ホーム >  カンボジア > 【カンボジア】ラオス発のオーガニックカフェ「Joma Cafe」に行ってみた

【カンボジア】ラオス発のオーガニックカフェ「Joma Cafe」に行ってみた

LINEで送る
Pocket

jomacafe1a

 

ラオス発のベーカリーカフェ

Joma Cafeは1996年にラオスのビエンチャンで生まれ、現在はラオス、ベトナム、カンボジアにそれぞれ店舗を持っています。

しかもここはただのカフェではなく、独自のコーヒーファームをラオスに置くことで、その場所に雇用を生み出し現地の人々のQOL(生活の質)向上を目指しています。

今回は、そんなJoma Cafeに行ってきました。

 

シックで落ち着いた内装

Joma Cafeは、観光地である独立記念塔やワット・プノンを通るプノンペンの大通り、ノロドム通りに面しているカフェです。

アクセスはとてもよく、高級住宅街であるボンケンコンエリアからも近いので日々多くの外国人が訪れています。

 

jomacafe2a

大通りにあるカフェと言うと、人がごった返しているイメージがありますがJoma Cafeはそんなことはありません。

席と席の間の空間が広く取られているので、窮屈さはまったく感じません。

また、騒がしさとも無縁で落ち着いた時間を楽しむことができます。

 

jomacafe3a

店内はご覧の通りシックで落ち着いた内装。

 

Joma Cafeのコーヒーはフェアトレード

jomacafe5a

写真は、バナナマフィンとマキアートを頼んだときのものです。

Joma Cafeのコーヒーはラオス産のものを使用しています。

そのコーヒーはオーガニックかつフェアトレードなもので、ただおいしいだけでなく、体に優しく生産者の社会的地位向上にも役立っています。

お値段はマキアートは2$、バナナマフィンは1$ほど。

ほかのドリンクは3$くらいのものが多かったです。

 

jomacafe6a

こちらは別の日に頼んだ卵焼きとフランスパンのオーソドックスなセット。

一応朝食向けとはなっていますが、どの時間帯でも食べることができます。

このお値段は3.75$でした。

 

jomacafe4a

Joma Cafeは「ベーカリーカフェ」と謳っているだけあって、パンがとても美味しいです。

こちらのサンドイッチは、調味料はほとんど使われていませんでしたが、パンが柔らかく野菜やハムの味もしっかり出ていました。

 

積極的な社会貢献活動

Joma Cafeの最大の特徴は、積極的な社会貢献活動ではないでしょうか。

前述したように、ラオスに独自のコーヒーファームを持っているのですが、その周辺の人々の多くが少数民族なのです。

彼らの社会的地位は低く、中々職にも就けない状況を見てJoma Cafeはそこで雇用を生み出し、彼らの収入だけでなく社会的地位も上げようとしたのです。

 

さらに現在、収益の10%を草の根活動の支援に回しています。

 

店舗情報

住所:Norodom Blvd & St. 294

電話番号:089-698-707

ホームページ:https://www.joma.biz/

 

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介