生が目立つものの、その他の時間帯には社会人も多く入店します。

ペットを持ち込むことも可能であるため、週末になると愛犬家や愛鳥家のグループがペット連れで集う姿も見られるということです。

「今のところ好調ではありますが、お客様からの要望を踏まえ、改良を重ねていきたい。」とNay氏。

具体的には、現在数種のパンを置いているに過ぎないフードメニューを拡充予定。
生クリームやフルーツが乗った厚切りトーストや、韓国風かき氷や台湾風アイスクリームなど、アジア各国のトレンドを取り入れたメニューを開発中だそう。

zoo_17

動物については、カンガルー類や、ネコ科のサーバルなどの追加を検討しているとのことです。

ビジネスの展開はあくまで動物第一で

カフェで動物と触れ合ったお客様からは「動物を販売してもらえないか?」との問い合わせも多数ありますが、現状では、Nay氏は販売を考えていないといいます。

zoo_10

チンチラ

カンボジアの家庭で飼育するペットとして一般的なのは、犬、猫、鳥程度であるため、「Zoo Cafe」にいる動物はカンボジア人にとって珍しいものばかり。

zoo_09

主にタイで動物を入手しているNay氏ですが、Nay氏の初めてのペットであるマーモセットが病気になった時、カンボジアの獣医でさえもマーモセットという動物自体を知らず、適切な処置を施せないまま亡くなってしまったそう。

それから、Nay氏はそれぞれの動物に適した生育環境や飼育方法を独学で徹底的に勉強し、ワクチン接種も施した上で、カフェオープンにたどり着いたのです。

そうした知識を持たない一般の人に動物を販売しても、数日で死なせてしまうかもしれません。

Nay氏は、購入したい動物の生育環境・飼育方法についてNay氏からしっかりと学び、適切な取り扱いができる状態になった人にのみ、見積を出すことは可能だといいます。
ただ、直接販売はせず、販売元との取次に留めたいということです。

zoo_11

また、猫カフェオープンブームの高まりを受け、

「今後「Zoo Cafe」のように珍しい動物と触れ合えるペットカフェを開きたいという人がいたなら、やはり動物についてよく勉強してからにした方がよいと思います。」

「1匹$2,000以上で購入した動物を、適切な環境で育てられなかったために、すぐに死なせてしまったらどうでしょう?次々に新しい動物を購入するような状況では、うまく回りませんよね。」

といったアドバイスも。

ビジネス面も考慮した発言ながら、彼の言葉の端々には動物たちへの深い愛を感じずにはいられません。

将来的には、自身で大きな飼養場を作りたいという夢も語ってくれたNay氏が、愛情をこめて経営する「Zoo Cafe」。

プノンペンのトレンドスポットとして、要注目です。

————————————————————————————————————

■Zoo Cafe
【住所】St.432, Corner of St.135, Phnom Penh
【電話】093 789 003
【定休日】なし
【営業時間】7:00〜21:00
【Facebookページ】https://www.facebook.com/zoocafephnompenh/

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介