ホーム >  インドネシア > 【インドネシア】飲食店情報も掲載!急成長の地場系旅行手配サービス「Traveloka」を使ってみよう

【インドネシア】飲食店情報も掲載!急成長の地場系旅行手配サービス「Traveloka」を使ってみよう

LINEで送る
Pocket

asean181013traveloka3

インドネシアは世界最大の島嶼国家である。
広大な領海を持っているが、その反面、国土は地続きではない。

しかもその国土は、火山島である。
ジャワ島の北岸から南岸まで行くためには、山脈を越える必要がある。
これをバスで行くとしたら、乗客にもそれ相応の体力が求められる。
また、島嶼間の移動はバスごとフェリーに乗って海を進む、という形が少し前までのスタンダードだった。

今は違う。
LCC(格安航空会社)が浸透し、市民は気軽に飛行機に乗れるようになった。
長距離バスと大差ない価格でエアチケットが売られているのだ。
ところが、ここでまたひとつ問題が発生する。
数社に渡るLCCの中で、どれが一番安いかを調べるには手間がかかるという点だ。

こういったことにより「航空会社同士をつなげるサービス」には大きな需要がある。

最安プランを即座に提示

インドネシア政府はユニコーン企業の育成を目標に掲げている。しかもそれらの企業は、スマホアプリを介したサービスを提供する。

製造業は製品を作るのに原材料が欠かせず、また、作ったものは輸送しなければならない。
しかしスマホアプリなら、いざとなればコワーキングスペースの一角で作ることができる。
実際、自前の事務所を持ってはいないが自前のアプリなら用意しているという会社も珍しくない。
そしてそれは、ネット環境さえあればどこでもアプリを作ることができるという意味でもある。

アプリとは、「ちょっとした工夫」の具現化だ。
先述の「航空会社同士をつなげるサービス」に関しても、アプリがそれに対して答えを出している。

『Traveloka』はインドネシアで急拡大中の旅行手配サービスだ。
地場系アプリらしく、インドネシアの広大な国土を最安値で行けるよう設計されている。

asean181013traveloka1

ここでは、首都ジャカルタからインドネシア・パプアニューギニア国境に近いメラウケまで行くとしよう。
航空券手配の入力フォームから両都市と日付、人数、座席クラスを入力。
その後「Cari(検索)」をタップすると、ジャカルタ〜メラウケ間の最安値チケットが出てくる。

asean181013traveloka2

この検索ではライオン航空が最も安い価格でチケットを提供していたが、中にはバティック航空とライオン航空の乗り継ぎで行くプランもある。
このあたりもTravelokaのアプリが組んでくれるのだ。

オンラインサービスとダフ屋問題

https://youtu.be/PvXT-TKpZwo

Travelokaはホテルの手配も行う。
その際は航空券と抱き合わせの合計料金を提示してくれる。
空港への送迎やレンタカーの手配も可能だ。
旅行に必要なブッキング全てを、同一プラットフォームで一括管理できるのだ。

これを旅行代理店でやろうと思ったら大変だ。
店員も人間である。
PCを使ってひとつひとつ検索し、合間に客と話し合ってそれに見合ったプランを出す。
これでは時間がかかるし、店のカウンター席も無限にあるわけではない。
旅行のプランニングの前に、旅行代理店の待合席で時間を潰さなければならない場合もある。

そしてもうひとつ、インドネシアには長らく「ダフ屋問題」というのが存在していた。

インドネシアでは空港施設内に各航空会社がチケット販売所を出しているが、転売業者がそこからバカンスシーズンの便の席を買い占めてしまうのだ。
客はダフ屋から法外な値でチケットを買うしかない。
2010年代も半ばになる頃に、この問題を解決するためのメスがようやく入った。
だが中央政府があれこれと立てる対策よりも、Travelokaの利便性がダフ屋対策に効力を発揮している。

予約のオンライン化は、ダフ屋を駆逐するのだ。
それは市場の健全化につながる。

飲食店情報も掲載

Travelokaは、今やインドネシアを代表するスタートアップである。

去年7月、Travelokaは米オンラインブッキングサービス『Expedia』から3億5000万ドル(約390億円)もの巨額投資を受けた。
この話題は各国の経済メディアも大きく取り上げた。

そして今年の中頃から、Travelokaは飲食店情報の掲載も行うようになった。
地域や料理の種類毎に項目分けし、ユーザーは条件に最も適した飲食店を検索することができる。
また、Travelokaと契約飲食店が共同でキャンペーンを打ち出すこともある。

複雑な地形を持つインドネシアであるが、それ故にこのようなオンラインサービスが登場した。
我々は、この国の斬新なスタートアップに目を向ける必要がある。

【参考・動画】
Traveloka
Temukan Inspirasi Seru di Traveloka App Terbaru!-YouTube

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介