ホーム >  マレーシア > 【マレーシア】マレーシアで焼き鳥が好まれる訳は「ハラル」と「サテ」にあった!

【マレーシア】マレーシアで焼き鳥が好まれる訳は「ハラル」と「サテ」にあった!

LINEで送る
Pocket

マレーシアで焼き鳥が好まれる理由とは

マレーシアにある和食屋さんで必ずと言っていいほどメニューに含まれているのが「焼き鳥」です。
マレーシアでは宗教上、豚肉を食べない人が多く「ハラル」という厳しい食に対する戒律があります。
イスラム教徒が多いこの国では、飲食店の経営には食の志向が大きく関係してきます。

ハラルは思った以上に厳しい戒律

焼き鳥⒓

「ハラル」は私達が想像する以上に非常に厳しいきまりで、もしもマレー人が豚肉を提供する店に入ろうとすると、他人からの厳しい視線が待ち受けています。
また、実際にそれを快く思わない人は罰則を与えたり、通報したりすることもあるほど。
知り合いのマレー人は、豚肉を使用するという理由からラーメンを提供する店には足を踏み入れないそうです。

サテはマレーシア人のソウルフード

焼き鳥⑬

これらの理由により、マレーシア人は肉の中でも鶏肉を非常に好みます。
その証拠に「サテ」という焼き鳥に似た料理の存在があります。
これは焼き鳥と全く同じ作り方で、串にさした鶏肉をうちわのようなもので扇ぎながら、炭火で焼き上げます。
店頭で「サテ」を作っている人を見ると、まるで日本の店先にいるような錯覚をしてしまうほど。
タレは辛いソースかピーナッツソースで頂きますが、その香ばしい香りはまさに「マレーシアの焼き鳥」と言えるでしょう。

丸秘酒場がウケているのはローカライズも図っているから

焼き鳥④

クアラルンプールにはいくつか焼き鳥の専門店がありますが、今からご紹介する「マル秘酒場」は手頃な値段で美味しい焼き鳥が食べれると評判の店です。
通常、クアラルンプールの和食専門店は日本の顧客が常連であることが多いのですが、「マル秘酒場」は日本人以外の客を数多く見かけることが特徴です。
クアラルンプールで人種問わず顧客を掴んでいる貴重な店であるとも言えます。

場所はタマンデサエリアにあり、オーナーは日本人。
このオーナーはマル秘酒場を含むいくつかの店を経営しています。
ローカルの方が店長で、スタッフはミャンマー人が多いそうですが、しっかりと訓練されているらしく動きがきびきびしています。

焼き鳥①

中は広々としており、それぞれ8人掛けほどの大きなテーブルがセッティングされています。
まず、メニューを見て驚くのがその価格帯の安さと種類の豊富さ。
日本の居酒屋と遜色ないほどのメニューがずらりと並んでいます。

サイドメニューとして冷やしトマトや冷ややっこなど、日本ならではのメニューもしっかりと添えられています。
他のクアラルンプールにある和食との違いは、やはりこの値段の安さです。
ローカルの人々に充分アピール出来る値段だと思われ、実際に中華系やマレー系の方も多く来店されていました。

その中でも、ドリンクメニューの価格帯が特にローカル向けになっています。
カールスバーグ小瓶が12RM。
ASAHIもやはり他ではないほど安価になっており、長居してしっかり飲みたい時にもオススメです。

また、面白いのが裏メニューのオリジナル焼酎です。
ヤカンのようなものに入れられてくるのですが、焼酎と柑橘系のシロップ入りなのかとても美味しく頂けます。

修正①

サイドメニューを幾つか頂いたら、後は焼き鳥を注文していきます。
ネギ間やタン、皮、つくね、などなど・・やはり日本と同じようなメニューがズラリ。
中でも感動するのはそのタレで、なかなかマレーシアでは味わえない「日本の焼き鳥のたれ」がしっかりと絡められていました。

中華系やマレー系も足を運ぶ焼き鳥屋さん

もちろん日本人をターゲットに、しっかりと日本人向けに作られている店舗がクアラルンプールには多く存在します。
特に、駐在の方や日本から来る要人の接待に使われることも多いでしょう。

しかし、この店舗のように、ローカルも駐在の日本人も気軽に入ることのできる和食屋はかなり珍しいのではないでしょうか。
週末の夜でしたが、家族連れやローカルの方の集まりも多く見かけました。
現地人を集客するという点では、非常に成功している店舗の例だと思われます。

焼き鳥②

どの方面からでも比較的アクセスしやすい場所なので、是非一度足を運ばれてみては如何でしょうか。

店舗名:丸秘酒場(Maruhi Sakaba)

住所:6A, Faber Plaza, Jalan Desa Jaya, Taman Desa, Kuala Lumpur.

電話番号:03-7972-1049

 

 

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介