ホーム >  インドネシア > 【インドネシア】牛丼チェーンの吉野家がバリ島にも!日本の吉野家との違いを考察

【インドネシア】牛丼チェーンの吉野家がバリ島にも!日本の吉野家との違いを考察

LINEで送る
Pocket

大手牛丼チェーンの吉野家。
手軽に食べられる吉野家の牛丼は、庶民の味方として日本で安定した人気を誇っています。

そんな吉野家ですが、実はすでにインドネシアのバリ島にも進出済み。
日本を代表するファーストフードを、南国バリ島でも食べられるのです。

そこで今回は、バリ島の吉野家に潜入し実際に牛丼を食べてきましたので「バリ島の吉野家の特徴」や「日本とのちがい」など紹介させて頂きます。

 

吉野家KUTA BEX店

現在バリ島には吉野家が3店舗ありますが、その中でも今回はクタビーチ前にある店舗を訪れました。

営業時間や住所など、詳細な情報については最後に紹介しますのでぜひ確認してくださいね。

クタビーチのすぐ目の前、KUTA BEX(クタベックス)の2階にある吉野家は2017年11月にオープンした新しい店舗。
清潔感があり、日本人観光客が気軽に訪れやすい外観をしています。

IMG_0837

バリ島の観光スポット クタビーチ前というわかりやすい場所にあるため、道に迷うことなくお店へ辿り着けました。

IMG_3514

日本の吉野家と少し違うのは、南国バリ島らしくテラス席があること。
開放的な印象を受けます。

IMG_3515

IMG_3516

IMG_3517

店頭には、吉野屋のメニューが書かれた看板。
日本とは、メニューがかなり異なります。

牛丼の上に「サンバル」と呼ばれるインドネシアの香辛料が乗せられているものや、インドネシア料理「アヤムゴレン」がセットになったものなど。

日本と同じメニューではなく、現地インドネシア人の好みに合わせた、辛味が強く油っぽいメニューが多いと感じました。

カウンター

注文はカウンターで。

日系企業の教育を受けているからか、やはり日本人のようなきめ細かい接客が印象的です。

注文した料理の他に、キャンペーン中のお得なセットメニューを紹介してくれるなど、日本のような懇切丁寧な接客をしてくれました。

IMG_3502

お店を訪れたのが開店直後でしたのでお客さんはあまりいませんでしたが、ランチの時間帯や夕食時は混雑しています。

日本と比べてここクタビーチ前店の吉野家は、ファーストフード店というより、レストランのような少し高級感のある雰囲気が特徴的。

日本であれば、吉野家のような牛丼チェーンは「安くて早い」ことが売りですが、バリ島の吉野家はもう少し上の「レストラン」と同等の立ち位置であると感じました。

IMG_3503

店内の壁には、日本の吉野家の歴史や詳細がインドネシア語で書かれています。

IMG_3505

テーブルには、一味唐辛子やサンバルなどのトッピングがいくつか。

牛丼

今回注文したのは、牛丼レッドホットチリ。
日本と同じ通常のスタンダードな牛丼に、インドネシアの香辛料サンバルを乗せた物です。

1口食べてみると、味は日本の牛丼とほとんど同じ。

気軽に食べられる、どこか懐かしい味がします。

ただ、サンバルと組み合わせて食べることで一気にインドネシアの風味が加わるのがポイント。
辛い食べ物が好きな人は良いですが、苦手な人は少し覚悟しておくと良いかもしれませんね。

ただ日本人にとっては辛くても、現地のインドネシア人にとってはこれが普通。
この「インドネシアスタンダードの辛さ」こそが、現地バリ島で吉野家が人気の理由だと思われます。

今回の牛丼レッドホットチリ以外にも、バリ島の吉野家にはインドネシア風にアレンジされたメニューが複数あります。

バリ島にお越しの際は、ぜひそういった日本にはないインドネシア風牛丼にチャレンジしてはいかがでしょうか?

バリ島で吉野家が成功する理由

現在バリ島には吉野屋が3店舗ありますが、着々と店舗数を増やしています。
吉野屋がバリ島に3店舗も進出できたのは、上でお伝えした通り「日本の味をインドネシア人好みにアレンジしたメニュー」が勝因だと言えるでしょう。

特に今回注文したサンバルが乗った牛丼(牛丼レッドホットチリ)は、実際に食べてみて、程よい辛さが現地インドネシア人に好かれそうな味だと感じました。

もう1つの勝因は、日本のファーストフードのような気軽さではなく、レストランのような高級感を漂わせていることも成功の理由ではないかと。

バリ島にある吉野屋の、最もスタンダードな牛丼「牛丼オリジナル」の価格はレギュラーサイズで40,909ルピア。
それより大きなラージサイズで48,181ルピアです。

日本円にして約300円から360円ほど。
これは日本人にとっては低価格に思えますが、現地インドネシアで考えるとそこまで安いとは言えない値段。

そのため、吉野屋に訪れる現地の人の中には「気軽さ」よりも「ちょっとした贅沢感」を求めている人も少なくありません。

実際に、今回訪れたクタビーチ前にある店舗は、お店に入る際にわざわざ店員さんがドアを開けてくれるなど、ファーストフード店ではなくレストランのような印象を受けました。

日本のような「早くて安い」という売り出し方ではなく、「ちょっとした贅沢感」を感じさせる点が、バリ島で吉野屋の人気を知らしめた要因ではないでしょうか。

バリ島だけではなく、インドネシア国内でも続々と店舗数が増えそうな吉野家。
目が離せない日系飲食店の1つだと言えます。

 

バリ島の吉野家基本情報

バリ島には吉野屋が3店舗ありますので、以下に基本情報を掲載します。

吉野屋(KUTA BEX店)
住所:Jalan Pantai Kuta (Kuta Bex内)
営業時間:7:00-23:00
TEL(デリバリー):1-500-566

吉野屋(KUTA SQUARE店)
住所:Jalan Raya Kuta, Pertokoan Kuta Square(Kuta Square内)
営業時間:10:00-22:00
TEL:0361-752887

吉野屋(スミニャック店)
住所:Jl. Laksamana Basangkasa No.50, Kerobokan Kelod, Kuta Utara
営業時間:8:00-0:00

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介