ホーム >  タイ > 【タイ】ついにオープン!世界の都市を旅するモール「Terminal21 パタヤ」!

【タイ】ついにオープン!世界の都市を旅するモール「Terminal21 パタヤ」!

LINEで送る
Pocket

バンコクから最も近いビーチリゾートのひとつであるパタヤ。
バンコク旅行の際もオプショナルツアーで気軽に行くことができるので、世界中の観光客で常に賑わっている町です。
そのパタヤに2018年10月、予てより建設されていた新感覚のモール「Terminal21」のパタヤ店がついにオープンしたのでご紹介したいと思います。

Terminal21について

tp_1

2011年バンコクのアソークにオープンしたTerminal21は、セントラルグループの運営する商業施設です。
各フロアは世界の都市をテーマにしており、モールの中を旅行するかのような感覚でショッピングを楽しめる、従来のショッピングモールにはない個性的なモールです。

上層部はグランドセンターポイントホテルとなっており、Terminalパタヤ店も同ホテルが併設されています。
2016年には、コラート店もオープンしており、今回のパタヤで3店舗目となります。

ロケーション

tp_2

パタヤの中心地はセントラルフェスティバル・パタヤビーチからウォーキングストリートにかけてのエリアといえますが、この程オープンしたTerminal21は、ノースパタの広大な敷地に建設されました。
バンコクのアソーク店では街のランドマークとしてTerminal21を中心とした人の流れを形成していますが、パタヤでは果たしてどのくらいの影響を与えることができるでしょう。
今後の集客や人の流れの変化次第では、パタヤの様々な進出計画に新たな選択肢を見出すことができるかもしれません。

撮影ポイントの充実がタイ人客のハートをつかむ!

tp_3

世界の都市にちなんだオブジェクトが設置され、格好の撮影ポイントが満載のTerminal21店内。
写真撮影が大好きな地元タイ人客をはじめ、各国からの観光客も写真撮影を楽しんでいます。
やはり、タイの商業施設においては、入店店舗利用以外でいかに楽しんでもらうかという点では、撮影ポイントの設定は重要かもしれませんね。

各フロアご案内

モール内の世界旅行を楽しもう!

〈GF・パリ〉

tp_4

グランドフロアはパリをイメージしています。
コスメやファッションブランドなどが入店。

tp_5

イルミネーションのついた大きなエッフェル塔が吹き抜けの館内にそびえ立っています。

 

〈MF・ロンドン〉

tp_6

ミッドフロアはロンドンをイメージしています。
ファッションブランドが中心。

 

〈1F・イタリア〉

tp_7

1階はイタリアのイメージのフロア。
きれいなライトを搭載したピサの斜塔があります。

tp_8

こちらはベネチアのゴンドラのセットですね。

 

〈2F・東京〉

tp_9

2階は東京のフロア。
バンコクでもおなじみの招き猫のオブジェクトがあります。

tp_10

一気に日本の和の装飾。

tp_11

同じくおなじみ相撲のオブジェクト。

 

〈3F・サンフランシスコ〉

tp_12

3階はサンフランシスコのイメージ。
こちらは飲食専門フロアです。

tp_13

丸亀製麺や吉野家も入店しています。

tp_14

安くて人気のTerminal21のフードコート。

 

〈4F・ハリウッド〉

tp_15

4階はハリウッドのフロア。
といえばやはりシネマですね。

まとめ

いかがでしょう、ノースパタヤにできた巨大な新名所Terminal21。
これでパタヤのエリア勢力図も変わるのでしょうか?とにかく旅行の際は是非行ってみたいですね!

 

店舗情報

Terminal 21 Pattaya

住所:456,777,777/1 Moo 6 Na Kluea,Bang La mung, Chonburi 20150

電話:033-079-777

営業時間:11:00-23:00

URL:http://www.terminal21.co.th/pattaya/

LINEで送る
Pocket

海外展開にご興味ある方は
なんでもお気軽にご連絡ください。
> 24時間受付OK> 24時間受付OK

メインメニュー

教えてASEANコラム

お問い合わせ

お電話でのお問い合わせ
WEBでのお問い合わせ

フォローはこちら

人気記事ランキング

新着記事

国別で記事を探す

おすすめキーワードで記事を探す

ライター紹介

G-FACTORYグループは、ASEAN進出を目指す飲食店オーナー、
外国籍人材の採用を検討している飲食店様を全面サポートいたします。