ホーム >  インドネシア > 【インドネシア】味の素が開発した調味料「マサコ」がインドネシアで人気の理由

【インドネシア】味の素が開発した調味料「マサコ」がインドネシアで人気の理由

LINEで送る
Pocket

インドネシアでは「マサコ」という名前が有名で、大多数のインドネシア人がこの名前を知っています。

「なぜ日本人女性の名前がインドネシアで有名なの?」と疑問に思うかもしれませんが、実はこれは女性の名前ではありません。

味の素が開発した「マサコ」という名の調味料が、数年前からインドネシアで絶大な人気を誇っているのです。

「マサコ」は日本でいう鶏ガラスープのような、どんな料理にも使える汎用性の高い風味調味料。
主婦に人気の家庭用調味料としてだけでなく、ワルンと呼ばれるローカルの屋台や、おしゃれで高級感のあるレストランなど幅広い場面で使われています。

この「マサコ」は、そもそもどうしてこのようなユニークな名前がつけられたのか?
そして、どうしてインドネシアで絶大な人気を博しているのか?

今回は、そんな「マサコ」の秘密に迫ります。

 

インドネシアで有名な「マサコ」って何?

MASAKO

マサコについて、まず最初に気になるのはその名前の由来ではないでしょうか?
これは、日本人女性の名前からとったのではありません。

インドネシア語で「料理する」を意味する「Masak(マサック)」から名付けられました。

インドネシア語の「マサック」を日本風にアレンジしたのが、マサコの名前の由来というわけです。

そのためインドネシアへ訪れると、多くのインドネシア人から「マサコ!」と話しかけられる機会があるでしょう。

今やマサコは、インドネシアでも知らない人はいないくらい有名な日本を代表する商品となっています。

コンビニやスーパーマーケット、観光客向けのお土産屋だけでなく、ワルンと呼ばれるローカルの移動式屋台でもマサコは見かけられます。

ワルン

価格は20gの小袋で8~9円程度ですので、現地のインドネシア人にとってリーズナブルで手が届きやすい価格帯の商品だと言えるでしょう。

現在マサコは、インドネシアのジャワ島にあるカラワンとモジョケルトの2つの工場で製造されています。

2016年にはカラワン工場の製造能力を増強することを発表し、それによりインドネシアの人口の8割を占めるジャワ島への供給量をアップさせることを約束しました。

その結果マサコは現在、調味料としてインドネシアで6割ほどのシェアを占めています。

街を歩けばマサコが屋台に吊るされている光景を必ず見かけるほど、マサコはインドネシア国民の生活に根付いているのです。

大多数のインドネシア人が「マサコ」という日本の言葉を知っているのは、この味の素の活躍によるものだと言えるでしょう。

 

「マサコ」はどのように料理に使われる?

ナシゴレン

コンソメに近い味をしたマサコは何にでも使いやすく、インドネシアの主婦には大助かりなアイテム。

インドネシアの定番料理ナシゴレンやミーゴレンはもちろん、家庭用スープの隠し味などいたる場面でマサコは活用されています。

マサコがここまで幅広い場面で使われるようになったのは、日本人独特の「うまみ」が現地のインドネシア人にフィットしたからだと言えるでしょう。

今までインドネシアを含む日本以外の国では、日本人独特の「うまみ」という感覚は理解されてきませんでした。

しかしインドネシアでマサコの普及に成功したことで、日本人独特の感性である「うまみ」がインドネシアに知れ渡ることとなったのです。

マサコを構成する成分のうち78%がグルタミン酸、12%がsodium、そして残りが水であるということが味の素のホームページに明記されています。

umami

マサコのうまみを際立たせている成分は、このたっぷりと配合されたグルタミン酸にあると言っても過言ではありません。

インドネシア人が料理をしている場面を見ると、このうまみ成分がインドネシア人にとって非常にウケが良いのがわかります。

日本ではありえないくらい、ドバドバと大量のマサコを料理に入れている現場を見られるでしょう。

 

「サオリ」や「アユミ」など他にもユニークな商品が多数

SAORI

「マサコ」の他にも、味の素は日本人女性の名前をもとにした商品を複数販売しています。

たとえばオイスターソースの「サオリ」やマヨネーズの「マユミ」もインドネシアで人気です。

小瓶に入ったものからパウチ状のものまで、サイズは様々。
味の素はこういった粉末状の調味料を3グラムごとに小分けして販売しているため、家庭用や業務用など用途に合わせて必要な分だけ購入できる便利さがあります。

インドネシアへお越しの際は、ぜひこのユニークな商品を1つ購入してみてはいかがでしょうか?

これからの味の素の活躍に期待

「マサコ」や「サオリ」、「アユミ」といった日本人女性の名前の商品をインドネシアで販売したことにより、味の素がインドネシア人にとって日本の存在はより身近に感じられるようになりました。

これら商品がインドネシアでのシェア拡大に成功した理由としては、ハラル認証を取得したことが挙げられるでしょう。

インドネシアはイスラム教徒が多い、世界有数のイスラム大国です。
このようなお国柄に合わせハラル認証を取得したことは、インドネシア人にとってマサコは安全・安心の信頼度の高い商品だと証明していることになります。

今やインドネシアに無数にある飲食店では、これらのマサコは欠かせない必需品。
インドネシアだけでなく、東南アジア各国でシェアを広げる味の素のこれからの活躍には目を離せません。

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介